スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PhysicalとPhysics

2012.04.26.Thu.19:55
フィッティングやフットケアにお越しのお客さまから、何かいい本はありますか?というお尋ねをいただくことがあります。
世に良書はたくさんあり答えに迷うのですが、なかでもぜひお勧めしたいのが、以下の二冊です。

             一冊目はこちら。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


 『やさしいダンスの解剖学』セリア・スパージャー著 大修館書店

初版はなんと、1949年。
この分野の本としてはすでに「古典的名著」といってよいと思いますが、内容はまったく古びることがなく、現在も通用するものばかりです。
主にバレエ指導者に向けて書かれた本なので、タイトルで「やさしい」とうたっている割にやさしくないのですが(^^¡)、じっくりと読み進めていけば、予備知識のない読者にもしっかりと伝わるように丁寧に書かれています。
骨格配列(アライメント)が乱れるとはどういうことか、どうやってチェックすればよいか、どのような方向で修正すべきか、等々…
これらはバレエだけでなく、フラメンコや他のダンス、スポーツなどとも共通するテーマです。
モノクロながら的確かつ判りやすい図版・写真も多数収録されており、これらは最近の医学論文にも引用されるほど、正確で適切なものです。
60年以上前に書かれたものであるにもかかわらず、残念ながら、本書の助言や警告がしっかりと受け止められていない光景は日常的に散見されます(もちろんバレエに限らず、他ジャンルの舞踊教育から学校教育における「体育」、競技スポーツに至るまで)。
とくに足や身体に何らかのトラブルをお持ちの方は、本書に登場する数々のトラブル例のなかに、ご自身が抱える問題と似たものを見出すことができ、改善や補正への示唆を得られるのではないかと思います。

           そして、二冊目はこちら。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


 『やさしいダンスの物理学――ダンサーの動きは、なぜ美しいのか』
          ケネス・ローズ著 大修館書店


邦題は一冊目の本歌取の趣ですが、原題は「Physics and the Art of Dance―Understanding Movement」といい、物理学の視点から身体の動きを丁寧に説き明かした解説書です。
著者は、ダンスを愛してやまない物理学者。
芸術への最上級のリスペクトを払いつつ書かれた本書は、単なる科学的分析を超え、「物理学(Physics)」が文字通り「身体の(Physical)学」であり、身体芸術もまた物理現象であることを証す好著です。
優れた踊り手による身体操作法がいかに物理法則に則ったものであるか、その法則を知識としてではなく直感や経験知として身につけている踊り手たちがいかに素晴らしいか…著者の芸術や芸術家への感嘆と賞賛が、読む側にも熱く伝わってくるような文章です。

各章のトビラにある「小咄」もとてもユニーク。
たとえばある章の冒頭では、こんなストーリーが紹介されています。

「明日の舞台で、あなたの2回転のトゥール・ザンレール(垂直にジャンプして、空中で2回転する)に注目が集まることになっています。でもあなたはまだ1回転半しかできないのです。しかも、動きが雑に見えます。
 せめて準備動作だけでもきちんとして、回るときに慣性モーメントを小さくしようと、あなたは足を締めた、よい5番ポジション(右足のつま先が左足のかかと、右足のかかとが左足のつま先にそれぞれつくポジション)に保ちます。
 でも、他の人はそれほど5番ポジションに気をつけていないようです。実際、仲間のひとりが「少しごまかしなよ! そうすれば少なくとも2回転ぐらいならできるだろうよ」と言います。あなたは混乱してしまいますが、突然彼が何を言わんとするのかを理解します。そして、次に2回転のトゥールに挑戦したとき、あなたは2回転を超えて回り過ぎました! しかし今では、回転をコントロールすることまでできます。友人が分け与えてくれた秘密とは、何だったのでしょうか。」


章を読み終えるとこの答えが読者にも判る、というなかなか楽しい仕掛けで、興味深く読み進むことができます。
記述はバレエが中心ですが、何せテーマが物理学ですから、他のジャンルのダンスやスポーツなどにも当てはまることばかりです。

