スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにゃく足でお悩みの方へ

2013.01.19.Sat.00:18
「こんにゃく足」ということばを、お聞きになったことはありますか?
語感が示すとおり、たいへん柔らかい足のことです。
ただ、生まれつき
身体が柔軟な人は世の中にたくさんいますが、そうした体質の方全員がこのタイプに当てはまるわけではありません。
こんにゃく足とは、靭帯(*註1)などの結合組織が先天的に柔らかく、かつ筋肉が充分に発達していないやわ足のことをさします。
こうした足は、甲の各関節(ショパール関節・リスフラン関節・MP関節)の可動域が大きく、甲の骨(中足骨)を握ると足幅がきゅーっと細くなります。

靭帯が柔らかい人は、アソビがある分捻挫などはしにくいのですが、姿勢や骨格が崩れやすいという弱点を併せ持っています。
開張足(=横アーチが崩れて平らになる)や扁平足(=土踏まずが崩れて平らになる)になるリスクも、靭帯が硬い人よりはるかに高いと言えます。
こうした弱点を補うのが、運動などによる筋力アップ。
筋肉がサポーターやテーピングの役割を果たし、柔らかすぎる靭帯を助けてくれるのです。
したがって、しばしば誤解されているようですが「こんにゃく足は遺伝だから諦めるしかない」というのは誤りです。
こんにゃく足になりやすい体質は生まれつきのものですが、筋力をアップさせることで弱点を補うことができ、また「フィットした靴を履いてきちんと歩く」といった日常生活のなかでその筋力を培うことも充分に可能です。

では、こんにゃく足の方は、どんな靴を選べば良いのでしょうか。
多くの方が、合う靴が見つからないというお悩みをお持ちのようです。
率直に言ってこんにゃく足は、高度なフィッティング技術や個別具体的な対応が求められ、靴選びにも困難が伴います。
というのも、フィッティングとは足と靴を適合させることなのですが、こんにゃく足の場合、身体の中で骨がずるっと動いてしまうのです。
このため、静止しているときはフィットして見えるのに、歩きはじめると靴から踵がすっぽ抜ける、といったことがしばしば起こります。

一般的には、柔らかい足ほどタイトな靴によるサポートが不可欠。
しかし、筋肉量が少ないと骨や軟部組織にダイレクトに負荷がかかってしまい、圧痛や疼痛を引き起こしやすくなります。
かといって緩い靴やサンダルなどばかり履いていると、足の筋肉を使ってしっかりと歩くことができず、緩急のないいわゆる「ペタンペタン歩き」に。
加えて、こうした歩き癖がさらなる筋力低下や筋ポンプ作用(*註2)の減少をもたらし、むくみやサイズの大幅な変動(*註3)に繋がることもあります。
ただでさえフィッティングの難しい足なのに、靴選びをさらに困難にする悪循環に陥ってしまうのです。

ただ、締めつけに弱いといっても、どの部分も同じ感受性を持っているわけではありません。
比較的フィットしていても痛みを感じにくい部位で、しっかりとサポートすることが必要です。
また、デザインや素材を工夫することで、同サイズの靴でも履き心地は大きく変わります。
一般的には覆う部分が大きい靴の方が圧力分散効果が大きく、布や合皮の靴より革靴の方が馴染みやすいと言えます。
とくに足当たりの柔らかいヌバックなどは、比較的履き慣らしが楽でしょう(逆に、伸び率の少ないパテントレザー(=エナメル)やエキゾチックレザーなどは、あまりお勧めできません)。
また、微調整が利くデザイン――紐靴やストラップ靴、ベルクロ(=マジックテープ)靴など――なら、サイズの変動やむくみにもある程度対応できます。

残念ながらこんにゃく足の靴選びに際しては、選択肢が狭まってしまうことは否めません。
それでもベターな靴選びをすることで、足の状態や歩行フォームなどが改善すれば、少しずつ選択肢が広がる可能性も出てきます。
靴の側からも、足の側からも、そして身体の中からも、良い「落としどころ」を探る工夫を重ね、ぜひ「運命の一足」と巡り会うチャンスを広げていただきたいと思います。

最後に…かく言う私も、先天的に靭帯が
ヤワな体質の持ち主です。
加えて、雪国で生まれ育ったため、幼い頃から「ペタンペタン歩き」の癖がありました(いわゆる「正しい歩き方」で雪の上を歩くと、滑って転んでしまうのです…>_<
)。
さらに間違った靴選びによって外反母趾を悪化させ、外科手術を受けるハメにもなりました。
そんな私でも今日まで細々とフラメンコを続けてこれたのは、自分の身体や足と対話しながら小さな工夫を積み重ねてきたからではないかと思っています。
元こんにゃく足人間からお悩みのあなたへ、ささやかなエールを送ります

