スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり七草粥

2013.01.07.Mon.20:26



年末年始、忘年会や新年会に参加できなかったせいか、新年を迎えた実感がいまいちわきません。
ちょっと気分を出そうと思い、なんちゃって七草粥を作ってみました。
塩だけのシンプルな味つけで、爽やかな風味を楽しみました。

個人的なことながら、年末年始はかなり淋しく過ごしました。
大晦日まで仕事だったため周囲とスケジュールがまったく合わず、忘年会にも一度も参加できず。
パートナーはこの時期多忙なので、例年年越しは電話で新年を祝うのみ。
家族とも、父方の祖母の葬儀をのぞいて、20年以上全員が集まったことはありません。
なので、年始は友人たちと過ごすのが常だったのですが、学生時代からの悪友四人組のうち私をのぞく三人が、さまざまな理由から、この一年半の間に東京を離れてしまいました(しかもなぜか全員九州に集結)。
三人が独身、三人に子どもがいないせいか、普通なら家族と一緒に過ごすだろう時期に、遠慮なく声をかけ往き来しあえる気の置けない友人たちだったのですが。
最後の一人が大分に越したのは、昨年末。
こちらはクリスマスフェアなど繁忙期を迎えており、送別会もできませんでした。
最近でこそ顔を合わせる機会はめっきり減っていましたが、いつでも会おうと思えば会えるという安心感と、ときどきの長電話が、忙しい日常の中で大きな支えになっていたことを改めて思い知らされました。

こういう淋しさは、結婚して家族を持つという選択をしなかった者につきものの感情かもしれません。
パートナーと4歳離れている私の場合、二人とも平均寿命まで生き延びられたと仮定すると、おそらく人生の最後期に最低10年くらいは彼のいない人生が待っているわけです(いや、血圧が高めの彼のことだから、もうちょっと長く見積もった方がいいかも?)。
淋しいといえばもちろん淋しいのですが、そういう人生を選び取ったのはほかならぬ自分自身ですから、その淋しさも含めて受け取るしかないでしょう。
そう考えると、今年のお正月に感じたのは、「独居老人」となるべく運命づけられている自分自身の未来のイメージなのかもしれません。
それはただ淋しいだけでなく、静けさと甘やかな気だるさに満ちていて、正直嫌いじゃないかも…と思いました。

極寒の時期に「春の七草」から爽やかな元気をもらう智恵。
昔から人はこんな形で春の予感を膨らませながら、厳しい冬を乗り切ってきたのでしょう。
数十年後に、ひとり七草粥に手を合わせる自分自身の姿を想いながら…
いただきまーす

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

あけましておめでとうございます

2013.01.02.Wed.03:27
あけましておめでとうございます。
2013年が、みなさまにとって幸せに満ちた一年となりますよう念じ上げます。

..................................................................................................

年越しは、都内某所(笑)でこんな美酒(ヘレス)を飲みながら…



ひときわ別嬪なお嬢と挨拶を交わしつつ…


とびきり素敵な音楽に囲まれて迎えました^^



..................................................................................................

一夜明けて元日はお散歩日和の晴天
日が高いうちに、神楽坂界隈を散策しました。



毘沙門天にお詣りする人々の行列、そしてタイ焼き屋さんの前の行列(笑)が賑やか。
その後、年末年始も無休(!)の森美術館へ。
元旦なら空いているかと思いきや、こちらもそれなりに人出があって、ちょっと意外な感じ。
それでも、いつもなら時間に追われてなかなかじっくり鑑賞できないヴィデオ・インスタレーションなども観ることができ、ゆったりとした人混みと時間の流れに身を委ねる心地よさを味わいました。

帰宅後は、年末の誓い(?)を実行に移すべく、フロアをワックス掛け。
個人的に、フロア用ワックス「AURO」の香りがとっても好き
なぜかアートな気分になるのは、含有成分の蜜蝋が鑞テンペラの香りを連想させるからでしょうか。
この香りだけでお酒が飲めます^^



新年早々、酒に始まり酒に暮れる一日。
ふふふ、シアワセ
こんな飲んだくれの私ですが、本年もよろしくお願い申し上げまーす。

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

ギフト

2012.12.26.Wed.00:13
クリスマスフェアが終わり、今日は終日残務整理に追われました。
弊社の月締日とも重なり、銀行に行けば長蛇の列、道路は渋滞、メールの受信箱はパンク寸前…。
世間はクリスマスなのに、昨日までと同じくカロリーメイトをかじりながら駆け回っている私。

