スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木レザー

2012.12.13.Thu.01:47
かねてから見学を希望していた、日本屈指のタンナー(皮革素材製造業者)栃木レザーに行ってきました。
以前から靴学校の師匠や仲間たちと進行していた企画なのですが、今回は仲間の一人が取り持ってくれた縁で東京都皮革技術センター所長・Yさんが同行してくださいました。
さらに現地では、栃木レザーのIさんがつきっきりでガイドしてくださり、なんだか申し訳ないほど贅沢な見学会となりました。


タンナーの仕事は、一言でいえば腐敗しやすく脆弱な「皮」を、耐久性と柔軟性を併せ持つ「革」へと化学的・物理的に変化させること。
動物から剥ぎ取られた皮(=原皮)は、下のような複雑な工程を経て、メーカーや職人たちが使う素材になっていきます。

①水洗い
②背割り
③石灰漬け・
脱毛
④フレッシング(余分な脂肪を取り除く)
⑤脱灰・酵解(石灰漬けでアルカリ化した皮を中和する)
⑥タンニン鞣し(植物タンニン溶解液の入ったピット槽に漬け込む)
⑦水絞り
⑧加脂(革に柔らかさと艶を与える)
⑨セッター(革を伸ばす)
⑩乾燥
⑪革漉き(厚みを整える)
⑫再鞣し・染色
⑬セッター(革を伸ばし、脱水する)
⑭ハンドセッター・手伸ばし(さらに職人の手技で革を伸ばしていく)
⑮味取り・乾燥(水分をとばし、乾燥させる)
⑯バイブレーション(専用の大型機械を用いて、革に柔軟性を与える)
⑰塗装(革表面に艶と色を与え、耐久性をアップさせる)
⑱アイロン・仕上げ(専用機械やアイロンで表面の光沢を出したり、型押しなどを行う)
⑲計量
⑳梱包・出荷



原皮の状態


完成。奥で出荷の準備中。



栃木レザーの生み出す革が高く評価されているのは、上記のどの工程においても高い技術と時間と手間を惜しみなくかけているからですが、なかでも⑥はその白眉と言って良いでしょう。

同社では鞣し剤にブラジル産のミモザを用い(一部の革にはケブラチョというウルシ科の植物も用いるそうです)、その粉末を地下からくみ上げた水に解いて原皮を漬け込んでいます。

o0665092312327740937.png


画像は、タンニン樹液を張ったピット槽。
全部で160(1ブロック40ピット×4ブロック)もあり、濃度の低いピットから高いピットへと約20日間かけてゆっくりと浸し渡します。
この作業により、コラーゲン繊維が結びつけられ安定します。
もともとは動物の身体の一部であった皮は、このように植物の力を借りて、防腐性、耐熱性、対薬品性、強靱性…といった新しい生命を吹き込まれ、革へと生まれ変わるのです。

こうした技術は、伝承の努力なしにはあっという間に廃れてしまうもの。
『図説「最悪」の仕事の歴史』(トニー・ロビンソン著  原書房  2007年)によると、ローマ時代~ヴィクトリア王朝時代の英国に存在した仕事のうち、「あらゆる時代を通じて最悪の仕事」はタンナーなのだとか。
力仕事、汚れ仕事、危険作業、そして低賃金で退屈、というのがその理由。

栃木レザーの作業環境は、タンナーのなかでは破格に美しいのですが、それでも原皮が発する強い匂いや、冬場も袖をまくりあげて冷水を扱う苛酷さ、ちょっと間違えれば大きな事故に繋がりかねない危険な作業現場に接すると、その大変さを改めて痛感します。
とくに匂いは冬場でもかなり生臭く、服や髪にしみついた匂いが周りの人に嫌がられないか、帰りの電車でも気になってしまうほど。
これまでにもタンナーを訪れたことは何度かありますが、毎回この匂いに接するたびに、職人さんたちの仕事に頭が下がります。

しかし、栃木レザーの現場では若い職人さんたちもいきいきと働いていて、仕上げ工程では女性の姿も見かけました。
この仕事に魅力と誇りを感じ、自ら選びとっていく若い世代の存在は、本当に貴重。
狭い意味での「皮革業界」だけでなく「革文化」の担い手として、次代を創っていく人々だと思います。
先輩職人の技を受け継ぎ無心に仕事に打ち込むストイックな表情には、密かな自負のようなものが滲み出ていて、何だかとてもまぶしく見えました。

タンニン鞣しの革は、靴ならば主に本底(靴の外側から見える底)や中底(インソールを剥がすと見える底)など、「縁の下の力持ち」の部分に使われます。
他にも、バッグ、ベルト、コインケースなどの革小物、…などなど用途は多彩ですが、いずれも実用にかなう丈夫さが求められるものばかり。
なかでも手塩にかけて鞣し上げた革は、靴を作っている時の手触りも、仕上がった後の使い心地にも、歴然とした違いがあります。
そして、なにより「気品」のようなものが感じられます。

それは、原皮を提供してくれた動物たちの生命、鞣し剤となる植物たちの生命、そして骨身を惜しまず重労働に打ち込む人々のたゆまぬ営み、…そうしたかけがえのないものたちの結晶だからでしょう。

Yさん、Iさん、そして栃木レザーの皆さん、
さらに企画してくださったT師匠とMくん、
貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。