スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サレオツ母娘のハラコ靴

2013.05.31.Fri.21:51
$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


昨年末Soup of he(r)artさんで開催したクリスマスフェアにお越しくださった、とっても仲良しなTさん母娘。
上品でスレンダーなお母さま・Yさんは、綺麗系コンサバキラキラ
大きな瞳がキュートなお嬢さま・Sさんは、ガーリーテイストラブラブ
路線は違えど、お二人ともすっごくお洒落に敏感な女性たちです。
とはいえお洒落さんゆえのお悩みも多く、とくに靴選びではこれまでご苦労が絶えなかったとのこと。
フィッティングの際には、これまでに経験された残念エピソードの数々を伺いました。
ファッションと履き心地の両立——これは、お客さまだけでなく私共フィッターにとっても、永遠のテーマなのです。

そして、梅雨入りにもかかわらずからりと晴れた晴れ本日、母娘お揃いで再フィッティングにお越しいただきました。
陽射しを受けて輝くビジュー付きのフラットパンプスをお召しになっていたYさんに、「綺麗ですね」と声をかけると、またしてもこんな残念なご感想が。
「ヒールが低いから大丈夫かと思ったんですけど、痛いし歩きにくいし、実は大変なんです」
「靴って本当に大切。靴が合わないと、本当に歩くのが嫌になっちゃいますね」
たしかに、華奢な骨格のYさんの足にはどうみてもブカブカで、そのためか足も前回拝見した時より浮腫んでしまっているご様子。
お洒落って、ホント大変だなあ…DASH!

そんな前フリからの、ドキドキ再フィッティングタイム。
Sさんのオーダーは、黒×茶レース柄のハラコを用いた、まさに大人の女性にぴったりの外履き用カルメン(紐靴タイプ)。
さっそく新しい靴に足入れしたYさんの第一声は、「わ、どこも痛くない! びっくり!」。
オーダー時期が冬のさなかだったため、やや季節外れ感が否めないハラコですが、意外にも本日お召しになっているカットワークレースの白いブラウス+黒いタイトスカートに違和感なく溶け込んでいます。
「足にぴったりで、すごーく気持ちいいですね。脱ぎたくなくなっちゃいました。今日は、このまま履いて帰ります」とおっしゃり、履いてこられたパンプスを新しい靴箱に納めてしまいました。
フィッターとしては、心の中でガッツポーズグッド!な瞬間です。

次は、Sさんの別嬪レオパード・チャピン(内羽根靴タイプ)。
靴箱を開けた瞬間、お二人揃って「可愛~いドキドキ」「素敵ねえビックリマーク」と靴をナデナデ。
パイピングの赤い差し色が、Sさんの甘い持ち味にスパイスを添え、デニムスタイルにもシンプルなコーディネートにも活躍してくれそうです。
何がご自身に似合うかを熟知した上で、冒険的要素も楽しむというのが、お洒落の極意。
そんなカッコ可愛い一足に仕上がりました。

さらにSさんは、以前フィッティングの際にアドバイスさせていただいた歩き方について、「道で歩いている人を見ていたら、膝が曲がりっ放しで歩いてるとやっぱり格好悪いなって思っちゃいました」「綺麗に歩くコツを、もう一度教えてください」と熱心なご質問。
やっぱりお洒落な人は、身につけるものだけでなく、立ち居振る舞いにも敏感なんですね。

最後は、母娘揃っての記念撮影カメラ
やっぱり、仲良しってステキだなー音譜

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

MUJIの実力

2013.05.28.Tue.21:41
先日購入したMUJIの棚が、配送されてきました。
今回は時間がないため配送時組立サービスを利用したのですが、これがまあ驚くほどの手際の良さ目
工具の使い方にしろ、作業手順に則った部品類の配置にしろ、流儀が完成されていて動線に無駄がありません。
素人が下手に手伝おうとするとかえって邪魔になるので傍で眺めていましたが、プロのてきぱきとした仕事ぶりにわくわくしました。
結局、荷降ろし、搬入、開梱、組立、梱包材の回収、撤収…という一連の作業が、正味一時間に収まってしまいました。
お見事ビックリマーク


$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


そうして完成したのが、下の棚です。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


まるで作り付けの棚みたいでしょ?
できるだけデッドスペースが生まれないよう部屋を測量し、各社から販売されている既成品のサイズをとことん見比べて選びました。
ほら、ちゃんと窓も開くのだー音譜

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


内心「ギリギリでサイズアウトだったらどうしよう」と最後まで不安だったのですが、無事収まってくれてほっとしました合格

来月配送されてくるIKEAの棚は、すべて自力で組み立てる予定です。
今日拝見したプロ技を思い出しつつ、サクサクがんばろうと思います。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

IKEAへGO!

