スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッティングとはなにか?

2011.06.05.Sun.12:38
フィッティングというと、一般的には「試し履き」のイメージが強いのではないでしょうか。
試し履きは、フィッティングにおける一つのステップではありますが、すべてではありません。
フィッティングでもっとも大切なポイントは、靴を選ぶ方が、ご自身の足や身体ときちんと「対話」をすること。この対話をサポートするのが、フィッターの役割といえます。

セノビージャ・ハポンのフィッティングは、以下のような流れで行っています。

①ヒアリング
日頃から気になっていることやお悩みなどについて、お客さまからお話を伺います。

②フットプリントチェック
フットプリントをとり、足底圧を計測します。足や身体のコンディション、身体の軸や癖、気をつけなければならないウィークポイントなどを知ることができます。

③採寸
専門的な器具を用いて、足の精確な採寸をします。採寸箇所は、ケースバイケースで異なりますが、通常数カ所。深刻なトラブルのある方に関しては、20カ所以上に及ぶ場合もあります。

④カウンセリング
①~③の結果をお客さまと共有し、靴を選ぶ際のヒントにしていただきます。

⑤靴の履き方チェック
どんなにいい靴でも、履き方が悪ければ百害あって一利なし。多くの方が、関節に負荷をかけ、足裏アーチをつぶして捩じ込むような履き方をされているようです。靴を履く際の姿勢も、ポイントになります。

⑥試し履き
①~⑤の結果をもとに、複数の靴を試し履きしていただきます。

⑦調整ポイントの確認
お客さまの多くは、大なり小なりトラブルやお悩みをお持ちです。靴に調整を施すかどうか、施すならどの程度にするか、などを話し合い、実際に靴の中にパッドを入れるなどして確認していただきます。

⑧シェアリング
ここまでの段階で、トラブルやお悩みの原因が判明することもよくありますので、原因別に、今後どのような点に気をつけていけばよいか、改善のために何が可能か、などを話し合います。

これまでの例では、以下のようなシェアリングを行いました。
・トラブルを招く姿勢や生活習慣などを洗い出し、改善点を確認。
・毎日行っていただきたいケアやトレーニング方法をアドバイス。
・外履きの靴や室内履きなど、他の靴を選ぶ際の注意点をアドバイス。
・アーチサポートテーピング(詳しい説明はまた別の機会に)のお勧め。
                             etc.

セノビージャ・ハポン公式サイトでもご紹介していますが、フラメンコは、ウォーキングよりずっと強度の大きい運動です。
できるだけ身体に余計な負担をかけないこと、
トラブルを未然に防ぎ、今あるトラブル悪化させないこと、
鍛えるべきところは鍛え、護るべきところは護ること、…
これらは、フラメンコを長く続けていただくため、舞踊寿命を延ばすためには、決してはずせないポイントでしょう(かくいう私自身も、一生涯踊り続ける、という野望を胸に秘めています宝石赤)。
靴選びやフットケア等を通してその一助となれたら、フィッターとして、またフラメンコを愛する一人として、こんなに嬉しいことはありません。

10年後、30年後、半世紀後…できれば踊り続けていていただきたいですし、もしフラメンコを辞めてしまったとしても、元気ではつらつと歩いていていただきたいな、…そんな気持ちをこめて、毎日お客さまの足と向き合っています。

foto : フットプリントをとっているところです。最近では、専門店や百貨店・スポーツジムなどにも置いてあることが多く、ご体験のある方もいらっしゃるのではないかと思います。
フットプリントをチェックすると、現在のトラブルだけでなく、将来的なトラブルの種などが見つかる場合もしばしばあります。セノビージャ・ハポンでは、ただプリントをとるだけでなく、その結果をお客さまと共有する作業を大切にしています。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。