スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三丁目の金環日食

2012.05.21.Mon.23:27
今朝は日の出とともに起床し、日食の空の下をお散歩しました。
「日食グラス」は持っていなかったのですが、多くの方々のご好意により、932年ぶりの天体パフォーマンスを観察することができました。

まだ人もまばらな大久保通りの絶景ポイントで欠け始めの時刻から空を見上げていた青年は、「見えますか?」と声をかけると満面の笑みで頷き、グラスを手渡してくれました。
その後も何人もの方が「観た?」と声をかけてくださったり、こちらがお願いする前にグラスを差し出してくださるなどし、結局10人以上の方からグラスを拝借することになりました。

金環日食の予定時刻が近づくにつれ、早朝の通りは晴れやかな笑顔を浮かべた人でいっぱいに。
意外に多いのが、中高年カップル。
そして、小さなお子さんを含む三世代家族。
旧い街並みが残る神楽坂界隈で、全員が同じ方角の空を見上げる姿は、どことなくレトロな情緒が漂い、通りすがりの私まであったかい気持ちにさせてくれました。
遠い空を眺める人がたくさんいる風景って、なんかいいな。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


↑ 金環食が過ぎたあともずっと空を眺め続けていた、仲良し大家族。
この女の子、今日のことを大人になっても憶えていてくれるかな?

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。