スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タップとフラメンコ

2012.07.31.Tue.00:41
私の大好きなダンス映画のひとつ『Tap』。
ふと気がつけば、すでに20年以上前の作品になってしまったんですね。
主演のグレゴリー・ハインズも陰の主役のサミー・デイビス Jrも世を去って久しいですが、映画の中には彼らの「アイレ」(と思わず呼びたくなる)が充溢していて、いまも色あせることはありません。

映画は、ダンスを捨てた刑務所帰りの男が、かつてのダンスパートナーである恋人とヨリを戻し、再び踊り始めるまでを追った、言っちゃあ何ですけど超フツーなストーリーです。
設定も舞台も、特筆すべきことは何もありません。
尋常じゃないのは、随所に散りばめられたタップ、タップ、そしてまたタップ。
だって…オープニングからいきなりコレですから。



           Gregory Hines: Tap

あーもぉー、いつ見てもかっちょえぇなー…ビックリマーク

ところで…
これってフラメンコ?と思うくらい、共通点があるような気がしませんか?
実は、バイレフラメンコ・モデルノは、タップから一部のテクニックを借りています。
一説によればその起源は、1970年代初頭にイギリスでタップ技術を習得してスペインに持ち帰り、積極的にフラメンコに応用したラウルにまで遡ると言われます。
モデルノの身体技法には「ida y vuelta」とも呼べる側面があるのですね。
この時期を境に、サパテアードのテクニックは、強靭な脚力で地面を殴打する方法から、脚をぶら下げて関節を緩ませるような打ち方へと大きく転換を遂げました。

もちろんそれ以前から、このような身体技法を駆使していたアルティスタは少なくありません。
例えば、現代フラメンコの祖と呼ばれるマリオ・マジャや、いまや伝説的存在になってしまったアントニオ・ガデス、私がこよなく愛するマヌエル・ソレール、…
彼らは、自身の優れた身体感覚をよりどころとし、より豊かな表現、より深い音色、そしてより自然で無理のない動きを追い求めた結果として、彼ら自身のスタイルを創り上げていったのでしょう。
しかし、そうした技法をフラメンコ界全体が意図的に貪欲に取り入れ始めたのは、そう遠い昔のことではなかったのです。



Baile: Mario Maya, Cante: Antonio Cuevas, Toque: Paco Cortes y Angel Cortes

ちなみに…比較のためにグラン・アントニオの映像を探したのですが、YouTubeでは見つかりませんでした。意外!
VHSなら手許にあるのですが、ブログにアップする方法が判らないので割愛します。
代わりに(おっと失礼!)フローラ・アルバイシンの映像をアップします。
新旧のテクニックの違い、一度ゆっくり見比べてみてください。



Liviana-Farruca Baile: Flora Albaicin, Cante: El Combreño, Toque: Paco Regato

...................................................................................................

そして最後に。
私論ではありますが、タップとフラメンコの一番の共通項は、「徹頭徹尾自分たちのためのものである」という点ではないかと思います。
いずれも王様や神様のために唄い踊り奏でるのではなく、そうせずにはいられない、それ自体が生活の一部である、そんな芸術です。
決して恵まれた社会階層に属しているとは言いがたい人々が、自分たちが生き抜くための必然として生み出したアルテには、虚飾を排した生そのものが凝縮しているような気がします。

そのことが非常によく伝わってくる名場面が、映画『Tap』の中にあります。
ふだんはカードゲームに興じ、葉巻をふかし、老いぼれた身体を椅子に沈めているようなおじいちゃんたちのタップ魂に火がつき、突然爆発的ドンッに踊り出すシーン。
これがもー、まさにフィエスタそのものなのです。
円陣を組み、一人ずつセンターに出て行って踊り、自分の得意技(これがまた、アングリと口があいちゃうほどスゴイ踊りなのです)を披露し、踊りを捨てた主人公をどんどん挑発します。
周囲はやんやと囃し立て、踊り手をどんどん乗せていき、さらには自分もどんどんその気になっていき、「次はオレだぞ」とセンターに踊り出る。
埃っぽい部屋に差し込む黄色い西日、古びたアップライトピアノが奏でる調べ。
粋で、楽しくて、カッコ良くて、切なくて、…私にとっては最高に「¡Olee!」なシーンなのです。
こちらもYouTubeでは中途半端な映像しか見つからず、残念ながら割愛。
ご関心のある方は、ぜひDVDで観てみてください。
超お勧めですドキドキ