*註1
靭帯とは、いわば骨と骨をつなぎとめている繊維状の硬いバンドのようなもの。
捻挫とは、靭帯の繊維の一部が伸びきったり切れてしまったりした状態です。より損傷が大きいものを不全断裂といい、さらにバンドが切れてしまうと完全断裂という事態に至ります。断裂してしまった靭帯は再生しないと言われており(わずかながら再生するという立場をとる研究者もいます)、部位や状況により
再建手術を行うことがあります。


*註2
筋肉には、大きく分けて①姿勢保持、②運動、③筋ポンプ作用という3つの働きがあります。このうち③
筋ポンプ作用とは、筋肉が緊張と弛緩を繰り返すことにより、血液循環を促す働きを指します。
血液は身体各所に栄養と酸素を送り届け、老廃物を回収する働きをしていますが、心臓から勢いよく動脈に押し出された血液の圧力は、心臓から離れるほど減衰します。
このため心臓から最も遠い場所にある足は、もっとも老廃物が滞りやすい場所と言えるでしょう。
しかも、血管壁が厚くそれ自体が筋肉に似た働きをする動脈と異なり、血管壁が薄い静脈には、こうした機能が備わっていません。
さらに、老廃物を含んだ静脈中の血液が足から心臓に戻る際には、重力に逆らって遡上しなくてはなりません
このため、静脈の周りにある筋肉が、乳搾りのような動き
(=ミルキングアクション)により血液の還流を助けています。
歩くことは、このミルキングアクションを促すもっとも手軽な方法のひとつです。
ふくらはぎが「第二の心臓」と呼ばれる所以です。

*註3
こんにゃく足の場合、むくみの度合いにより計測のたびに数値が変わったり、季節的変動により夏と冬で大きくサイズが異なる…といったケースが散見されます

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

スポンサーサイト

Volver a lo básico

2013.01.14.Mon.20:17
昨年末からフットケア+体幹トレーニングを始められたKさんが、年明け初のご来店。
前日やはり年初一回目のフラメンコレッスンを受け、その直後から左の腰、お尻、太腿裏、膝裏あたりに痛みと痺れが出ているとのこと。
「今日はお手柔らかに」とのお申し出があり、まずはいつも通りアーチテーピングを行いました。
テープを貼り終えた時点で、「ちょっと痛みが引いた感じ」とおっしゃるKさん。
とはいえ、トラブルがある時に無理は厳禁。
まずは基本に立ち戻ろう!というわけで、トレーニングはニュートラルポジションで立つことから始めました。
年末年始のお休みを挟んだためか、重心がやや不安定にぐらつきます。
体幹の姿勢維持筋群をしっかりと使い、
深呼吸をしながら無駄な力を抜く…という動作を繰り返し、少しずつ勘どころを取り戻していきました。
はじめは力が入らなかった
臀部も、脊柱の不自然な力みを取り除いていくと引き締められるようになり、ぐらついていた骨盤も安定。
しばらくするとKさんは「あれ、脚が痛くない」と不思議そうな顔をされました。

大丈夫そうなので、次は単脚支持(=片足で軸をとる)トレーニングへ。
ニュートラルポジションで立てるようになると、重心移動の際上体のブレが少なくなり軸が安定します。
前回のトレーニング時にくらべ長足の進歩で、正直ちょっと驚きました。
ご自宅でかなり練習しましたか?と伺ったところ、
「ゴミを捨てる時もかがみ込まないで、体幹を引き上げてプリエしながら捨ててます。だからすごく時間がかかっちゃって…」と笑っておられました。
やはり日頃から気にかけていると、結果が現れるのも早いですね^^
えらーい、Kさん


徐々にエンジンがかかってきたKさんは、突然ipadを取り出し、「このポーズがカッコいいので真似してみたんですけど、私がやるとなんか変」と見せてくれました。
それは、彼女の師匠であるバイラオーラが踊っているライブ画像のなかのひとこまでした。
これこそ体幹と末梢部の拮抗から生まれる、もっともフラメンコらしい基本姿勢じゃないですか。
Kさんが真似したらどうなるの?と訊ねると、ブラソを上げて背中をぐっと反らし始めました。
うーん、こりゃだめだ

