スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・体幹ー足裏間トンネル開通

2012.02.08.Wed.02:54
弊社のフットケアは、通常のエステサロンやフットケアサロンとはやや趣が異なり、もっとも力を入れているのがアーチ補正テーピングと体幹トレーニングによる姿勢やフォームの修正です。
ときには裏メニュー(?)でリフレクソロジーや角質ケアなどをおこなうこともありますが、これらはカウンセリングの結果、浮腫みがひどかったりウオノメが痛かったりして、正しい姿勢や動作に支障を来す場合に限らせていただいています。
(つまり、スタッフ一名でフィッティングからフットケア、調整修理、その他の業務をおこなっているため、他店でも提供しているサービスは、恐縮ながらご遠慮させていただいているのです。スミマセン!)

フットケアについては、これまでもたびたびブログでご紹介してきましたが、そもそもなぜ「アーチ補正テーピングと体幹トレーニング」なのでしょう。
体幹筋群をしっかり使って、正しい姿勢をキープしたり、ムリのない動作を心がけることは、フラメンコを踊ると否とにかかわらず、とても大切。
しかし、実は体幹と手足などの身体の末梢部は密接な関係があり、体幹だけを意識して長年の癖を改善するのは容易なことではありません。
とくに、体重を支え、歩行や走行、ジャンプ、回転などのたびに大きな負荷のかかる足が、足裏のアーチを使ってしっかりと地面を捉えられないと、体幹と末梢部の連携が妨げられ、その間にある関節(股関節、膝関節、距腿・距骨下関節、ショパール関節、リスフラン関節、MP関節)に無用な負荷をかけることになります。

フットプリントをとると、しばしば荷重の偏りや不安定さが写し出されます。
しかし、これらはトラブルの「結果」であることも多く、その場合「原因」はより体幹に近い部分に見出されます。
このことを、私は会社組織の例を使ってお客さまにご説明しています。
体幹という「社長」がサボると股関節の「部長」にしわ寄せが行く、「部長」もサボると膝関節の「課長」に、「課長」もサボると足首の「係長」に、「係長」もサボると…という具合です。
外反母趾、ハンマートウ、巻き爪など、大きなトラブルに見舞われやすい前足部は、言わば「平社員」。
本来予定していなかった重労働を押しつけられてオーバーフローしてしまった「平社員」は悲鳴を上げているのですが、その声はなかなかトップまで届きにくく、その結果負の連鎖がトラブルを呼び込んでしまうのです。
もちろん「社長」以下、然るべきポジションで然るべき業務が整然と行われていれば、このような不幸な事態にはなりません。
しかし、身体の各部分すべてに神経を行き渡らせ、正しく身体を使いこなすことは、癖が強ければ強いほど難しくなります。
「アーチ補正テーピングと体幹トレーニング」は、したがって、身体の中心部(社長)と末梢部(平社員)の両端から、エネルギーとコミュニケーションの回路を開通させる試みとなります。
これは、「社長」と「平社員」が健全性を保てれば、その間にある各ポジションからも不要な力みがなくなり、軸全体の歪みが補正されていく、という発想に基づいています。

定期的にフットケアに通って来られるお客さまは、個人差はありますが、およそ3ヶ月目あたりから効果が目に見えて現れ始めます。
今日は、そんななかからお一人の声をご紹介します。

昨秋からテーピング施術を開始し、現在は並行してセルフテーピングレッスンを受講中のMさん。
接骨院で右足が内転(*註)しているとの指摘を受け、左足は母趾球(第一趾=親ゆびの付け根)に外反母趾初期疼痛があり、腰痛や肩こりも…という状態でのスタートでした。
チャーミングな笑顔の絶えないステキ女子なのですが、身体にも足先にも独特のこわばりが見られました(こういう方は、たいてい根がマジメで「きちんとしなきゃ!」という意識が強い方が多いのです o(T^T)o)。
その反面、気を抜くと体幹から力が抜けてしまい、腰と胸を反り下腹部を突き出すような癖をお持ちでした。
はじめて施術をおこなった時は、硬縮した足の筋肉がテープに抵抗するような印象があり、関節の力みが身体の自由な動きをセーブしてしまっていたため、体幹を使って動くというイメージがつかみづらかったようですが、回を重ねるごとに足は柔らかさを取り戻し、姿勢の癖もとれてきました。
最近では、テープを貼ると回外した足が素直にまっすぐを向くようになってきています。
ご自身も「フラメンコってもっと辛くなきゃダメなんだと思ってました。身体がすごく楽になって、この楽さにまだ慣れていない感じ(笑)」と、なかなか味わい深い感想を述べてくださっています。

そんなMさんから、昨夜体幹トレーニング終了後、こんな質問を受けました。
「この前自主練で、いつも注意されるお尻と太腿の後ろを意識してサパテアードをしていたら、軸足の骨盤がしっかりと立って、反対の足がものすごく打ちやすかったんですけど…これって合ってますか?」
もちろんビックリマーク これこそ、足と体幹を結ぶ回路が開通した瞬間です。
軸足にまっすぐ安定して100%身体を預けることができれば、当然ながら反対の脚足は完全にフリーになります。
このため、サパテアードのときにふらついたり身体が上下したり反対足の動きに振り回されることもなく、楽に打てるようになるのです。

両方から掘り進めてきたトンネルが開通したんだね、オメデトウ晴れ

もちろん、フットケアに通うだけで姿勢の癖がとれたり、足の状態が劇的に改善するわけではありません。
Mさんは、ご自宅でもフラメンコの練習中も、以前の姿勢に戻ってしまうたびに「イケナイイケナイ…」と根気よく姿勢の改善に努めてこられました。
やはり、根がマジメな方なんですね足あと

正直に告白すると、私の体幹の「社長」も逃亡癖があり、あれ?どこ行った? ということはままあります。
とくに寝不足だったり疲れている時は、体幹から力が抜けやすいもの。
そんなときは、「イケナイイケナイ…」と社長を連れ戻し、ちゃんと仕事をしてもらわなくてはなりません。

みなさんの「社長」は、働き者でしょうか?
もし不当に長いバカンスをとるような「社長」なら、まずはその自覚が入口です。
そして「イケナイイケナイ…」と連れ戻す習慣をつけることが、改善への第一歩になるのです。
がんばれ、社長!!

*註 : 接骨院では足が内転(足首から先が内側=親ゆび側に向くこと)していると指摘を受けたそうですが、私が拝見した限りでは、それ以上に股関節の内転、内反膝(いわゆるO脚)、前足部の回外(足を投げ出すと足裏同士が向かい合い、立つと小ゆび側に重心が偏る傾向)が顕著でした。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。