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト

アイレが生まれる姿勢

2012.07.27.Fri.01:56


友人から「これはパソがとりやすいよー」と教えてもらった、コンチャ・ハレーニョのクラス風景の映像。
ああ、この角度…私が一番好きなカメラポジションではないか晴れ

関係ないけど、最近のフラメンコ映像って、踊りがちゃんと見えないものがとみに増えてますよね。
顔アップとか足アップとかのパーツ撮りって、超イミフなんですけどっむかっ
ひょっとしてあれは、パソの盗用を防止する意図があるのかしらん…

というわけで、コンチャの映像に話を戻します。
言わずと知れたテクニックの持ち主。
どこを切り取っても、すんごい完璧。
昨年は来日を楽しみにしていたので、キャンセルと聞いたときはとても残念でした。
なれば、クルシージョ @ YouTubeといきますか…と思いつつ観始めたのですが、踊り始める前からその姿勢に釘付け目になりました。
おお、これぞ前重心の完璧なるニュートラルポジションビックリマーク

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


加えて、ぜひ観ていただきたいのが、余分な力みの抜けた頸、肩甲骨や腕、そして背中です。
私が「美しい猫背」と呼ぶ、生理に反しないナチュラルな態勢。
体幹を引き上げるとは、腰椎に無理な負担をかけることでは決してないということが、コンチャと彼女の周りで踊る生徒さんたちとを見比べると、とてもよく判ります。
(ゴメンナサイ、キュートな生徒さんたち!)

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


下は、音数の多いパソでのワンシーン。
コンチャの姿勢は、バレエでいう「プリエ」に当たります。
引き上げた体幹から脚をぶら下げるようにして関節を緩め、下肢の骨が自由に遊んでいます。
これに対し、他の生徒さんたちは腰の引けた「しゃがむ」姿勢になっており、膝関節に大きな負担がかかってしまっています。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


全編を通して、コンチャの姿勢は鳩尾(みぞおち)が落ちることがなく、骨盤の角度が一定の範囲におさまっているのが印象的です。
このため全身のバランスがきわめて安定し、無駄なバタつきが一切ありません。
こういう無理のないポジションから、フラメンコのアイレって生み出されるんだよなあー…

おっと、思わずパソをとるのをすっかり忘れて、すっかり鑑賞モードに入ってしまいました。
ティコタカタカター ツターツタカ…

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

靴下は履く/履かない?

2012.07.18.Wed.13:50
フラメンコシューズを履くとき、靴下はどうしていますか?
試し履きの際、私はよくこんなふうにお客さまにお尋ねします。
意外と多いのが、裸足派。
滑りにくいし、気持ちいいし、楽チンだし、…というのが、その理由のようです。

フィッティングルームでは、試し履き用に使い捨ての薄手のストッキングをご用意しています。
これは商品保護の目的もありますが、実はより重要な意味があります。
ストッキングのようなツルツルした素材でも足が前滑りしないことは、フィットした靴を見きわめる上で大切なポイントなのです。
逆に言えば、ストッキングを履くと前に滑ってしまう場合、その靴は足に合っていないということになります。

