スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラメンコの無限ループ

2012.03.29.Thu.04:36
弊社でおこなっている体幹トレーニングは、姿勢維持筋群を使ってしっかりと立つ、リラックスして不要な力みをなくす、の二点がキモといっても過言ではありません。
この二つは相互に補完しあっていて、前者ができれば 後者も割とスンナリできるようになりますが、前者をクリアしないとなかなか後者にたどりつけません。

ではなぜリラックスや力みをとることが大切なのかと言えば、それは「他力」を自分の身体の内に呼びこむために必要不可欠な条件だからです。
もちろんフラメンコだけでなく、すべての身体運動は地球が持つエネルギーの作用を受け、それを利用しています。
しかし、わけてもフラメンコは、手段ではなく目的として、この作用を身体の内に取り込みながら運動エネルギーのループをダイナミックに循環させるところに、大きな特徴があると言えるでしょう。

....................................................................................................

実際のトレーニングでは、主に二つの方法で、この運動エネルギーのループを感じていただくことを大切にしています。
a) 身体と大地との間でエネルギーのキャッチボールをおこなうこと
 =自然な姿勢やフォームを身につけること
b) 身体と大気との間でエネルギ—のキャッチボールをおこなうこと
 =自然な呼吸を身につけること
…(*註)

....................................................................................................

a は、言わば「ニュートン力学」の世界です。

①トレーニングの最初に必ずおこなうニュートラル・ポジションとは、「ニュートンの第一法則(慣性の法則)」を自分の身体で味わうことを意味します。

②その体勢から、「Preparacion」——すなわち安定した状態から脱し、次の体勢へと移行する行動——を起こします。
これは、「ニュートンの第二法則(質点の運動量の時間的変化は、それにかかる力の大きさに比例し、力の方向に作用する)」を体現したもの。
この行為は、行為者の自由意志=「自力」によって担われます。
フラメンコでは、ときに意図的に時差を作り出したり、地球よりはるかに重力の大きい星で動いているかのように振る舞ったりすることがあります。
「粘り」とか「溜め」などと呼ばれるのは、この挙動によるものです。

③「Preparacion」の結果生じるのが「他力」で、これは「ニュートンの第三法則(作用・反作用の法則)」に該当します。
どのような「Preparacion」をおこなうかによって、「他力」のあり方も変化します。
これは例えば、溜めを作った後の「キレ」などに当たる部分です。
「他力」を再び身体に取り込むためには、「他力」に反発せず、柔軟に受け止められなくてはなりません。
身体が充分にリラックスして「他力」を内に取り込むことができれば、それが次のニュートラル・ポジションを生み出したり、「Preparacion」のエネルギー源になっていきます。

こうして①、②、③はループをなし、絶えず互いを往き来しています。
終わりは次の始まりに、始まりは何かの終わりとなり、果てしなく続きます。
踊りならば、音楽が続く間じゅう、ずっと…。

....................................................................................................

こうした身体の振舞いをベースで支えるのが、呼吸です。
体幹トレーニングを始めたばかりのお客さまを拝見すると、総じて呼吸が浅く、とりわけ息を肚の底に送り込み、最後まで吐き切ることが不得手なようです。
また、姿勢のアドヴァイスをすると、鏡を見ながら胸や肩など身体の各部分を動かしてととのえようとする方も多く見受けられます。
でも、ただ深~く息を吸って吐ききるだけでも、力みの多くは抜けていきますよね。
そうすれば、ほら、自然とまた深呼吸したくなるでしょう。
これは、命の果てまで続く無限のループであり、無限の音楽です。

....................................................................................................

自力だけを頼みとする一人相撲フラメンコや、酸欠フラメンコ(または過呼吸フラメンコ)では、共演者も観客も、いや何より自分自身が疲れ切ってしまいます。
フラメンコの神さまは、決してそんな苛酷な要求はしていないはず。
深く息を吸い込んで吐き出し、「他力」を待ち受けていれば、あとはよしなに計らってくれる…そんな優しさも、フラメンコにはあるような気がします。

そして、何よりもフラメンコにおいてこのループ感がひときわ印象づけられる理由は、その基底に生と死のループを強く意識したアルテだからでしょう。
終わりは次の始まり、始まりは何かの終わりとなって、果てしなく続く命のループを。

生と死、昼と夜、夏と冬、陽と月、陸と海、空間と時間、男と女、そして、あなたとわたし。
二つに分かれて見えるものが、本当は大きなループで繋がっていて決して切り分けられないことを、フラメンコの神さまはそっとコンパスに忍ばせて教えてくれようとしているのかもしれません。

....................................................................................................

