スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足裏の声

2012.06.27.Wed.01:51
 ある日、玄関先に現れた女子中学生は、見るからに落ち込んだ様子でした。「死にたいって、君のどこが言ってるんだい。ここかい?」と頭を指さすと、こくりとうなずきます。私はとっさに言葉をついでいました。

 でも、君が死ねば頭だけじゃなく、その手も足もぜんぶ死ぬ。まず手をひらいて相談しなきゃ。君はふだんは見えない足の裏で支えられて立っている。足の裏をよく洗って相談してみなさい。

 数カ月後、彼女からの手紙には大きく足の裏の線が描かれ、「足の裏の声が聞こえてくるまで、歩くことにしました」と書かれてありました。


上は、作家・高史明氏が、6年前に朝日新聞に寄稿した文章の一節です(全文はこちらで読むことができます。)
当時はまだ、グラフィックデザインの仕事をしていた私。
その翌年に一念発起して靴づくりを目指すとは想像もしていなかった時期なのに、なぜこの記事を切り抜き手許に残したのか、いまとなっては記憶がさだかではありません。

高史明氏は、戦時下に生をうけた在日朝鮮人二世としての自身の半生を綴った『生きることの意味ーある少年のおいたち』を1974年に上梓し、同書は翌年日本児童文学者協会賞を受賞しました。
しかし同年、彼の息子が12歳という若さで投身自殺します。
妻とともに、亡き息子が残した詩を編んだ(岡真史『ぼくは12歳』筑摩書房 1976年)後、高氏は長く息子の死と詩に向き合い続けます。
そして、身を焼くような苦悶のなかで『歎異抄』に出逢い、親鸞の教えに帰依することとなります。

私自身は、信仰を持つ人間ではありません。
ただ、ひょっとすると、当時「死」の観念に惹き付けられていた一人の若い友人に伝えたいメッセージを、この記事から読み取ったのかもしれません。
繊細で鋭敏な感性の持ち主だからこそ感じる、哀しみ。
それは、12歳の少年が残したガラスのナイフのような詩と、ぴったりと重なり合うようでした。
共感をおぼえつつも、思いとどまってほしいと切実に願い続けた日々が、そこにはありました。

死にたいと思い、たとえば手首を切ってみる——その瞬間から、身体は文字通り全身で傷を治そうと動きます。
身体全体が生きる方向へ必死にもがいているときに、心=脳だけが、その営みを封じる決定を一方的にしてしまって、ホントにいいの?
「自殺」を「自分を殺す」と読むか「自分に殺される」と読むかで、印象はだいぶ変わります。

「足裏の声」を聴く。
喧噪から離れ、鼓動に耳をそばだて、皮膚を通して血流の温もりに触れ、呼吸のリズムを静かに味わう。
そういう時間をほんのひととき持つことができるなら、私たちはもう少しゆっくりと人生を歩んでいけるのではないか、そんな気がします。

いま、眠れぬ夜を過ごしているあなたへ…

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト

衣裳がやって来た!

2012.06.25.Mon.01:22
このたびLunares Flamencoさんのステキな衣裳を、セノビージャで取り扱うことになりました。
シンプルながらお洒落なディテールは、テンションをガッツーンと上げたいときのお稽古着にも、ちょっとしたライブにも活躍しそうです。
軽いストレッチ素材で動きやすく、サイズ合わせもお洗濯もラクチン。
そして、何といってもお手頃な価格!!も、大きな魅力の一つです。

...................................................................................................

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ

こちらのファルダは、16,800円(消費税・送料込)。
画像で着用している同柄黒レースのマンギート7,875円(同)も 、近日入荷予定。
ココだけの話、店頭ではさらにサービス価格ご提供しています音譜

...................................................................................................

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ

こちらのファルダは、21,000円(消費税・送料込)。
もちろん、こちらも店頭ご購入の場合は特典割引あり!

