スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好対照

2012.05.07.Mon.01:13
連休最後の日曜日は、出来上がった靴をお受け取りにご来店のお客さまがいっぱい。
画像は、フィッティングの時も連れ立ってお越しになった、仲良し二人組のオーダー靴です。

↓こちらは、一見しっとりした「和」な風情のHさんがセレクトした、ハラコ調フラメンコシューズ。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


革選びの時には、コッテリ系なセレクトに私の方がちょっとドキドキしたのですが、ご本人は「先生にも確認したので、大丈夫! 好きな革で作りなさいって言わました^^」と一瞬の躊躇も見せず、ゼブラ模様に真っ赤なパイピングを合わせておられました。
本日の再フィッティングの結果、サイズはもちろん雰囲気も驚くほどぴったりで、思わず歓声が上がりました。
私などが履くとちょっとドギツくなりそうなところですが、上品な持ち味のHさんの足許では、嫌味なく華やかさが際立つんですね。
私服のジーンズに合わせても、とってもキュート。
羨ましいなあ…

↓そしてこちらが、「エレガンスを極める」というテーマのもとに(?)Aさんがセレクトしたシックなフラメンコシューズ。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


ベージュ系の靴を、というご希望だったのですが、ベージュ系だけで何色もある革サンプルを前に、熟考に熟考を重ねて選び抜いたサンドベージュ。
パイピングにはカーキを合わせ、優しさのなかにもキリッと引き締まった雰囲気に仕上がっています。
靴自体がニュートラルカラーなので、靴紐の色を変えるだけでイメチェンOK。
もともと薄茶(向かって左側の色)の紐が付属してきたのですが、衣裳やヌメロに合わせて交換できるようにと、ワインレッド(右側の色)の靴紐もお求めになりました。
もともと色白できめ細やかな美肌のAさんですが、サンドベージュの靴は足許をさらに美しく際立たせてくれます。
目標のエレガント路線に近づいた、かな?

「あー嬉しいっ! 抱いて寝たくなっちゃう」
「練習しないとこの靴に申し訳ないな、がんばろう!」
お二人とも、ご自分の靴を抱きしめるように愛で、お互いの靴を褒め合い、笑顔いっぱいで帰っていかれました。
こういう場面、たびたび目にするのですが、何度遭遇してもホントに幸せな気分になります。
フィッターをしていて良かった、と思える瞬間ですね恋の矢
Hさん、Aさん、ありがとうございました。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。