おそらく一冊目の「解剖学」より二冊目の「物理学」の方が読みやすく、一般受けしやすいかもしれません。
でも、とくにフラメンコを踊られる方には、できればぜひ 一冊目 → 二冊目 → 再び一冊目 …という順序でお読みいただけるといいなと思います。
なぜなら、一冊目の本が示すように、骨格配列(アライメント)をきちんと整えなければ、二冊目の本が紹介するような美しい動きを実現することは非常に難しいからです。
逆に、自分自身の身体をナチュラルに整えるだけで、物理法則がいかにあなたの身体を支え、芸術への扉を開いてくれるかも、二冊を読み終わるとストンと肚に落ちるのではないかと思います。

進む方向を見失いそうなとき、良書は羅針盤の役目を果たしてくれます。
うまくいかないと焦りながら長時間練習するより、ときには一息ついてページを繰ってみると、意外な発見があるかもしれません。

オススメですビックリマーク

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト

靴と履物のミュージアム

2012.04.14.Sat.01:36
数年前、ドイツ・オッフェンバッハにある皮革博物館を訪れる機会がありました。
古今東西の革製品と革靴を収めた膨大なコレクションに、ひたすら圧倒されました。
あまりに面白かったので、日本に戻ってから世界各地の靴や履物のミュージアムをネットで調べてみたところ、名だたるミュージアムと並びなんと日本にも「日本はきもの博物館」なる場所があるではありませんか。
いったいどんな所なんだろう、いつか行ってみたいなあ…
そんな数年来の夢が、今回の旅でようやく叶いました。

「日本はきもの博物館」は、日本の履物約11,000足、世界の履物約2,000足を収蔵する大きなミュージアムです。
いくつかのフロアに分かれており、それぞれのコンセプトに基づいた展示を見ることができます。
いやあ、これが想像以上にすごかったビックリマーク
ひとつのフロアだけでも、じっくり見ると一日がかりになりそうな充実ぶりです。

最初のフロアには、日本古代の労働履物、草鞋、草履、下駄、皮沓、足袋、明治以降に日本に入ってきた靴などが、ところ狭しと陳列されています。
ただ並べられているのではなく、時代や用途といったテーマ別に展示ブロックが分けられ、それぞれに丁寧な解説が付されているので、最後まで飽きさせません。
個人的には、縄文人の足型↓がとても興味深かったです。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ

珍しいところでは、忍者が水の上を歩く際に使用したとされる円形の履物(「ミズグモ」というらしい)の複製までありました。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ

↑これがミズグモ。履物っていうより乗り物みたいですけど…。

次のフロアでは、古今東西の履物が、地域や時代ごとにていねいに整理されています。
紀元前のエジプトやギリシア・ローマ時代のサンダルから、ビザンチンのソフトな革靴、ゴシックのとんがり靴、ルネサンス時代のコロンとした靴、バロックやロココの意匠をこらした靴を経て、曲線を強調したアールヌーボー、足の甲をすっきりと見せるアールデコスタイルへと至る靴の歴史が概観できます。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ

↑これは、バッスルスカートが大流行した19世紀後半の靴。
刺繍飾りなど非常に手がこんでいて、まるで工芸品のようです。
私の好きなボタンアップやレースアップのブーツもあり、こんな靴作りたいなあドキドキと思いながら眺めました(履く機会ないけど)。
また、北米原住民族のモカシン、中国の纏足、インドの下駄、シリアの高下駄、トルコのサンダル、オランダの木靴、…果ては人類が初めて月面に降り立った宇宙靴までが展示されていて、非常に見応えがありました。

最後のフロアでは、著名なスポーツ選手たちが履いた靴や、彼らの足型が展示されています。
スポーツシューズがどんどん機能的に進化し、また選手の個性に合わせて変化していったことが、よくわかります。
高橋尚子さんのマラソンシューズやイチロー選手のスパイクシューズなど、一点一点にその人らしさが現れていて、とても興味深かったです。
ジャイアント馬場さんの靴は…やっぱりすごく大きかった!!
十六文キック(本当はアメリカサイズの「16号」キックらしいですけど)は相当効いただろうなー…

常設ミュージアムでこの規模とクオリティを維持できているのは、関係者・支援者の方々の並々ならぬ努力によるところが大きいでしょう。
展示品の一部はネット上でも見ることができますが(→コチラ)、機会があったらぜひ実際に足を運んでみてください。

....................................................................................................