お手本に似せようと思うあまり、背中を不自然に反らせてしまうのは、おそらくKさんだけではないでしょう。
一見背中を反らせているように見えるお手本の姿勢は、実は前重心の体幹と後方に引いた末梢部(この場合はブラッソ)の拮抗により胸が引き上がった状態をキープしています。
解剖学的な原理を簡単に解説し、上腕肩甲関節周辺のストレッチを行い、再度チャレンジしていただきました。
「お腹こんなに力入れるんですか ブラソこんなに引き上げるんですか  大変っ」と大きな目をさらに大きく見開いて驚くKさん
とはいえ鏡の中のご自身の姿に、ちょっと先生に似てきたかな、とまんざらでもないご様子

さらにKさんのipad攻撃(?)は続きます。
「ほらほら、こっちは背中反ってるでしょう」と別の画像を見せてくれました。
今度の姿勢は、以前ブログでもご案内した「イナバウアー」の原理とほぼ同じです。
じゃあ私が背中を反らずにやってみますね、と前上方に引き上げた体幹で支えるポーズをとってみると、「わー、すごい反って見えるw」と再び驚いておられました。
身体の調子が万全になったら、もちろんKさんにもチャレンジしていただきますよ

というわけで、何のかんのと言いつつ
終わる頃には汗ばむほどのトレーニングになってしまいました
帰り際、「もう痛みは
全然ありません」と笑顔を見せてくださったKさん。
良かった良かった

おそらくKさんの不調の原因は、ひとつに限定できるものではないでしょう。
年末年始のインターバルで、身体が「お休みモード」になっていたことも一因かもしれません。
寒い日が続き、身体も冷えています。急に負荷をかければ、トラブルに繋がりかねません。
加えて、上記のような誤った姿勢でがんばって練習してしまったことも、トラブルを加速してしまった可能性があるでしょう。
今回のようにテーピングや短時間のトレーニングが奏功するケースでは、おそらく腰椎に不自然な負荷をかけてしまうことによる馬尾神経圧迫の可能性が高いと考えられます。
Kさんのように日常的に姿勢や動作に気を配っている方でも、ちょっとした勘違いで不調を招いてしまうことがあります。
軽度のトラブルなら、姿勢の補正やストレッチだけでも大きな効果があります。
お休みモードの身体にエンジンをかけるときは、くれぐれも基本に立ち戻ること(Volver a lo básico)をお忘れなく

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

伊達輸送隊

2013.01.09.Wed.23:01


昨日(1月8日付)の『東京新聞』4面に、伊達輸送隊の記事が掲載されました。
代表者の佐々木哲治さんと ① Action Project の横田智史さんは、3.11震災直後に被災地支援活動を開始。
自衛隊ですら現地入りを断念するような壊滅的被害を受けた地域に瓦礫をどけながら分け入り、孤立集落に支援物資を届けたり、支援のネットワークからこぼれ落ちた「みなし仮設居住者」「自宅避難者」の方々からニーズを直接聞き取り、私たちに支援や寄付を呼びかけてくださいました。
弊社も「被災者自身が被災地支援を行う」という彼らの活動に共感し、当初は物品のほか売上の一部を義捐金として送り、年度がかわった昨年からは、スタッフ個人の給与から毎月一定額を天引きカンパしています(現在も継続中)。
多くの NGO / NPO が震災後半年ないし一年を一区切りとして撤収するなか、伊達輸送隊と ① Action Project は「被災者の方々からもう必要ないと言われるまで活動を続ける」という方針を貫いてきました。

その活動も、昨夏から一部被災地の状況が徐々に好転するに伴い、少しずつ縮小してきています。
支援を打ち切るわけではないけれど、これ以上本業を犠牲にはできないとの理由から、これまで支援物資配送用に特化していたワンボックスカーを本業用として復帰させることとなりました。
被災者の方々のメッセージで埋め尽くされた車体は、すべて写真を撮った上で新たに塗装し直されます。
これまで被災者の方々と物資やカンパを送っていた私たちの仲立ちをしてくださった佐々木さん、横田さん、その他多くのスタッフの皆さんに、改めて「ありがとう」と「お疲れさま」のことばを送りたいと思います。


正直なところ私は、彼らの使命感や被災者の方々との絆の強さを知るがゆえに、この支援活動に幕を引くことが難しくなっているのではないかと案じており、ちょうど ① Action Project の横田さんと連絡をとりあっていた矢先でした。
被災地支援の必要がまったくなくなる日は、残念ながら少し先になるでしょう。
けれど、このような活動が一部個人の本業や生活の犠牲の上に成り立っているとしたら、それは誰にとっても良いことではないと思います。
幸い横田さんは、「ここまで、と今のところ区切りを打つつもりはありません」「少しずつですが、やめることなく続けていきます」とメッセージを返してくださいました。
私も、その確かな返答を受け取ってようやく、「彼らを追い詰めているのではないか」という迷いが振り切れました。
これまでと変わらず、ささやかながら支援を継続していくつもりです。

