スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如月の憂鬱

2012.03.01.Thu.14:08
お久しぶりのブログです。
今回は、ブログ不更新という不名誉記録を大幅更新してしまいました。
長ーいインターバルの理由(言い訳?)はいくつかあるのですが、最大級の原因は「決算」。
そう、2月は弊社初の決算月なのでありました。

セノビージャは、スペイン法人も日本法人も基本的に小所帯なので、一人が複数の業務を兼務しています。
私も、フィッティング、販売、修理調整、フットケア、広告制作、輸入事務、その他の業務をおこなっていますが、そのなかでも苦手中の苦手種目が「会計業務」。
これはもう天性の才能欠如というほかなく、電卓を三回叩いたら三回とも違う答えが出てきて、どわああ…ということもしばしばです。
前職はデザイナーだったので、小売業のような「棚卸し」の必要もなく、仕入も売上も単純明快でした。
年一回の確定申告も、青色申告会の方のサポートを受けながら「一夜漬け」で乗り切ってきました。
このやり方で一生逃げ切れると思っていたのですが、甘かった…。
今回は、私個人の確定申告と会社の決算とスペイン在住社員の税務申告がスクラムを組んで正面からぶつかってくる感じで、いつもの一点突破主義(?)はまったく通用しなかったのです。

釘の一本一本まで数えるの? ムリムリビックリマーク と会計士の方に泣きつき、「開封していない箱だけでいいです」と言われた時は、釘箱すべてを片っ端から開封したくなりました。
預金残高証明書を発行してもらう際には、電話一本で申請できるのかと思いきや銀行窓口まで出向かなければならず、しかもその場では受け取れず後日再来店が必要と言われ、受取日には仕事が長引き、慌てて駆けつけたものの目の前で銀行のシャッターが降りていく…という悪夢も体験。
いやはや、決算ってホント体力勝負なんですね、はああ…

とはいえ2月中に何とか必要書類を揃えて会計士の方にお渡しし、とりあえず山場を超えました。
書類に不備等があれば(ま、あるでしょう、私のことですから…汗)今後も随時対応しなくてはなりませんが、頭上に乗っかっていた重しがとれたような解放感晴れは、昨日までとはまったく違います。
そんなワケで、ようやくブログにも戻ってくることができました。
気がつけば世間はバレンタインデー(この日はセノビージャ・ハポンの創業日でもあるのですが)も過ぎ、ほとんど浦島太郎みたいな気分で3月を迎えています。

改めて振り返ってみると、この歳になって初めての仕事が体験ができるなんて、ありがたいことなのかもしれません。
今年の教訓を生かせば、おそらく来年はもうちょっと要領よく切り抜けられるのではないかと思います。

…と言いつつ、来年の今頃も同じような内容のブログを書いている予感がするなあ。
来年の2月のことを考えると、やっぱりちょっと憂鬱になってしまう私なのでした。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。