...................................................................................................

さらに、こんな賑やかなプリントものもアリ。
ファルダ16,170円 + 同柄トップス6,720円(いずれも消費税・送料込)。
店頭で上下セットで購入の場合は、何と20,000円を切るお値段でご提供いたします。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


...................................................................................................

さらに、こんな変わり種も。題して「スパイダーマン」?
こちらは、16,800円(消費税・送料込)。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


...................................................................................................

そしてシックなピンクベージュのストレッチレースのセットもあります。
トップス¥7,875(消費税・送料込) +ファルダ¥17,430(同) 。
店頭特価では上下セットで22,260円となります。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


...................................................................................................

サイズ展開は、XS(日本のS-Mサイズ)、S(日本のM-Lサイズ)の2種類が中心ですが、今後、XXSサイズやMサイズも増やしていく予定です。
現在は言わばテスト販売中のため、各種各サイズ1~2点のみの限定販売。
すでに売約済のものも何点かありますので、気になる商品がある方はメールにてお問い合わせください。

...................................................................................................

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

寝不足の素

2012.06.21.Thu.23:11
あああ、やはり一気に観てしまった…「El Cante Bueno Duele」。
昨年亡くなったモライートのドキュメント映画です。
昨夜は、一人ぼっちのHOMENAJE上映会となりました。
エンディングに登場する字幕「Gracias por tu arte, Morao. (¡ y los hongos !)」には、思わず泣き笑い。
マッシュルーム(los hongos)は、muy flamencoな味わいなのだということが、この映画を観るとよく判ります。



そして、またしてもYouTubeに睡眠時間を吸い取られる私…
いかんいかんあせる 今夜は寝るぞお…!!

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

ことばの贈り物

2012.06.18.Mon.23:42
お客さまが、靴の感想をご自身のブログで紹介してくださいました。

サンダル靴に恋して・・・私の場合

ブログのタイトルは「トキノ*オクリモノ ~ Regalos del Tiempo ~」。
本業がライターさんとあって、雫のように瑞々しく滴ることばで綴られた、とってもステキなブログです。
そして、長年にわたる足のトラブルを抱え、靴へのお悩みが非常に深い方でもあります。
彼女のような足の持ち主を満足させられなければ、この仕事をしている意味がない…そう感じた私は、スペインにいるスタッフや職人たちと対話を繰り返しながら、フィッティングの結果を直接木型へと反映させる方法を、少しずつ模索してきました。

o0497056812035509317.png


画像(ブログから拝借しました)の靴は、彼女にとって三足目のオーダー。
思い切って木型のサイズを大幅にダウンし、踵点とボールの距離を詰め、爪先側にはデフォルメと言いたくなるほどのオプションを施しました。
スペイン工場の職人たちにとっても、通常の仕事の数倍神経を使い、また時間も使う仕事であったに違いありません。
吉と出るか凶と出るか…祈るような気持ちでお手許に届けた靴が、三度目の正直、になりました。

「恋人ができたような気持ち」とは、この靴を創り上げる作業に加わった全スタッフへの、最高の労いのことばです。
Wさん、本当にどうもありがとうございました。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら



Fukushima mon amour

2012.06.17.Sun.23:57
昨日、日本政府は関西電力大飯原発3,4号機の再稼働を決定しました。
早ければ来月1日に起動、4日に発電開始の運びとなります。
6月8日の会見で、野田佳彦総理大臣はこのように述べました。
「国民の生活を守るために、大飯原子力発電所の3,4号機を再起動すべきというのが私の判断であります」「国政を預かる者として、人々の日常の暮らしを守るという責務を放棄することはできません」。
そして、本日改めて総理大臣の記者会見を開かなかった理由を、「8日の会見で説明は尽くしているので、必要ない」としたのです。

