スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至福の一時間

2012.12.02.Sun.23:46
またもや、大失態をやらかしてしまいました。
昨日、仕事中に友人から突然の電話が。

「いまどこにいるのー?」
「へ? えーっと…仕事してるよー」
「ええっ!? ラファのライブ、今日だよ!!」
「…ぎえええええwww叫び叫び叫び
↑ お客さまが目の前におられたので、これは心の叫びです。

というわけで、すごーくすごーく心待ちにしていたラファエル・カンパージョのライブなのに、一日取り違えてしまった私。
昨日は終日お客さまのご来店が続き、泣くヒマすらなかったのですが、我に返ってみると改めて悲しいやら悔しいやらで、夜も眠れないほど。
バカッビックリマーク 私のバカーッ!!!!!!

結局どうしても諦めきれず、本日ダメモトで会場に駆けつけました。
折しも入口に俵由紀さんがおられ、事情をお話しすると、「満席なので、すべてのお客さまが着席されてからご案内しますね」と優しく答えてくださいました。
本当に本当に、後光がさして見えるほどありがたかったです。

ライブは、カンテ(ヘロモ・セグラ)、ギター(ファン・カンパージョ)、バイレ(ラファエル・カンパージョ)の三人のみというシンプルな構成。
最初にファンのギターが鳴り渡った瞬間から、アンコールの後ラファエルが上着を手に笑顔で立ち去るまで、不要なものは何ひとつなく、どこまでも「趣味の良さ」が際立つ上質なステージでした。

ファンのギターは、まず音そのものが持つ魅力に圧倒されました。
囁き、あふれだす笑い声、快活なお喋り、かすかな嘆息、… それら丸い音の一粒一粒に、金粉がまぶされているような倍音の美しさ。
相槌を打つようにヘロモの小気味よいパルマが重なり、豊かな情感のカンテが会場の空気を徐々に温めます。
二人に深く同意するように加わるラファエルの繊細かつ力強いサパテアードは、すでに「足音」ではなく「肉声」としか呼べないものでした。
何も言わなくても通じ合うからこそ、探りを入れることも出しゃばることもなく、互いの存在を心地よく感じながら自然体でいられる、そんな三人を見ているだけで、こちらまで満たされた気持ちになっていきます。
こんな風に踊られたら、さぞかしカンタオールは嬉しいだろう…
こんな風に唄われたら、指がひとりでに動き出すだろう…
こんな風に奏でられたら、いつまでも踊り続けられるだろう…
ライブの間じゅう、何度そう思ったことでしょう。

かわるがわる中心点が交替しながら、周回するコンパス。
曲が変わるひとときの「間」さえ、音楽の一部。
心に秘めつつ口には出さない地点を目指し、
近づきつつ遠のき、遠のいたかと思えばぴったりと寄り添い、
気がつけばあっという間に過ぎていった、純度の高い一時間でした。

いまが最高潮の黄金期との呼び声も高いラファエル。
「どうだ、スゴいだろう」と言わんばかりの踊りには魅力を感じない私ですが、今日の彼からはそんな気配を微塵も感じることはありませんでした。
むしろ、洗練を極めつつ決して受けを狙わない潔さや、時折垣間見えるはにかみのような奥ゆかしさが強く印象に残り、彼のフラメンコに対する姿勢を内側から照らし出しているように感じられました。
そして何より、独特のチャーミングな持ち味は「マエストロ」というより「永遠のフラメンコ少年」。
この先どんなに年齢とキャリアを重ねても、そこだけは変わらずにいて欲しいなあ…と勝手に願う私です。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。