スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてNoviaがゆく♡

2012.12.28.Fri.23:32
今日は、お客さまから嬉しいお便りをいただきました。
弊社で靴をオーダーされ、その後フットケアに定期的に通っていただいているTさん。
羨ましいほどスリムなプロポーションなのですが、スタート当初は立ち姿が不安定で、常に身体のどこかがこわばっていてしなやかさに欠ける印象がありました。
横アーチが沈下した開張足で、母趾球に強い痛みがあり、以前はフラメンコのレッスンが終わるやいなや靴を脱がなくてはならないほどだったといいます。
姿勢の癖により脊柱のS字カーブが不自然に引き延ばされ、ストレートネック・巻き込み肩による強い肩こりもお持ちでした(Tさんの巻き込み肩改善の様子については、以前にもブログでご紹介しています)。

一見マイペースなのんびり屋さんのようでいて、おそらくフットケアに通われるお客さまのなかでも一、二を争う努力家Tさん。
ご本人は「面白いから続いてるだけで、努力しているという感覚は全然ないんですけど」とおっしゃるのですが、肩の力の抜けた取り組み方が、きっと結果にも繋がっていったのでしょう。
体幹を意識するようになってから、職場のエレベーター内での姿勢チェックが日課になり、「お腹周りをやたら触る癖がついちゃいました」と笑いながら教えてくださいました。
通いはじめて数ヶ月もすると、ご本人自ら「ちょっとお腹触ってみてもらっていいですか? すごく腹筋がついて自分でもびっくりなんですけど」とおっしゃるほどボディラインが引き締まり、機能美をそなえた隙のない姿勢へと変化していきました
同時に、母趾球の痛みが軽快し、プランタ部分に
いつも鎮座していた大きな胼胝腫(タコ)がほとんど消え、アーチ部分で荷重を支えられるようになってきました。

そして先月、めでたくご結婚されたTさん
新婚生活が始まると、しばらくフットケアもお休みせざるをえないため、今年最後の
フットケアの折に「ご希望のトレーニングは何かありますか?」と伺ったところ「ハイヒールのウェディングシューズできれいに歩けるようになりたいです」とのお申し出がありました。
実は、ハイヒールウォーキングは、裸足やフラットシューズでの歩行にくらべ、さらに体幹の引き上げが重要になります。
加えて、長いドレスや高いヒールを上手くさばく所作やテクニックも必要です。
狭いフィッティングルームで、テーブルと椅子を部屋の隅によけてスペースを作り、二人でバージンロードを歩く練習を何度も繰り返しました。

今日いただいたお便りは、以前私がお願いしていたフットケアに関するアンケートへのご回答としてお送りくださったものです
(このアンケート回答についても、いずれまとめてご紹介したいと思っています)
そのなかに、こんな一文がありました。

ちょうど11月12月に結婚式・披露宴を終えたのですが、
カメラマン、お客様など、皆様から
「姿勢がよくてかっこいい!」「アスリートの体型だ!」
と花嫁らしからぬ?おほめの言葉をたくさん頂きました。(笑)

思わず快哉を叫びたくなるような褒め言葉ですよね。
私が褒められたわけでもないのに、なんだかとっても嬉しくなりました。

Pesoのある凛々しいNoviaになりたい方、ぜひ弊社のフットケアで「花嫁修業」をなさってみてはいかがでしょうか
ただし、Novioは自力で見つけてきてくださいね(笑)

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら




スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。