スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴箱がやってきた!

2011.11.08.Tue.00:32
スペインから、靴箱が届きました!
今週末大阪・京都で開催する「展示即売会+フィッティング受注会」で初お披露目の予定ですが、一足早くブログで公開しちゃおう。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


セノビージャで手作りしているのは、靴だけではありません。
靴に付属する靴袋は、実はセノビージャ社長ミゲルのお母さんのお手製。
ロゴやチラシは、私がMacでシコシコ作成。
セノビージャ・セビージャ店店長のりえ天は長年お友だちと一緒に通販サイトを作ってきたし、現在スペイン語のサイトを作っているのもセノビージャ・スタッフのカティアです。
セノビージャ・ハポンのサイトは、私がIllustoratorで起こしたデザインをもとに、知人のプログラマーに作ってもらっています。
さらに、マドリッド工場の職人たちは、自分たちの作業用腰掛けまで手作りしていました(売り物になりそうな、とても立派な椅子でした)。
…というわけで、ほとんどのものが、スタッフとその家族・友人の手で作られています。
外注する予算がとれないので家内制手工業体制でのりきっていると言えなくもないですが、こうしたやり方がセノビージャらしいアットホームな味にもなっていると思います。

この靴箱は、りえ天を介してミゲルから、デザインデータを送ってほしいと数ヶ月前に依頼を受けたもの。
「スペイン各店と日本で共通のデザインにしたい」「シンプルかつナチュラルに」「テーマカラーは茶とオレンジで」(←けっこうウルサイ^^¡)という指示にしたがってデータを作って送ったのは、たしか夏の一歩手前くらいだったかな?
すっかり忘れたころに届いた靴箱は、ほっこりとした手ざわりのせいか、お洒落というより素朴なかわいさです。

これまで色気も素っ気もない白箱に靴を収めていたセノビージャですが、この秋からはちょいと色気づきますよドキドキ
乞うご期待!!(ってほどでもないか?)

宝石紫セノビージャ・ハポン公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。