スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒濤の10日間 1/2

2011.11.24.Thu.01:24
大阪・京都のフィッティング受注会から戻り、はや10日。
ご報告などしたかったのですが、あまりの忙しさにブログを更新する時間すらとれないまま時間が過ぎてしまいました。
しかし…いろんな意味で圧倒される受注会、そして圧倒される10日間だったなあ。
いや~、熱い! スゴい! ヤバい! 関西のフラメンカたち。

大阪会場では、エストゥディオ・ポルディオスの辻川輝さん、そして在西歴の長いバイラオーラの大橋由美さんに大変お世話になりました。
お二人の堪能なスペイン語通訳に助けられ、ミゲルも関西のお客さまとじかに接することができ、とても有意義だったようです。
私はといえば、深夜バスで一睡もできないまま会場に直行したのですが、事前予約のお客さま以外にも次々とフィッティング希望者が現れ、結局12時間耐久フィッティングレースみたいになりました(しかも食事抜き汗)。
終了時間は、予定より2時間以上オーバー。
でも、会場のファミリアな雰囲気とお客さまの温かいお心遣いに支えられ、フルマラソンを完走したみたいな(←そんな経験ないけど)充実感でした。
名古屋ビックリマークから駆けつけ、こだわり抜いたキメキメのシューズをオーダーしてくださったAさん。
「40年間違ったサイズを履いていました、きちんと足に合った靴だと全然痛くないのね。魔法みたい!」と驚かれ、帰り際にはぎゅうっとハグしてくださったアルティスタのSさんラブラブ
ご自身のフィッティングが終わった後も、他のお客さまへのカウンセリングを、時にメモをとりながら何時間も熱心に見入っていたフラメンコビギナーのOさんメモ
ジャイロキネシス・ジャイロトニックのトレーナーでもあるKさんは、フィッティング時の姿勢やニュートラルポジションに関心を持たれ、後日ご自身のブログにその様子を紹介してくださいました。
本当に皆さん、熱くてステキすぎドキドキ
長丁場のお付き合い、本当にありがとうございました。

受注会の後、辻川さん、ミゲル、私の三人でささやかな打ち上げ。
前夜から一睡もせずほぼ飲まず食わずだったので、こりゃお酒が回りそうだなと思いましたが、胃袋に注がれるアルコールはすでに嗜好品の域を超えていました。
身体が「待ってました!」とばかりにアルコールを水分、糖分…と分解し、必要なところに運んでしまうみたいで、いくら飲んでもまったく酔わない。
ミゲルは、大阪のフラメンコ熱に驚いた様子で、大阪+Sevilla=Osavillaなどという摩訶不思議な造語を編み出し、連呼しておりました。
そんなミゲルに呼応するように、情熱的にフラメンコを語り、大阪を語り、人生を語る辻川さん。
最後は、お店のマスター一押しの米焼酎を手に、¡Viva la Osavilla! で乾杯~お酒
いやもう、何が何だかワケがわからないテンションです。
というわけで、当然ながらミゲルと私は終電を逃し、タクシーでホテルへと向かいました。

ホテルに戻ったあとも、カルテの整理やオーダー内容の確認、会計チェックに追われ、ほぼ徹夜。
でも、不思議と疲れはまったく感じませんでした。
フラメンコ・パワースポットOsavillaのおかげでしょうか(いや、単なるナチュラルハイだな、これは汗)。

翌朝、大量の靴とフィッティング道具を携えて…いざ京都へ。
怒濤のフィッティング受注会は、まだまだ続きます。

(つづく)

宝石紫セノビージャ・ハポン公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント
1 ■おつかれさま~!
ほんとにお疲れ様でした~!!
いつもに増してバタバタでしたね^^
にしても大阪はあつい!!ですね^^

また近いうちに遊びにいきます^^
体調気をつけて~~~!!
2 ■ありがとうございます
関西出張中は、逆に東京のお客さまにご迷惑をおかけする結果になってしまいましたね。
ホントにすみません。

もう一人自分がいたらいいのに、と思ったりするけど、もし本当にいたら、かなりウザイんだろうな…((o(-゛-;)
いいや、やっぱりいらない!
一人でがんばる決心が、今つきました。

ぜひぜひ、また遊びにきてね。
待ってますよ~。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。