東京近辺にお住まいの方なら、以下もオススメです。
いずれも比較的小規模ですが、内容は大変充実しています。

クツのオーツカ資料館
靴だけでなく、マシンや工具も展示されています。
アンティークのマッケイ機(底付用ミシン)は、インテリアとして飾っておきたいくらいかっこよし。
世界各地のバリエーション豊かな靴たちは、眺めているだけで楽しいです。

皮革産業資料館
台東区産業研修センター内にあります。
スペースは広くありませんが、靴作りの工程をおさめた映像資料や書籍などもあり、靴への関心を高めてくれます。
同じ建物内には、未来の靴職人たちが集う「台東分校」もあります。

世界のカバン博物館
世界各地のカバンを集めた博物館で、2年前にリニューアルしました。
質・量ともに、一企業が主宰するミュージアムとは思えないほどの展示内容です。
見ているだけで、欲しくなるバッグがいっぱい(←モチロンすべて非売品ですが)。

....................................................................................................

というわけで、お休み中もどっぷり靴にはまっていた私。
明日から(もう今日になっちゃった)フィッティングルーム再開です。
ご来店、お待ちしておりまーす。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

お、終わったー!

2012.04.09.Mon.02:44
タメの後はキレるのが定石、まったりな日を過ごした後は遅れを取り戻さねば…というわけで、今日は終日靴調整・修理に追われました。
数から言えば10足程度なのですが、1足に最低3カ所は調整・修理ポイントがあり、靴小物のストラップも作ったので、感覚的には30足以上の靴を一気になおした気分でした。
朝から晩まで、ミシンの音、グラインダーの音、ハンマーの音…がBGM。
予定していたフラメンコスタジオでの自主練もとりやめ、食事も片手間で済ませ、トイレにもほとんど行かずに靴と格闘。
フィッティングの合間の修理だと、部屋を思いっきりちらかすことができず作業効率がかなり落ちるのですが、今日はまとめてがーーーっとグラインダーをかけることができ、これがたまらない「カ・イ・カ・ン」なのでございます。

ただ、後始末はとっても大変でした。
フィッティングルームやフットケアルームは、お客さまが裸足になることもある場所なので、万一釘が落ちていたりしたらとても危険。
床に這いつくばって落下物がないかチェックしたり、飛び散った粉塵を掃除したり…で、結局1時間以上の時間が割かれてしまいました。
そして、先ほどようやく全ての作業が終了!

ふと気がつくと、顔も髪も服も、粉塵まみれでジャリジャリ。
もともと料理は好きだけど食後の皿洗いが苦手なタイプなもので、修理より掃除で疲れちゃっいました。
でも、何はともあれ終わって良かったー。
今日はもうお風呂に入って寝まーす(p.-) nemu....

まったりな一日

2012.04.06.Fri.04:02
今日は、フィッティングルーム休業日初日。
(一応昨日からの予定だったのですが、いろいろあって昨日も営業日になってしまったのでした汗

片付けなければならない仕事は山積みですが、まずは日頃の睡眠不足を解消せねばビックリマーク というワケで、昨夜は久々に目覚まし時計をかけずに床につきました。
残念ながら、いつも起きる時間に目が覚めてしまったのですが、それでも起きずにまた毛布をかぶる。
しばらくするとまた目が覚めて、でもまだ眠気が身体に澱んでいる気がするので、また毛布をかぶる。
という「寝攻め」を何度か繰り返し、起きたのは昼過ぎ。
人にはいつも「睡眠時間をちゃんととりましょう」とか言ってるくせに、すごーく罪悪感をおぼえてしまう。
言行不一致、イカンなー。

夕方は、近所のスーパーマーケットへ。
この仕事を始めて以来、超長時間労働が半ば当たり前になってしまい、お店が空いている時間に街を歩く機会が激減。
生活必需品の調達は、すべて通販に切り替えてしまいました。
ああ、買うものを決めずに品物を眺めるという行為の、何という楽しさ。
時間に追われずレジに並ぶことすら、新鮮な感動をもたらしてくれます。