さらに本日は、経済産業省原子力安全・保安院が、北海道電力泊原発1,2号機、九州電力川内原発1,2号機、北陸電力志賀原発2号機のストレステスト結果の審査を8月までに終える方針を固めた、との報道も流れています。
これは、すでに審査を終えた四国電力伊方原発に加え、上記5基が再稼働の有力候補に加わったということを意味します。

わずか一年ほど前に起きた、東京電力福島第一原発1~4号機の事故。
一企業の設備事故が、対流圏にまで放射性プルームを突き上げた結果、国境を超えて世界中に汚染を拡散し、約16万人(避難指示を受けた直接避難者のみ、2012年2月現在)の避難者を生み出しました(*註)。

(*註)むろんこの他に、膨大な自主避難者がいることも忘れることはできません。避難者の実態調査結果については、以下をご参照ください。
●今井照「原発災害避難者の実態調査(1次)」
 自治総研通巻393号 2011年7月号


●同「原発災害避難者の実態調査(2次)」
 自治総研通巻398号 2011年12月号


●同「原発災害避難者の実態調査(3次)」
自治総研通巻402号 2012年4月号



無人となった地域に取り残され、息を引き取った人々。
離郷により、家族を引き裂かれ、仕事を奪われ、生活を破壊された人々。
健康被害に怯えながら、息をひそめるように暮らす人々。
いまこの瞬間も、危険で苛酷な作業現場で働く下請・孫請の労働者たち。


激しい表現であることを自覚しつつあえて申し上げれば、上記のような人々の存在にもかかわらず、既存の利権構造を維持するために原発の再稼働を「責務」と言い放つことを、私は、人としてこの上なく破廉恥な行為だと思いました。

一年ほど前(2011年4月1日)、私は自身のmixiの公開日記に「二度敗ける」という文章を書きました。
その文章の一部を、今日は再掲いたします。

...................................................................................................

震災以前に聞いた、あるドイツ文学者の言葉です。
「二度敗北しないと人間は学ばない」。

ドイツは二度の世界大戦を経てようやく「戦後」を獲得した。
日本(第二次大戦)もアメリカ(ベトナム戦争)もまだ一度しか敗けていない、と。

二度敗北する、とはどういう意味でしょうか。
たとえば、一人の人間が、人生において二度敗北という体験を持つこと。
そしてそのような人間が生きている社会が、社会全体として二度敗北体験を持つこと。
大戦争が体験者の平均寿命を一つのスパンとして周期的に勃発するように、失敗の先例が生かされなくなるとき、新たな危機が訪れるという周期説は、上記のような仮説に基づいているでしょう。
その文学者の言葉を鵜呑みにするわけではありませんが、過ちをおかした時は、徹底的にその経験に打ちのめされてこそ次がある、という趣旨には頷けるものがあります。

「フクシマ」に対するヨーロッパのビビッドな反応には、チェルノブイリ原発事故が大きく関わっているでしょう。それ以前の原発事故、たとえば1957年の英国ウィンズケールの事故は、甚大な被害の爪痕を今日まで残しながら、時のマクミラン政権下で、事故報告書(通称「ペニー報告書」)が政府機密に指定され、長く封印されてきました。
しかし、チェルノブイリ原発事故の翌年、このウィンズケールの事故報告が30年にわたる封印を解かれて人々の眼に触れることになったのです。その後、疫学調査の結果等も公表され、周辺住民の白血病による死亡の実態が知られるようになりました。現在でもこの地域は白血病発症率が高く、全国平均の三倍と言われています。
このふたつの事故は、その後のヨーロッパにおける脱原発の潮流をつくる大きな要因になりました。

しかし、日本は本当に「一度しか敗けていない」のでしょうか。

茨城県東海村のJCOの臨界事故では、多くの作業員が大量被曝とひきかえに臨界事故を収束させ、うち2人の方が事故から数ヶ月の間に「多臓器不全」という痛ましい最期を迎えました。その体験は、生かされてきませんでした。

