スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々是反省の記

2011.12.27.Tue.22:08
左手薬指の腱鞘炎発症から、はや5日。
ご予約のキャンセルなど、お客さまには多大なご迷惑をおかけし、まことに申し訳ございませんでした。
また、多くの方からお見舞いやお励ましのメール・メッセージをお寄せいただき、本当にありがとうございました。

この間、フィッティング・調整・修理は手をかばいながら続けてきましたが、フットケア施術はお休みをいただき、また主要な原因と思われるキーボード作業を極力制限しつつ過ごしてまいりました。
おかげさまで、まだ腫れと鈍痛は残るものの、当初のような激しい痛みはかなり後退しています。
酷使を続けるとぶり返すため、医師から一ヶ月は安静にとのお達し。
しばらく「省エネ運転モード」が続きそうですが、とりあえず大過なく過ごしております。

それにしても…
左手薬指の腱鞘炎という診断を受けた時は、より悪い状況も想定していたので、正直なところほっとしたのですが、いやいや、そんな甘いモンじゃないゾ!と反省しきりです。
当初は、中指や人差し指を動かしても痛いという状態でしたので、左手がほぼ使えませんでした。
鎮痛消炎剤(内用薬+パップ剤)のおかげでソロソロと動かせるようになった後も、薬指・小指には痛みが残り、力が入らないのでマトモに物が持てませんでした。
ソノ道の方々が落とし前をつけるとき「小指を詰める」のは、ドスが持てなくなるようにするという意味があるのだと、とある整形外科医から聞いたことがあります。
実際に体験してみると、なるほどその通りでした。
包丁は右手で持てますが、切るものを左手で押さえることができません。
うっかりドアノブに左手をかけ、「痛っ!」という場面もしばしば。
運悪く年末の締日と重なり、大混雑の銀行に出向かなければならなかったのですが、ATM操作でもたついたり、人ごみのなかで左手にぶつかる人がいないかヒヤヒヤしたり。
左手をかばうあまり、酷使している右手にも影響が出始め、両手をかばうと何をやるにも通常の何倍もの時間がかかります(とくにブラジャーのホックをとめるのは、四苦八苦でしたあせる)。
利き手の右じゃなくてヨカッタ、親指側じゃなくてヨカッタ、などと一瞬思ってしまった自分に、左手の薬指と小指から逆襲された気分です。

実は、それらしき兆候は先月末あたりから感じていたものの、またしても忙しさに取り紛れ休養をおろそかにしていました。
加えて、やはり仕事に追われ、フラメンコの練習時間が激減。
もともと極度の冷え性(低体温症)で、長時間しっかりと睡眠をとった翌朝など体温が33℃台ということもある私なのですが、身体を動かすことで日中は辛うじて人並みの体温レベルを維持していたようなのです。
そこに、今月はじめからの急激な冷え込みが、追い討ちをかけました。

思えば、足は座っていれば休めますが、手は起きているあいだ中、何かしら使っています。
靴修理などの力仕事では、日頃から警戒して局部的に負荷がかからない所作を心がけているのですが、盲点だったのがメール返信などのキーボード作業でした。
弊社の場合、お客さまとの主要な連絡手段がメールなので、一日中仕事の合間にメールチェック、返信…を繰り返すことになります。
モニタを置く場所が悪かったり、不慣れな入力ソフトを使っていたり、…改善すべき点は多々あったのですが、これまたそのうち時間ができたら…と先延ばし。
長年グラフィックデザイナーをしてきたので、まさかパソコン操作が原因とは思いも及びませんでしたが…何事も過信は禁物だと痛感しました。

というわけで、先週末は恐る恐るフラメンコスタジオに出かけ、ぶったるんだ身体を動かしてきました。
やっぱり、血流がよくなって、ちょっと調子がいいみたいアップ
さらに調子に乗って、本日はブログ更新にもチャレンジしてみました。
何だかいけそうな気がするゾアップ

…ていうか、こういうお調子者の性格が、一番カラダに悪いんだなダウン
あああー、いかんいかん…反省ビックリマーク
スポンサーサイト
コメント
1 ■キーボード作業が原因
と分かっていなから、こんなに長くブログ記事書いちゃいかん~っ! 
…と突っ込んでみる(笑)。
2 ■ハイ…
絶賛反省中でございます(>_<)…と返してみる(涙)。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。