スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊達輸送隊

2013.01.09.Wed.23:01


昨日(1月8日付)の『東京新聞』4面に、伊達輸送隊の記事が掲載されました。
代表者の佐々木哲治さんと ① Action Project の横田智史さんは、3.11震災直後に被災地支援活動を開始。
自衛隊ですら現地入りを断念するような壊滅的被害を受けた地域に瓦礫をどけながら分け入り、孤立集落に支援物資を届けたり、支援のネットワークからこぼれ落ちた「みなし仮設居住者」「自宅避難者」の方々からニーズを直接聞き取り、私たちに支援や寄付を呼びかけてくださいました。
弊社も「被災者自身が被災地支援を行う」という彼らの活動に共感し、当初は物品のほか売上の一部を義捐金として送り、年度がかわった昨年からは、スタッフ個人の給与から毎月一定額を天引きカンパしています(現在も継続中)。
多くの NGO / NPO が震災後半年ないし一年を一区切りとして撤収するなか、伊達輸送隊と ① Action Project は「被災者の方々からもう必要ないと言われるまで活動を続ける」という方針を貫いてきました。

その活動も、昨夏から一部被災地の状況が徐々に好転するに伴い、少しずつ縮小してきています。
支援を打ち切るわけではないけれど、これ以上本業を犠牲にはできないとの理由から、これまで支援物資配送用に特化していたワンボックスカーを本業用として復帰させることとなりました。
被災者の方々のメッセージで埋め尽くされた車体は、すべて写真を撮った上で新たに塗装し直されます。
これまで被災者の方々と物資やカンパを送っていた私たちの仲立ちをしてくださった佐々木さん、横田さん、その他多くのスタッフの皆さんに、改めて「ありがとう」と「お疲れさま」のことばを送りたいと思います。


正直なところ私は、彼らの使命感や被災者の方々との絆の強さを知るがゆえに、この支援活動に幕を引くことが難しくなっているのではないかと案じており、ちょうど ① Action Project の横田さんと連絡をとりあっていた矢先でした。
被災地支援の必要がまったくなくなる日は、残念ながら少し先になるでしょう。
けれど、このような活動が一部個人の本業や生活の犠牲の上に成り立っているとしたら、それは誰にとっても良いことではないと思います。
幸い横田さんは、「ここまで、と今のところ区切りを打つつもりはありません」「少しずつですが、やめることなく続けていきます」とメッセージを返してくださいました。
私も、その確かな返答を受け取ってようやく、「彼らを追い詰めているのではないか」という迷いが振り切れました。
これまでと変わらず、ささやかながら支援を継続していくつもりです。

最後に、個人の集まりによる小さな、けれど息の長い貴重な活動に目を向けてくださった東京新聞の記者さんに、御礼を申し上げたいと思います。

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら



スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。