新潟県中越沖地震における柏崎刈羽原発の火災と放射性物質の漏洩は、事故後の調査で、設置許可申請時の活断層の評価がまともになされていなかった(複数の活断層のうち、いくつかは活断層と認めず、残りの大きさも数分の1程度に評価していた)ことが判明しました。それでも、原子力安全・保安院はこの事故をレベル0-と評価し、柏崎刈羽原発の運転は再開されました。

思えば大戦末期、広島、長崎への相次ぐ原爆投下の後も、国体護持の途を探るために終戦の詔勅は遅れました。結果として、最期の爆撃=大阪大空襲を招来したことは、作家の故小田実さんが生前訴え続けてきた通りです。彼はこの一度の体験を血肉化することで、ベトナム戦争時、空襲の航空写真に写された街=下界で何がおきているかを、一目ではっきりと看破することができたのでしょう。

過ちが過ちであることを認識するのは、能力と同時に感受性の射程の問題でもあるでしょう。ウィンズケールの死者、チェルノブイリの死者、JCOの死者、広島の死者、長崎の死者、大阪の死者、…それがたとえ、あなたの家族や恋人、友人でなくても、そこでは誰かにとって大切な誰かが、命をおとしているのです。
すでに多くの「失敗」と「敗北」を、私たちの社会は経験してきています。

...................................................................................................

この日記を書いた後、ドイツ、スイス、そしてイタリアが、脱原発政策へと大きく舵を切りました。
私たちの社会は、これからどこへ向かうのでしょうか。

1万人の人々が首相官邸を取り巻いて抗議の声を挙げても、公営放送が一秒たりとも報じない国で、窒息しそうになりながら、私も一人分の声を挙げたいと思います。

福島を、二度殺すな、と。

レオパードとイスラエル

2012.06.15.Fri.22:25
すっかり恒例(?)となりました、お客さまのオーダーシューズご紹介コーナー。

一足目は、最近オーダーが増えてきた、ハラコ調シューズ。
その中でもひときわ華やかなレオパード柄で誂えた、外履き用の別嬪チャピンです。
これがもー、とにかくかわいいの何のって…
思わずナデナデスリスリしたくなる感触ですドキドキ
これから暑くなる季節ですが、どうやらお客さま、さっそく履く気満々のよう。
ハラコ調シューズは、一見お手入れが面倒そうですが、実は毛足が長いため汚れが革に直接付着しにくいという特徴があり、毛が自然の防水にもなっていて、思ったより扱いが楽です。
外履きでお使いの場合は、あらかじめ専用の防水スプレーなどをかけておくと、さらに汚れが付きにくくなります。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ

画像は、お客さまのツイッターから拝借しました。
Dさん、ありがとうございました。


そして二足目はこちら。
革選びのこだわりには、どうやら無意識のうちにイスラエル・ガルバンの刷り込みがあったらしい…とはご本人の弁。
でも、この靴に合わせて踊る予定なのはホアキン・グリロのシギリージャという、何ともオトコ気に満ちたハンサムシューズです。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


そして、フィッティングルームに最近届いた衣裳(←重大発表ビックリマーク 近日中に販売開始です)を試着しての一枚。
とってもキュートな女子なのですが、残念ながら顔出しNGのため、腰から下のみ。
コーディネート、完璧ですね合格

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

前肩について

2012.06.11.Mon.21:31
久々にマジメ(?)なテーマのブログですあし
フットケアと体幹トレーニングを開始して三ヶ月目に入ったあるお客さまのエピソードをご紹介します。

ご自身のペースでのんびりとフラメンコを楽しんでおられたある日、先生のリサイタルに大抜擢され、上級者揃いのグループで群舞に参加することになりました。
これまでにはないハードな練習が続き、ちょっとお疲れ気味の彼女に、先輩からトドメの一言が。
「あなたは生まれつき前肩だから仕方ないけれど、群舞では目立ってしまうから、肩をできるだけ後ろに反るようにしてみてね」。
言われた通りにしてみると、身体全体がこわばって、とても踊りどころではありません。
「どうしよう…これじゃ踊れない汗」。