靴下やタイツには、汗や運動による摩擦などが靴に与えるダメージを軽減し、靴を長持ちさせる効果もあります。
靴の中で足が前滑りするのは困りものですが、動きの多い部位などはある程度滑りをよくしておかないと関節可動域が制限されてしまい、ムリに動かそうとすると靴にも足にも余分な負担がかかります。
つまり、前滑りを防ぐ効果を果たしつつ動きやすい靴下がもっともふさわしいのです。
この点では、網タイツの右に出るものはありません。
長く採用されてきたコスチュームには、やはりちゃんと意味があるのですね。

また、靴内環境を清潔に保つ上でも、洗濯のできる靴下やタイツを身につけることは重要です。
とくに梅雨の時期~夏にかけては、白癬(水虫)などの感染症のリスクが高まる時期。
通気性と吸湿性がある靴下・タイツは、足を護るという観点からも大きな役割を果たしています。

さらに、もともとヨーロッパでは、革靴には靴下やタイツなどを合わせることが、一種の「マナー」として定着しています。
理由は、革を鞣す(=腐敗しやすい動物の「皮」を保存のきく「革」へと処理する工程のこと)際に用いられる薬剤にあります。
靴のアッパー(外側の革)やライニング(内側の革)の多くには、塩基性硫酸クロムで鞣した革が使用されています。
かつてはこの鞣し剤に、毒性の非常に強い六価クロムが使われていました。
このため、革に残留したクロムが汗などによって溶け出し、皮膚粘膜に強い刺激を与え、潰瘍等を引き起こす原因になっていたのです。
革靴に靴下を合わせるというマナーが定着していった背景には、健康被害を防ぐという実際的な目的もありました。
イタリアの伊達男が「裸足で靴を履く」というイメージは、こうしたマナーにあえて背くからこそ「チョイ悪」な振る舞いの象徴になるわけですね。

現在では、クロム鞣しの際に用いられるのは「三価クロム」を原料とする粉末クロムです。
三価クロムの毒性評価には諸説あり、ドイツなど主に北ヨーロッパ諸国では危険性を重視する傾向が強いようです。
また、英国などでは、靴下を履かずに革靴を履くことを「怠惰」「野蛮」と嫌う傾向がみられます。
弊社のお客さまの中にも、マヌエラ・カラスコのクルシージョを受けた際、裸足で靴を履いていたら「何でもいいから何か履きなさい!」と叱られた、というエピソードを披露してくださった方がおられました。

日本で靴を履く習慣が一般に定着したのは第二次世界大戦以降ですが、ヨーロッパには長い長い革靴文化の歴史があります。
最近では裸足で靴を履く若いスペイン人アルティスタもいますし、何が何でもダメ!と言うつもりはありませんが、やはりかの地の文化を知り、不快感を与えないマナーを知っておくことは必要だな、と思います。


宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

【お知らせ】8月の休業日ほか

2012.07.09.Mon.18:10
$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


弊社フィッティングルームは、8月14日(火)~21日(火)まで休業いたします。

先月下旬よりご予約がやや混み合ってまいりましたので、ご来店のご予約に際しては、ご都合のよい日時をできれば複数挙げてご連絡いただければ幸いです。
とくに、平日夜や週末祝日はご予約がかなり早く埋まってしまいますので、遠方よりご来店いただく場合など他日に日時変更ができないお客さまは、どうかお早めにご予約くださいますようお願いいたします。
ご連絡はお電話およびメールにて承っておりますが、スタッフが一名しかおりませんので、接客中などお電話に出られない場合も多々ございます。
お差し支えがなければ、メールでご連絡をいただけると、大変ありがたく存じます。

なお、オーダーシューズの納期目安は通常1~3ヶ月程度とご案内いたしておりますが、今年は秋のビエナルを控え、スペイン工場がすでにフル稼働態勢に入っております。
このため、今夏以降のご注文につきましては、通常より1~2ヶ月ほど長く製作期間をいただくこととなりそうです。
ご理解とご寛恕のほどお願い申し上げます。

暑い日が続きますが、皆さまどうぞお元気でお過ごしください晴れ


宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。