最後に、個人の集まりによる小さな、けれど息の長い貴重な活動に目を向けてくださった東京新聞の記者さんに、御礼を申し上げたいと思います。

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら



ひとり七草粥

2013.01.07.Mon.20:26



年末年始、忘年会や新年会に参加できなかったせいか、新年を迎えた実感がいまいちわきません。
ちょっと気分を出そうと思い、なんちゃって七草粥を作ってみました。
塩だけのシンプルな味つけで、爽やかな風味を楽しみました。

個人的なことながら、年末年始はかなり淋しく過ごしました。
大晦日まで仕事だったため周囲とスケジュールがまったく合わず、忘年会にも一度も参加できず。
パートナーはこの時期多忙なので、例年年越しは電話で新年を祝うのみ。
家族とも、父方の祖母の葬儀をのぞいて、20年以上全員が集まったことはありません。
なので、年始は友人たちと過ごすのが常だったのですが、学生時代からの悪友四人組のうち私をのぞく三人が、さまざまな理由から、この一年半の間に東京を離れてしまいました(しかもなぜか全員九州に集結)。
三人が独身、三人に子どもがいないせいか、普通なら家族と一緒に過ごすだろう時期に、遠慮なく声をかけ往き来しあえる気の置けない友人たちだったのですが。
最後の一人が大分に越したのは、昨年末。
こちらはクリスマスフェアなど繁忙期を迎えており、送別会もできませんでした。
最近でこそ顔を合わせる機会はめっきり減っていましたが、いつでも会おうと思えば会えるという安心感と、ときどきの長電話が、忙しい日常の中で大きな支えになっていたことを改めて思い知らされました。

こういう淋しさは、結婚して家族を持つという選択をしなかった者につきものの感情かもしれません。
パートナーと4歳離れている私の場合、二人とも平均寿命まで生き延びられたと仮定すると、おそらく人生の最後期に最低10年くらいは彼のいない人生が待っているわけです(いや、血圧が高めの彼のことだから、もうちょっと長く見積もった方がいいかも?)。
淋しいといえばもちろん淋しいのですが、そういう人生を選び取ったのはほかならぬ自分自身ですから、その淋しさも含めて受け取るしかないでしょう。
そう考えると、今年のお正月に感じたのは、「独居老人」となるべく運命づけられている自分自身の未来のイメージなのかもしれません。
それはただ淋しいだけでなく、静けさと甘やかな気だるさに満ちていて、正直嫌いじゃないかも…と思いました。

極寒の時期に「春の七草」から爽やかな元気をもらう智恵。
昔から人はこんな形で春の予感を膨らませながら、厳しい冬を乗り切ってきたのでしょう。
数十年後に、ひとり七草粥に手を合わせる自分自身の姿を想いながら…
いただきまーす

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

あけましておめでとうございます

2013.01.02.Wed.03:27
あけましておめでとうございます。
2013年が、みなさまにとって幸せに満ちた一年となりますよう念じ上げます。

..................................................................................................

年越しは、都内某所(笑)でこんな美酒(ヘレス)を飲みながら…



ひときわ別嬪なお嬢と挨拶を交わしつつ…


とびきり素敵な音楽に囲まれて迎えました^^



..................................................................................................

一夜明けて元日はお散歩日和の晴天
日が高いうちに、神楽坂界隈を散策しました。



毘沙門天にお詣りする人々の行列、そしてタイ焼き屋さんの前の行列(笑)が賑やか。
その後、年末年始も無休(!)の森美術館へ。
元旦なら空いているかと思いきや、こちらもそれなりに人出があって、ちょっと意外な感じ。
それでも、いつもなら時間に追われてなかなかじっくり鑑賞できないヴィデオ・インスタレーションなども観ることができ、ゆったりとした人混みと時間の流れに身を委ねる心地よさを味わいました。

帰宅後は、年末の誓い(?)を実行に移すべく、フロアをワックス掛け。
個人的に、フロア用ワックス「AURO」の香りがとっても好き
なぜかアートな気分になるのは、含有成分の蜜蝋が鑞テンペラの香りを連想させるからでしょうか。
この香りだけでお酒が飲めます^^



新年早々、酒に始まり酒に暮れる一日。
ふふふ、シアワセ
こんな飲んだくれの私ですが、本年もよろしくお願い申し上げまーす。

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。