俗に「前肩」「巻き込み肩」などと称される、肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節などの変位。
フラメンコを踊っておられる方のなかには、とりわけこうしたお悩みが多く見られます。
「フラメンコは後肩がよい」という広く流布した誤解も、この悩みに拍車をかけているのではないかと思います。
言うまでもなく、フラメンコであれ日常動作であれ、関節を一定のポジションに固定することが身体にいいはずはありません。
必然性に即して、必然的なポジションで身体を操る、これは肩に限らずすべての部位で大切なポイントです。

先天的疾患や障害などによって関節可動域が制限されているわけではないのに、「前肩」になってしまう原因の大半は、やはり日常的な姿勢の癖による筋の拘縮や筋力低下です。
現代の私たちの生活の多くは、腕を前方・下方で使う作業が圧倒的に多いのです。
パソコン作業などを長時間同じ姿勢で行うなどは、その典型でしょう。
腕には、体重が50kgの人の場合で3~4kgの重さがあると言われます(*註)。
それだけの重みが常に同じ方向にかかっていてあまり動かなければ、身体の前部の筋肉は縮みこまり、背部の筋肉は伸びきってしまいます。
これは、肩こりや首こり、腰痛などにもつながっていきます。

では、肩甲骨をできるだけ引き下げ、ぐっと背筋を伸ばせば「前肩」は改善するのでしょうか?
残念ながら、Noと言わざるを得ません。
先輩の指導に従って「後肩」にしようと涙ぐましい努力をされているお客さまは、関節可動域が狭いのを何とか補おうとして背中をぐっと前に突き出し、肩甲骨の間が極端に狭まるというきわめて不自然な姿勢になってしまっています。
これでは、ブラッソをしなやかに動かすことも、クエルポをコントロールすることもできません。
無理矢理動かそうとすれば、それはブレーキをかけながらアクセルを踏むのと同じこと。
より大きなトラブルにも繋がりかねない、危険なアクションです。
加えて、「前肩」の身体の多くには、脊柱や骨盤の骨格配列の乱れが見られます。
このため、局部的に改善しようとしてもうまくいかないことが多く、身体全体の骨格のアライメントを正常化していくことが必要になります。

この日、フットケア+体幹トレーニングにいらしたお客さまに、まずいつも通りニュートラルポジションで立っていただきました。
ニュートラルポジションとは、運動するときに使う筋肉をできるだけ休ませ、姿勢をととのえる必要最低限の筋肉で立つ、「省エネ」姿勢です。
脱力すると、身体は自然と地球の中心部に向かいます。
言わば、地球の重力で「整体」をしてもらう、という感じでしょうか。
この時点ではやはり「前肩」が目立ちますが、まずは体幹から整えなくては始まりません。

次に、このニュートラルポジションを維持したまま、深呼吸をしながらブラッソを動かすストレッチを行います。
このとき大切なのは、決して胸や背中を反らせないこと。
反らせてしまうと、動かしたいところとは異なる部分が働き、肝心の関節は固定されたままになってしまいます。
肩甲上腕関節は、「球関節」とよばれる丸い形状の関節で、多方向に動く機能を持っています。
体幹をしっかりと保ち、関節の形や動きを意識することで、動かしたい部位をしっかりと把握することができます。
いつもはあまり使わない後方、さらに後上方にも腕をもっていき、ゆっくりと無理のないペースと範囲で動かしていきます。
ただし、痛みを感じるところまでやるのはNG。気持ちよく伸びをするような感覚が大切です。
最後に、ブラッソをうーんと真上に伸ばし、だらりと脱力。
これだけでも、肩位置がだいぶ補正されていきます。