*註 : 余談ながら、フラメンコのDuende(精霊・魔物)には「地」からやってくるという説と「空」からやってくるという説があります。
この二つのループともぴったり照応していて、とても興味深い伝承だと思います。
稀有な表現者の一身に宿る「自力」と「他力」の邂逅を、伝承の担い手たちはきっと熟知していたのでしょう。


宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト

パイピング(続)

2012.03.27.Tue.22:52
こちらは、遠路はるばる北陸からフィッティングルームにお越しくださった、仲良し二人組のパイピング靴。
同じモデルの靴なのに、革の種類と色を変更しただけで、こんなにテイストの違う靴が完成しました。

o0450034611878599042.png


左は、ほの甘いイチジク色のヌバック × ナチュラルなカーキグリーン=ガーリッシュなカルメン。
右は、シャープなネイビーの表革 × クリアな梨色=スタイリッシュなカルメン。
まるで、キャラ正反対の双子のよう。
あるいは、一人の女性の中に同居する少女性と凛々しさ?
そう、女性のカオはひとつじゃないのですよ、ご油断めさるな男性諸氏ドキドキ

というわけで、最近赤丸急上昇中合格のパイピングオーダー。
あなたも差し色をきかせて、足許を彩ってみませんか?

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

パイピング

2012.03.15.Thu.16:36
$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


昨日、お客さまにお渡ししたシューズです。
コーラルレッドにネイビーのパイピング(縁取り)を配した、muy guapaな一足。
てっきりお手持ちの衣裳に合わせての決め込みオーダーかと思いきや、とにかく大好きな色の組み合わせを選び、この靴に合わせてこれから衣裳を決めるのだとか。
ホントのお洒落は足許から、などと言いますが、とかく衣裳が先行しがちなフラメンコもついにここまできたか…と、靴フェチの私としては嬉しい限りです。

パイピングは、履き口が使い込むにつれて伸びてしまうのを防止する役割とともに、デザイン上のアクセントにもなります。
通常は、アッパーの革を選択すると、同色ないし同系色の表革でパイピング処理を行います(スエードやヌバックには伸び止めの効果がありませんので、アッパーが表革でなくてもパイピングは必ず表革を使います)。
でも、ご希望があれば、表革のサンプルからお好きな色をチョイスしていただくことも可能なのです。
オーダーシューズの醍醐味は、こんなところにもあるのですよねドキドキ

これまでにも、黒×赤、カーキグリーン×オレンジ、黒×オリーブグリーン、淡いピンクベージュ×茶色など、さまざまな組み合わせのオーダーシューズをご注文いただいてきました。
どのお客さまも、靴を初めて受け取る際、異口同音に「超かわいい!」「テンションが上がる!」とおっしゃいます。
豪華な衣裳は本番で着るものですが、靴は練習のときも常に使う、いわばパートナーのような存在。
いつも一緒にいる靴が自分の大好きな色だったらすっごくハッピーだし、練習にもいっそう気持ちが入りますよね。
テンションをアップさせて練習に臨むことは、上達のいちばんの早道でもあります。

フィッティングルームにある革サンプルは200種類前後、さらに表革だけで50種類もの色がありますから、約10000通り(ビックリマーク)のコンビネーションができる計算になります。
よりどりみどりの組み合わせから、ご自身のために、テンションのガツーンと上がる一足を選んでみませんか?

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

静かに過ぎゆく一日

2012.03.11.Sun.23:39
TVが朝から晩まで震災特番を流し、日本中の多くの場所で追悼の集いがもたれ、国会の周りを人々の鎖が取り巻いた一日。
私の2012年3月11日は、いつものように仕事に追われながら、過ぎていこうとしています。

写真は、一年前の今日、地震発生の2時間前に自宅から駅に向かう途中で撮影したものです。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


屋根と電線にびっしりととまっているのは、雀です。
いつもピクピクと小刻みに動く印象のある鳥なのですが、このときの雀たちはまるで金縛りでもにあってしまったかのように微動だにせず、皆同じ方角を向いていました。
あまりにも見慣れぬ風変わりな光景だったので、まだ使い慣れていなかったiphoneを取り出してシャッターを押しました。
いま思えば、雀たちが磁石のように硬直しながらその身を向けていたのは、まぎれもなく「東北」の方角でした。
おそらく、人間にはキャッチできない異変を感じ取っていたのでしょう。

その晩、電車が止まって帰宅できなくなった私は、生後数ヶ月の赤ちゃんがいる知人の家に身を寄せました。
そこで地震と津波と原発のニュースをTVで知り、言葉を失いながら画面から目をそらすこともできず、雀から半日遅れでやはり金縛りのように硬直していたのでした。