そんななか、今日は心温まる「ギフト」との出逢いがありました。
ひとつめはこちら。



今日、フェアの残務整理のためにsoup of he(r)artさんを訪ねた際、ディレクターのTさん+スタッフの皆さんから、ステキなプレートをいただきました。
ショップでもお取り扱いのある、D-dueというスペインのブランドのものです。
手描きのイラストとぽってりとした肌合いが可愛らしく、三色あるうちから「お好きな色を」と訊ねられ、迷わずブルーを選びました。




soup さんのブログによると、ブルーは食欲減退色のため飾り皿に良いそうなのですが、ちょっと減退してもらわなくちゃヤバいくらいの食欲の持ち主ですから、もちろんお料理を盛らせていただくつもりです
Tさん、Nさん、Sさん、どうもありがとうございました

ふたつめはこちら。
以前もブログでご紹介した、お風呂で落書きができ、簡単に落とせる不思議なクレヨンです。
残念ながらスポンジのついたセットは好評で売り切れてしまったそうですが(近日再入荷予定)、友人の娘にあげようと買い求めました。
ラッピングする前に、記念撮影しとこっと




みっつめは、詳しいご紹介は差し控えますが、今日とてもステキなお電話をいただきました。
あるお客さまの「彼氏サン」からです。
彼女にフラメンコシューズをプレゼントしたいとのご希望で、明日革選びのためにご来店されることになりました。
サプライズギフトになるんだろうなあ…
すごーく愛されてるんだなあ…
こちらまであったかーい気持ちにしてくれる、とびきりステキなギフトですね。

最後は…自分から自分へのギフト。
仕事の合間に、表参道ヒルズ内のはせがわ酒店さんに駆け込んで購入しました。
大晦日までノンストップで走り続けるには、栄養ドリンクが必要なのです。
うふふ…


やらかした翌日

2012.11.17.Sat.20:01
昨日マメな人になろうと誓ったばかりなのに、本日はモロモロ失敗続きしょぼん
何もしなければ(=大臀筋を収縮させなければ)痛みはもうほとんどないので、体調のせいにはできません。
思えば、昔から気合いを入れると裏目に出ていたような…
ふと、昨年やっちまった失敗のブログ報告に目を通すと、やっぱりビックリマーク
過ちは、週末に起こっていたのでした。

フィッティングルームは週末に混み合うことが多いため、土日休みの方にとっての週明けが、私にとっては金、土曜日あたりに相当します。
なので、どんなに脱力系の私でもやはり若干力が入りますし、時間を捻出するために生活上のあれこれを端折ってしまう(=判りやすく言うと、手抜きってコトですけど)ことも少なくありません。
忙しいときほど深呼吸してゆったりしましょう…とか、人に言ってる場合じゃないな汗

というわけで、今日はこれから一息入れるため、飲みにいきまーすお酒
ん? この展開、どこかで見た覚えが…
ふと、昨年のブログにもう一度目をやると…あー、やっぱりwビックリマーク
昨年も「事件」当夜に、這いつくばるようにして飲みに出掛けてた私。
ちっとも成長してないじゃんwガーン

というわけで、明日からまったりとマメな人になることを目指します。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

またやらかしました 

2012.11.16.Fri.21:30
健康に関わる仕事をしている人間にとって、「紺屋の白袴」のような故障や怪我はできるだけ避けたいもの。
と言いつつ、昨年秋にも一度「やらかした」経験をしている私なので、過ちを繰り返さないように一応は気をつけていたつもりでした。
間もなく2012年も終わり。
このまま無事平穏に過ぎていきそうだなーと思っていた矢先だったのですが…

 が がw

昨日またしても、やらかしてしまいました。
今回は、靴箱5つを抱えて階段を降りた際足を滑らせ、玄関のタタキに転落。
大理石の床に尾骶骨を強打し、いまもふとした拍子にお尻が痛みます。

拙宅は玄関脇に階段があり、その中ほどに紙資源ゴミ用の袋が置いてあります。
ほとんどの新聞広告やDMなどがポストからこの紙袋へ直行するのですが、セロファンの窓付き封筒DMなどはその都度分別しなくてはなりません。
メンドクサイので後にしようと袋の傍に封筒を放置し、これがトラップになりました。
靴箱で視界が遮られていたため足許に目が届かず、まんまと封筒を踏み、そのまま落下…
返す返すも悔しいのは、封筒をさっさと片付けなかった自分自身の怠慢です。

幸い、
骨折や捻挫など明らかに判る大きなダメージはありませんでした。
落ちる瞬間に「あ、落ちる」とわかったので、とにかく思いっきり脱力したのが良かったのかもしれません。
夜お風呂場で確認したところ、大臀筋の一部、大座骨切痕周辺、座骨結節周辺などに圧痛がありました。
このあたりは座骨神経の通り道でもあるので、慎重に経過を見守らなくてはなりませんが、とりあえず今日のフットケア+体幹トレーニングも無事クリアし、ほっとしました。

転んでもタダでは起きない(というか、よく転ぶのでそこで学ばないと救いがない)が信条の私ではございますが、生活改善や体質改善よりも何よりも「性格改善」が一番難しい…。
この痛みが残っている間に、ちょっぴりマメな人を目指さなきゃ、ですね

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら




« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。