スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えるものと見えないもの 3/4

2011.07.17.Sun.14:13
児童園を後にした私たちは、横田さんの車で仙台市から福島市へと移動しました。
座席後部には、翌日被災地に届ける予定の車椅子が積まれていました。

途中、甚大な津波被害を受けた名取市を経由していきました。
海沿いの道はガレキの多くがすでに片付けられ、道路脇はほとんど更地になっていました。
根こそぎ流される被害を免れた民家が更地の中に点在し、修復された家々の窓から生活の気配が垣間見えます。
震災後4ヶ月でここまできれいに…と思った矢先、道路脇に多くの漁船がオブジェのように積み重なる光景が目に飛び込んできました。
やがて、撤去されたガレキの山が続きます。
いまにも崩落しそうな建物が、辛うじて形を保っている地帯もたくさんありました。
ひしゃげた鉄骨。ぐちゃぐちゃに壊れた窓枠。まるで、映画のセットのようでした。
「この辺はかなりガレキの撤去が進んでいて、車でご案内できるレベルなんですけど、石巻はまだまだですね。僕も物資を届けにいくんだけど、ガレキの山の高さがハンパないです」。

車内の放射線量は、県境に近づくと、目に見えて上がりはじめました。
片側は阿武隈川を臨み、もう片側の斜面には緑が生い茂り、ドライブには絶好のロケーション。
そんな場所で、明らかに周囲より倍以上線量が高い、いわば「ミニホットスポット」と見られる地点も、複数見つかりました。
線量は、車内でも1.0μSv/hを超えました。
国見ICを越え飯坂に向かう道にそれらは点在し、その多くが起伏の多い路面の、谷ではなく頂の部分に当たりました。
やがて激しい驟雨が車を襲い、線量はさらに急上昇。
ふと横を見ると、横田さんが、ああ…、とうなだれています。
「いやー、実は昨日洗車したばっかなんですよね…」。
聞けば、「東京からお客さんが来る! しかも女性二名。どうしよう!」というわけで、急遽菓子折を用意し、車を洗い…いろいろご準備くださったというのです。
ああ、気を遣わせてしまったんだな、と申し訳なく思いましたが、横田さんの慌てっぷりがおかしくて、思わず吹き出してしまいました。
「ごめんねー、来たのがこんな私たちで」と私。
「だって、私たち全然お客さんじゃないのよ」とことばを重ねるわね。
「いやいや、こちらこそ。まあバレてるとは思うけど、僕ら皆こんなフツーな人たちじゃないですか。お二人の想像を裏切ったらどうしようと思って、ホント焦って準備して…。なのに、雨まで降っちゃうかあって、ねえ…」。
放射能雨がボンネットを激しく打ちつける車内で、私たちは大いに喋り、大いに笑いました。
雨は10分ほど続きましたが、やがて夏の陽射しが戻ってきました。

JR福島駅の近くのビジネスホテルに、私は宿をとっていました。
駅前商店街が近づくにつれ、通行人の数はどんどん増えてきました。
「誰もマスクしてないでしょ」と横田さん。
制服を着たポニーテールの少女が、自転車で車道の脇をすり抜けていきます。
風をはらんだ白いブラウス、艶やかな長い髪。
あのブラウスは毎日洗濯できるけど、スカートは夏休みまでクリーニングしないんだろうな…そう思いながら、走り去る少女の姿を目で追いました。
ベビーカーを押して歩く若い母親。集団で、何やら楽しげにじゃれ合う少年たち。ゆっくりとした足どりで、一歩一歩かみしめるように歩くお年寄り。…
目に入るすべてが、あまりにもありふれた日常のひとこまでした。
たったひとつ違うこと、それは、ガイガーカウンターが告げる、信じられないほど高い数値だけでした。

わねと私は、マスクをつけ、長袖の羽織ものを着て、車から降りる身支度を整えました。
その最小限の準備すら違和感をおぼえるほど、街には平穏な日常の風景が広がっています。
「福島駅の…どっち口だったかなあ、線量が高いらしいです」と言う横田さんご自身も、マスクは持参していません。
予備のマスクを常に携帯している私は、彼にもマスクを差し出そうかと一瞬ためらいました。
そして、喉まで出かかったことばを飲み込んで、車を降りました。

実はこれまでのやりとりの中で、被曝のリスクに対する横田さんと自分との温度差を、私はしばしば感じていました。
その理由の一端は、やはり日々接する情報の質的な差異にあるのではないかと思います。
震災後彼のPCが故障し、いまもネットに接続できないという事実を知ったのは、つい最近でした。
ブログでの発信は携帯電話でもできますが、多くの情報を検索・閲覧・検証するには限界があるでしょう。
今回の旅で、私は彼らに目を通してほしい情報をプリントアウトして持参し、手渡しました。
そして、私自身の危惧も伝えました。
それらの情報を手にした彼らが、今後何をどう判断し行動するのか。
それは、彼らに委ねるほかありません。

それでも車から降りた私は、ほとんど打ちひしがれるような思いでした。
こんな危険な場所で、こんな軽装でいちゃいけない。
みなさん、すぐに逃げてください。
大声で叫び出したい気持ちを堪えながら、私はホテルへの道を急ぎました。

(つづく)
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。