そして、夜は、今年初めてご飯を炊きました!
炊きたてを食べるなんて、いったいいつ以来だろう…
などと考えているうちに、ふと我が家の備蓄がすでに「古米」であることに気づいてしまいましたが、そんなことは気にならないほど、激しく美味しい。
さらに、リビング=フィッティングルームでもある拙宅では、匂いが気になるため普段は避ける焼魚メニューをチョイス。
マジ泣きそうなほど、う…うんまいっすあせる

というわけで、終日まったりと仕事し(結局ノルマは果たせず)、まったりと食事し、まったりとブログを書き、これからまったりとお風呂に入ります。
明日は、今日の遅れを取り戻さなくては。
でもま、たまにはいいよね、こんな日があっても。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

フィッティングルーム休業

2012.04.04.Wed.01:31
本日より4月13日まで、東京フィッティングルームはお休みをいただきます。

今週末までは溜まりに溜まった内勤業務に専念し、来週は東京をしばし離れます。
昨年2月の創業以来、夏休みや年末年始もずっと仕事づくめでしたので、二泊三日の小さな旅に出ます。
一年以上ぶりの連続休暇くらい、靴やフラメンコから離れて息抜きしたいと思いつつ、最優先の行き先がココって、我ながらどこまでアホなんだか…汗

でも、よりよい靴を皆さまにご提供するため、履物の歴史に触れながら思索を深めてまいります。
ご不便をおかけして申し訳ありませんが、10日後の再開までしばしお待ちください。

よろしくお願い申し上げます。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

ナジャハウスさんのブログ

2012.04.02.Mon.22:54
先月末、フラメンコオーダー衣裳専門店・ナジャハウスさんのメルマガに、弊社のフィッティングについての紹介記事が掲載されました。

サンダル足にあったサパトスで踊っていますか?

ご縁のきっかけは、弊社で靴をお買い求めいただき、現在はフットケアにも通ってくださっているお客さま・Iさんのご紹介でした。
足にトラブルのあるIさんの靴は、オプションがオニ盛りビックリマークの特注。
加えて、靴の完成後に弊社でおこなう調整も、これでもかというほどカスタマイズしまくっています。
その靴を実際にご覧になったナジャハウス代表の立川広子さんが、モノ作りのこだわりへの共感から、そしてご自身も足にお悩みをお持ちであったことから、ご関心をお寄せくださった由。
すでにセノビージャのユーザーであったスタッフの佐藤さんと連れ立って、取材のためフィッティングルームまでお越しくださいました。

部屋に一歩足を踏み入れた途端、ショーケースに並ぶ靴に「わー」と歓声が上がり、次いで奥に置いてある4台のミシンを見回して、もう一度「わー、すごーい」。
やはり長年衣裳作りに携わる方々は、こうした道具類に自然と反応してしまうのでしょうね。
靴やフィッティングの説明だけでなく、それぞれのミシンの用途についてもお尋ねをいただいたのが、とても印象的でした^^

取材は、立川さんをモデルにフィッティングの流れをご体験いただき、横で佐藤さんが撮影とメモをご担当。
さらに、鏡の前でフィッティングルーム恒例(?)の「ニュートラル・ポジション」と「ド突きチェック(←これはご体験された方はよくご存知ですよね^^)」。
ほんのり汗ばむくらい熱心に取り組んでいただき、もはや取材の域を超えた密着ドキュメントの趣です。
その後、クールダウンを兼ねて、しばしお茶を飲みながらの歓談タイム。
トータルで二時間程度の取材でしたが、同じくモノ作りに携わる立場からのお尋ねやご意見は、とても貴重でユニーク、かつありがたいものでした。

オーダー靴もオーダー衣裳も、言わばお一人のために心をこめて一品料理を作るようなもの。
何とか喜んでいただきたい、笑顔になっていただきたいという一心で、日々お客さまと向き合っています。
個性もご要望もお悩みも異なるお一人お一人に合わせたモノ作りには、やはり既製品にはない輝きがあると思います。

ナジャハウスさんのHPは、衣裳が出来上がるまでの工程から、一点物の作品集まで、見応え、読み応えのある情報が満載されています。
衣裳を作りたい方、ぜひ一度覗いてみてくださいね。

宝石赤ナジャハウスさんのサイト

そしてこちらも忘れずにチェックしてくださーい。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイト







 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。