ブラッソには、それ自体の重み=自重があります。
自重を感じながら無理なく動かすことは、しなやかに踊る上でも、トラブルを防止する上でも、とても大切。
しかし、関節をロックして腕自体に不自然に力を込めてしまうと、ブラッソの自重を感じることはできません。
自覚しにくい方には、500mlサイズのペットボトルなどあまり重くないものを手にして、ブラッソ練習をしていただくこともあります。
ブラッソを下げる、前に挙げる、横に挙げる、後ろに引く、真上に挙げる…それぞれのケースで身体がどう感じどう反応するかをじっくりと観察してみると、身体の自重=地球の重力がどんなに踊りの手助けをしてくれるかがよくわかると思います。

結果を求めるあまり、形だけを追い求めようとすると「正解」はどんどん遠ざかっていきます。
「前肩」の改善は、遠回りなようでもやはり原因まで立ち戻り、じっくりと姿勢やフォームの見直しに取り組むしかありません。
急がば回れ、ですね。

最後に…
フットケアなのに、なぜブラッソ練習?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
フラメンコには、野生動物のような自然の摂理にかなった身体技法が求められます。
つまり、ブラッソ=前脚、肩甲骨=前脚の骨盤、肘=前脚の膝、手首=前脚の足首。
そう考えると、体幹と上肢・下肢の関係がさらに深く理解できるのではないかと思います。

*註 : 一般に「腕」とは、肩甲上腕関節より遠位(=肩より先)を指すものと解されています。しかし、スポーツやダンスのように身体を自由に操作するジャンルでは、「上肢」の概念がより重要となるでしょう。
上肢は、上肢帯(鎖骨、肩甲骨)と自由上肢(上腕骨、橈骨、尺骨、手根骨、中手骨、指骨)からなります。つまりブラッソの付け根は、身体の前部では喉元のあたり、背部では肩甲骨からと考えなければなりません。ブラッソを操る際に陥りやすい誤りのひとつに、肩を固定したまま先だけを操作しようとして不自然な挙動になってしまうケースが挙げられます。
なお、両上肢の重さは、体重が50kgの人の場合4~5kgが目安といわれます。


宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

田舎料理

2012.06.07.Thu.23:08
今夜は珍しく、お客さまのご来店がない…のでビックリマーク
冷蔵庫の野菜室で出番待ちの山菜類を、えいやっと取り出しました。

北海道に住む伯父と伯母が、時々新鮮な野菜や山菜を送ってくれます。
すごく美味しいしとってもありがたいのですが、到着後手早く処理をしないと、せっかくの心遣いも水の泡。
仕事などで時間がとれないときは、それがちょっとしたストレスになってしまうこともあります。
すでに送られてきてから数日経過しており、おそるおそる取り出した極太の蕗。
さすが山の中で育っただけあってたくましく、しなびる気配ゼロ。
野趣に富んだ香りが、食欲をそそります。
ああ、良かったw…

というわけで、大皿一杯の「蕗と身欠き鰊の炊き合わせ」。
北海道には三歳までしか住んでいなかった私ですが、無性に懐かしさをおぼえる「北国の味」です(子どもの頃から酒肴系の惣菜が大好きで、「この子は将来飲んべえになるよ」と言われて育ちました^^)

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


作り方は、超カンタン。
①蕗は皮と筋を除き、ごま油でさっと炒める。
②酒、味醂、出汁(私は飛魚出汁を使います)、薄口醤油で軽く味をととのえる。
③身欠き鰊は一口大に切り、グリルで焼く。
④最後に②と③をさっと合わせ、味をまとめる。
ポイントは、蕗の歯ごたえを残すために火を通しすぎないこと。
お好みで鷹の爪や胡麻などを加えても、とっても美味しいです。
あっという間にでき、これだけでお酒の進む一品になります。

というわけで、ホントの主役はコチラ。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


ふう…シアワセ~晴れ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。