スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイレが生まれる姿勢

2012.07.27.Fri.01:56


友人から「これはパソがとりやすいよー」と教えてもらった、コンチャ・ハレーニョのクラス風景の映像。
ああ、この角度…私が一番好きなカメラポジションではないか晴れ

関係ないけど、最近のフラメンコ映像って、踊りがちゃんと見えないものがとみに増えてますよね。
顔アップとか足アップとかのパーツ撮りって、超イミフなんですけどっむかっ
ひょっとしてあれは、パソの盗用を防止する意図があるのかしらん…

というわけで、コンチャの映像に話を戻します。
言わずと知れたテクニックの持ち主。
どこを切り取っても、すんごい完璧。
昨年は来日を楽しみにしていたので、キャンセルと聞いたときはとても残念でした。
なれば、クルシージョ @ YouTubeといきますか…と思いつつ観始めたのですが、踊り始める前からその姿勢に釘付け目になりました。
おお、これぞ前重心の完璧なるニュートラルポジションビックリマーク

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


加えて、ぜひ観ていただきたいのが、余分な力みの抜けた頸、肩甲骨や腕、そして背中です。
私が「美しい猫背」と呼ぶ、生理に反しないナチュラルな態勢。
体幹を引き上げるとは、腰椎に無理な負担をかけることでは決してないということが、コンチャと彼女の周りで踊る生徒さんたちとを見比べると、とてもよく判ります。
(ゴメンナサイ、キュートな生徒さんたち!)

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


下は、音数の多いパソでのワンシーン。
コンチャの姿勢は、バレエでいう「プリエ」に当たります。
引き上げた体幹から脚をぶら下げるようにして関節を緩め、下肢の骨が自由に遊んでいます。
これに対し、他の生徒さんたちは腰の引けた「しゃがむ」姿勢になっており、膝関節に大きな負担がかかってしまっています。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


全編を通して、コンチャの姿勢は鳩尾(みぞおち)が落ちることがなく、骨盤の角度が一定の範囲におさまっているのが印象的です。
このため全身のバランスがきわめて安定し、無駄なバタつきが一切ありません。
こういう無理のないポジションから、フラメンコのアイレって生み出されるんだよなあー…

おっと、思わずパソをとるのをすっかり忘れて、すっかり鑑賞モードに入ってしまいました。
ティコタカタカター ツターツタカ…

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント
1 ■この動画。。。
私もしょっちゅう見てます
見惚れちゃってパソが取れません(笑)
いや、その前に「お控ぇなすって」な猫背を治さなければ。。。(^^;;
コンチャは何を踊っても素敵ですね♪
惚れてます、マジで(^_^)
2 ■Re:この動画。。。
>まーるさん
コメントありがとうございます♪
上手な人のパソって、たしかに取りづらいですよね。同じ振りやパソでも「画像のコマ数が多い」感じになりますし。
私も昨夜は結局、映像を観ながらビールをあけてしまい、さらにオリンピックのサッカー観戦へと移行してしまいました(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。