2013.05.27.Mon.12:19
$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


ようやく今月初の休日がとれた昨日の午後、新店舗用の什器を選びに出かけました。
今回もまた荷物持ち要員として駆り出されたパートナーと新横浜駅で落ち合い、無料送迎バスに乗り込んで、目指すはIKEA港北店ビックリマーク
現在のフィッティングルームをオープンする際にも、大変お世話になったIKEAの家具たち。
「安い!」と思うとあれもこれも欲しくなってしまいそうなので、今回はあらかじめHP上でショッピングリストを作成し、プリントアウトしたものを持参。
選択の袋小路に迷い込まないよう、万端の準備を整えて臨みました。

ところが、ショールームフロアを見て回るうちに、HPにまだ掲載されていない新商品を見つけたり、思わぬ掘り出し物に遭遇したり、当初購入を考えていた商品が実際に見てみるといまひとつピンとこなかったり…で、結局ショールームを三周走る人走る人走る人
日曜日の昼下がりとあって家族連れも多く、人熱れでむんむん状態の店内を縫うように歩き回っていたら、次第に汗が吹き出してきました。
買物というより、サバイバルウォーキングだな、これはあせる

ようやく決めた商品を、倉庫でピックアップ。
ウォーキングの後は、重量上げが待っていました。
今回は棚を3つ、デスクを1つ、ハンガーラックを2つ、ディスプレー什器を1つ、そして細々としたものもカートに満載。
お会計と発送手配を終え表に出ると、外はとっぷりと暮れて夜でした。
その後行きつけの居酒屋に立ち寄り、カラカラに乾いた喉を潤しました。
運動(?)の後のお酒って、どうしてこんなに美味しいのでしょう。
ふふふ…

今日のお買い物は新店舗に配送してもらうため、次のお休みまで受け取ることができません。
次のお休みは、再び什器の組み立てレンチに追われることになりそう。
仕事の後の一杯を目指して、またがんばろっと晴れ

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

artesano

2013.05.25.Sat.21:26
$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


けさ宅配便で届いた、新店舗用のスペインタイル表札ドキドキドキドキドキドキ
ひと月ほど前にタイル工房コルメーナさんにオーダーしていたものです。

実は、セノビージャ・ハポンができる前、スペインにいる同僚(では当時はまだなかったけど)から伝えられていた希望のひとつに「店の看板をスペインタイルで作ること」がありました。
とはいえ予算も限られており、じゃあタイル制作の体験教室で手作りしようと思い立ち、ご連絡をとらせていただいたのがコルメーナさんとの最初のご縁でした。
ところがその直後に3.11の大震災があり、初期の混乱が一段落すると今度はフィッティングルームが大忙しに。
体験教室の予約を再三キャンセル・延期する羽目になり、あまりにも先方にご迷惑をおかけしてしまうため、泣く泣く断念したという経緯がありました。

新店舗オープン準備に際し、最初に頭に浮かんだのは、この積年の宿題を果たすことでした。
とはいえ当時よりさらに多忙になってしまった今では、むろん体験教室での自作は諦めざるを得ません。
そこで今回、再びコルメーナさんにご連絡をとり、オーダー表札を作っていただくことにしたのです。
予算の関係上一番小さいサイズを選びましたので、細かい図案の場合はより高度なテクニックが求められます。
ロゴの画像をメールで送り、先方から色選びなどのアドバイスをいただき、…といったやり取りを何度か繰り返し、どんな風にでき上がってくるのかなーとドキドキしながら待ちました。

そうしてでき上がってきたのが、上のプレートです。
人の手で丹念に作り出される作品だけがもつ、なんともいえないあたたかさ、やさしさ、やわらかさ。
大量生産のマシンメイド商品では、決して味わえない魅力があります。
とはいえ、素人の手作りにありがちな、技術不足を味わいでカバーといった甘えがまったくないのがプロの業。
ロゴ中の細かい文字「artesano」まで、忠実にかつ美しく再現されています。
やっぱりお任せしてよかったな、と心から思いました。

セノビージャの靴も、まさに「artesano=手作り」を信条としています。
本物の素晴らしさをお伝えするショップには、たとえサイズは小さくても、こんな手作りのプレートが似つかわしいんじゃないかな…と思っています。
コルメーナの井上さん、どうもありがとうございました。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

ぼちぼち…

2013.05.23.Thu.17:31
$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


開梱して組み立てるのがどえらく大変だった試着室です(残骸が鏡に映ってます…汗)。
力仕事はそこそこ自信があった私ですが、今回はかなり手こずりました。
ミラーのついた扉だけでもびっくりするほどの重さで、倒れないように支えているのが精一杯。
倒したらミラーが割れてしまうので、ヒヤヒヤしました。
箱をコの字型に組み立て扉を箱に取り付ける作業は、やはり一人では難しく、今回ばかりはパートナーを助っ人として呼ぶことに。
こういう時は、男性のパーがあるとやはり助かるなあ…

というわけで、少~しずつですが、店舗の準備も進んでいます。
ちょっぴり気長にお待ちいただけると嬉しいですドキドキ

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。