スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッティングルーム界隈

2012.10.25.Thu.22:54
弊社のフィッティングルームは、東京都新宿区にあります。
…と書くと、西新宿の高層ビル街や靖国通り・新宿通りの賑わいなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
でも新宿は広くて、都会的なイメージからほど遠い場所もいっぱい。
なかでもフィッティングルームのある牛込界隈は、かーなーりーレトロです。

徒歩30秒のところにある浄栄寺の山門(甘露門)は、なんと安永七年(1778年)建立。
江戸中期の建造物が当時の姿をほぼとどめているケースは珍しく、今年5月には新宿区の有形文化財に指定されています。
この界隈はもともと寺町だったため、この浄栄寺を含め、付近にはたくさんのお寺が並んでいます。
江戸時代の古地図を見ると、現在フィッティングルームのある場所も、もともと妙典寺の敷地内だった模様(妙典寺は1908年に現在の豊島区南池袋に移転)。




お次は、やはり徒歩2、3分のところにある柳稲荷。
密集した住宅街のなかに、埋もれるようにたたずんでいます。
地元住民にとっては、夏祭りの山車をおさめる「車庫」であり、週一回の廃品回収の集積所でもあります。
ちなみに、ココで寝ている人を見かけたことは何度もありますが、お参りしている人を見たことは一度もありません。






そして、お稲荷さんの斜向いの路地を入ると、こんな懐かしい風景が。
ちゃんと水も出る、現役バリバリのポンプ井戸です。



この井戸の周囲は、とある理由で町内のちょっとした名物になっています。
理由は…コチラをご覧ください。

もちろん、表通りにはそれなりにスーパーや個人商店が立ち並び、生活の不便はほとんどありません。
下は、デパ地下催事などでお馴染みのパン屋さん「art bread factory」。
本格的なバゲットから惣菜パンまで、どれも美味しいです。




最近オープンした手作りの瓶詰め屋さん。
お値段は少々高めですが、素材にこだわったコンフィチュールやバジルペーストは一押し。




行きつけの飲み屋さん「つづ久」。
庶民的な店構えですが、厳選素材を空輸で取り揃えるこだわりの店です。
高級住宅街の神楽坂からも徒歩圏内にあり、ときどき噺家さんや俳優さんなどがお忍びで訪れます。
昨年スペイン・セノビージャ社長のミゲルが来日した際、帰西する最後の晩に、店の主人やお得意さんを交え、ここで看板の後まで飲み続け大騒ぎしました(彼は、この店と新宿ゴールデン街のナナがことのほかお気に召した様子)。
行きつけと言いつつ、考えてみればそれ以来足を運ぶヒマがなかった… 旨い酒と肴が恋しいな




こちらは、雑穀フードデザイナーであり「暮らしの探検家」大谷ゆみこさんが主宰する「つぶつぶカフェ」。
外観も内装もナチュラルテイストで統一されたお店にはギャラリーも併設され、ワークショップなどのイベントも随時行われています。
雑穀料理や雑穀スイーツが楽しめるほか、食材や著書などの購入もできます。



こうしてみると、どのお店もお洒落というより手作りのぬくもり系。
大規模で画一的なビジネスに向いた土地柄ではないかもしれませんが、「他にないもの」を追求し、小粒でもキラリと光る個性的なお店が多いように思います。
弊社も、かくありたし

フィッティングルームは、一応最寄り駅から徒歩5分の場所にあるのですが、かなり道が入り組んでいるため、初めてのお客さまがお越しになるときは、駅までお迎えに伺っています。
お客さまとお話ししながら裏道を通り抜けると、「旅行に来たみたい」「タモリと会いそうな場所ですね」なんておっしゃる方も(笑)

よろしければ、散策がてら遊びにいらしてくださいね。

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら



スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。