スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タオルギャザー

2012.01.24.Tue.00:50
「ウチの彼、足趾(ゆび)の力がめちゃくちゃ強くって、私が寝てるときなんか、脚を足趾でつねって起こそうとするんです」。
昨年から継続的にフットケアに通っていただいているお客さまが、テーピング中にこんな話をされました。
個人的な好みからいえば、足趾でつねられるよりは優しいキスドキドキで目覚めたいところですが、いやいや、フットケア施術中の私のツボは、別のところにあるのでございます。
「え、Mさん(←お客さま)は足趾でつねったり、モノを挟んだりできないの?」
「えー、絶対ムリw。足趾に力が入らないし汗
「ふっふっふ、じゃあ今日は特別メニューをご用意しましょう」

というわけで、本日はアーチテーピングのあと「タオルギャザー」にチャレンジしていただきました。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


「タオルギャザー」とは、その名の通り、床に敷いたバスタオルを足趾で手繰り寄せる(いや、「足繰り寄せる」か…)トレーニング。
方法は、以下の通りです。

1まず、座位のニュートラルポジションで椅子に腰掛け、膝関節、距腿関節(=足首)がほぼ90度になるよう姿勢をととのえます。
腹部には軽く力が入りますが、背中や胸は反らさないようにしてください。
2バスタオルを床に敷き、足趾を使って、一番手前から順番に手繰り寄せていきます。
3さらに鍛えたい方は、バスタオルの上に本などを置き、負荷をかけてもよいでしょう。

椅子とタオルさえあれば、ご家庭でも手軽にトライできますね。
座ったまま行うため下肢の関節に負荷がかからず、捻挫など下肢障害のリハビリにもよく用いられる方法です(*註)。

一見簡単そうですが、Mさん、意外に苦戦中。
実はこの運動、足趾だけでなく足裏全体でしっかりバスタオルをつかんでいないと、せっかく手繰り寄せたタオルが戻ってしまうのです。
さらに、左右の足の協調性を必要とするため、下腿、大腿部、骨盤周囲の筋群の連動が求められるのです。

Mさんは徐々にコツをつかみ、何とかゴールまで辿り着きました。
おめでとうビックリマーク

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


アーチテーピングを行うと、足が立体構造を取り戻し、関節の角度や可動域が正常に近づくため、足の残存機能が向上します。
このため、テーピングした足でトレーニングを行うと、足部内在筋群や足部周囲筋郡の連動をより強く意識することができるのです。
これで今日からMさんも、彼の脚をつねり返すことができますね。
↑でも、これって良いコトなのかな…はてなマーク

*註 : かつては、この方法で扁平足や外反母趾が改善すると喧伝された時期もありました。しかし私が見聞した限りにおいては、タオルギャザーを短期間行っただけでは、アーチが高くなるなどの形態的変化は認められないようです。ただ、このトレーニングにより、足部に分布する固有受容器(=メカノレセプター : 説明は難しいのですが、ここでは身体深部にある感覚センサーと考えてください)が賦活され、足趾把握力や静的・動的バランス能力の向上が認められたとする臨床結果は、相当数報告されています。従って間接的には、アーチの沈下等の身体機能の低下に対し、一定の効果が期待できると考えてよいのではないかと考えています。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。