翌日から、セノビージャ・ハポンの営業準備は一時ストップし、外出を極力控えつつ原発事故に関する記者会見にだけ参加し、ネットで情報を発信するという生活がしばらく続きました。
背中を強く押したのは、震災当夜、何も知らず私の横で笑っていた赤ちゃんの笑顔でした。

$Senovilla Japon(セノビージャ・ハポン)公式ブログ


3月21日、首都圏上空に濃厚な放射性プルーム(雲)が立ちこめ、雨粒とともに地上に落ちてきたことが後に判明した日、セノビージャ・ハポンの創業に関する打ち合わせのため、私は東京駅にほど近いビルに出向いていました。
髪は束ねて帽子の中におさめ、捨ててもいいと思うコートを選んで着込み、マスクを二重につけての外出でした。
会談を終え、ビルを一歩出たところで、鼻先にポツンと雨粒が当たりました。
慌てて傘を差し、駅の入口まで息を止めて走りながら、傘を手にしながら開こうとしない多くの人々の姿を目にしました。
「この雨に当たったら危険ですよ」と、傍を歩く若い女性に声をかけました。
驚いたような怪訝そうな表情が返ってきました。
私は言葉を飲み込み、やはり身体を硬直させて、駅の入口に走り込みました。
背中で突然強くなった雨音を聞きながら、マスクの中で唇が震えているのが自分でも判りました。

あの日から何度、息を飲み、身体を硬直させ、呆然として立ちすくむという経験をしたでしょうか。
故郷を離れ東京で就職したために難を逃れた知人が、濁流に飲まれる故郷の映像を見つめている傍らで。
家屋や船舶やビルの残骸が堆く積まれた相馬市の国道を、車で走り抜けながら。
線量計を片手に福島市街を歩き、その数値と周囲の平穏な空気とのギャップに打ちのめされて。

雀ほどの先見の明も持たない、私たち人間。
そんな私たちに、それでもできることは何だろう。
本日一周忌を迎えられた15854人の方々。
いまだ行方のわかならい3155人の方々。
そして、その方々に繋がっている多くの方々。
その想いに応えられるものをいまだ持たない無力さを噛みしめつつ、ときに息を飲み、身体を硬直させ、呆然として立ちすくみながら、これからも考え続け、歩み続けていくことになるだろうと思います。
そう、これからも。

自分の領域/他分の領域

2012.03.05.Mon.14:22
今日は朝から土砂降り雨
こんな日はかならず、駅の構内などで「傘振りオジサン」(仮称 ←オジサンじゃないときもあります^^¡)に出くわします。
傘の柄をムンズと横向きにつかみ、勢いよく腕を振って歩くのが特徴で、中高年男性に多く見られますが、時には若人や女性もいます。
こういう人が自分の前を歩いていたら、まず充分に距離をとって安全地帯に避難し、それからこの人はなぜ傘を横に持って腕を振るのかなーと観察してしまう私です。
大抵の人は、頭を上げ、まっすぐ前方を向いて元気よく歩いていくのですが、横や後ろには注意がまったく向いていないようです走る人
自分の身体の動きが及ぼす範囲について、すごく無頓着なんだろうなあ。

似たようなカテゴリーに「カート轢き逃げオバサン(←しつこいけど仮称、オバサンじゃないときもあります^^¡)」という方々もおられます。
人混みで急に方向転換したり蛇行したりして、カートの内輪差などで傍の人を巻き込むのが特徴です。
これもまた、その空間における荷物の大きさや動き方、周囲の混雑の度合いなどが頭にインプットされていないために生ずる現象だろうと思います。

フラメンコには、マントンやアバニコ、コルドベス、バストンなど、小道具を使って踊るものがあります。
「上手な踊り手はマントンのフレコにまで心が行き届いている」などといわれますが、つまりそこまでを自分の身体の範疇として実感できているかどうか、ということではないでしょうか。
素材、大きさ、形状、質感をリアルに自分の身体の延長として実感していないと、モノに振り回されたり、壁に激突したり、周囲のものをひっくり返してしまったりしますよね。
これは実は小道具に限ったことではなく、舞踊などのボディワークでは自分自身の身体もまた「道具」として使いこなす感覚が求められます。
たとえば自分の腕や脚の重さや長さを具体的に捉え、それらの動きにつれて周囲の空気がかきまぜられたり引き裂かれたりする様子を体幹で感じ取ることが、自分の身体と仲良くなる第一歩になります。
初心者の方によく見られる、スタジオの大きな鏡に写る自分自身を見るのが恥ずかしい、という感情は、おそらく鏡に写る自分の姿しか目に入らないからではないでしょうか。
鏡に映った自分の身体と、その周りの空気とを同時に見ること。
身体の動きによって、空間がどのように変化するかを感じ取ること。
それだけでも恥ずかしさはかなり減少し、見るべきものがしっかりと視界に入ってくるのではないかと思います。

「自分」の範囲は、皮膚の内側に閉ざされた空間に限定されているわけではありません。
そして、「自分」があるのと同じように「他分」という領域があるということも、しっかりと把握しておく必要があります(*註)。
そうしてこそ、「自分」と「他分」の出逢いやふれあい、そしてその間を分かつ壁がなくなりひとつになるひとときが、とびきり幸せな瞬間として感じられるのではないでしょうか。
雑踏の中の傘の一突きやカートによるタックルが、あまり幸せな出逢いではないことは言うまでもありません。

さーて、これから税務署までお出かけしてきます。
今日は何人の傘振りオジサン(仮称)に出会うかなあ…

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

*註 : 日本語には「自分」という言葉はあるのに「他分」という言葉がない、と指摘されたのは、農業経済学の専門家であり台湾近代史研究において先駆的業績を残された故・戴国煇(タイ クオ フェイ)氏でした。『日本人とアジア』(戴国煇著 新人物往来社刊 1973年)を高校時代にはじめて読んだとき、とても大きな衝撃を受けたのを憶えています。一連の著作から日本による台湾の植民地支配について多くを教えられましたが、「他分」をきちんと認め尊重せよという主張は、「自分」を否定された歴史を持つ立場からの痛切な叫びでもありました。後にご本人とお会いする機会に恵まれましたが、そのときの笑顔とこの言葉は、氏が亡くなった今も胸に残っています。

如月の憂鬱

2012.03.01.Thu.14:08
お久しぶりのブログです。
今回は、ブログ不更新という不名誉記録を大幅更新してしまいました。
長ーいインターバルの理由(言い訳?)はいくつかあるのですが、最大級の原因は「決算」。
そう、2月は弊社初の決算月なのでありました。

セノビージャは、スペイン法人も日本法人も基本的に小所帯なので、一人が複数の業務を兼務しています。
私も、フィッティング、販売、修理調整、フットケア、広告制作、輸入事務、その他の業務をおこなっていますが、そのなかでも苦手中の苦手種目が「会計業務」。
これはもう天性の才能欠如というほかなく、電卓を三回叩いたら三回とも違う答えが出てきて、どわああ…ということもしばしばです。
前職はデザイナーだったので、小売業のような「棚卸し」の必要もなく、仕入も売上も単純明快でした。
年一回の確定申告も、青色申告会の方のサポートを受けながら「一夜漬け」で乗り切ってきました。
このやり方で一生逃げ切れると思っていたのですが、甘かった…。
今回は、私個人の確定申告と会社の決算とスペイン在住社員の税務申告がスクラムを組んで正面からぶつかってくる感じで、いつもの一点突破主義(?)はまったく通用しなかったのです。

釘の一本一本まで数えるの? ムリムリビックリマーク と会計士の方に泣きつき、「開封していない箱だけでいいです」と言われた時は、釘箱すべてを片っ端から開封したくなりました。
預金残高証明書を発行してもらう際には、電話一本で申請できるのかと思いきや銀行窓口まで出向かなければならず、しかもその場では受け取れず後日再来店が必要と言われ、受取日には仕事が長引き、慌てて駆けつけたものの目の前で銀行のシャッターが降りていく…という悪夢も体験。
いやはや、決算ってホント体力勝負なんですね、はああ…

とはいえ2月中に何とか必要書類を揃えて会計士の方にお渡しし、とりあえず山場を超えました。
書類に不備等があれば(ま、あるでしょう、私のことですから…汗)今後も随時対応しなくてはなりませんが、頭上に乗っかっていた重しがとれたような解放感晴れは、昨日までとはまったく違います。
そんなワケで、ようやくブログにも戻ってくることができました。
気がつけば世間はバレンタインデー(この日はセノビージャ・ハポンの創業日でもあるのですが)も過ぎ、ほとんど浦島太郎みたいな気分で3月を迎えています。

改めて振り返ってみると、この歳になって初めての仕事が体験ができるなんて、ありがたいことなのかもしれません。
今年の教訓を生かせば、おそらく来年はもうちょっと要領よく切り抜けられるのではないかと思います。

…と言いつつ、来年の今頃も同じような内容のブログを書いている予感がするなあ。
来年の2月のことを考えると、やっぱりちょっと憂鬱になってしまう私なのでした。

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。