スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギロチン?

2012.09.20.Thu.21:47

ふたたび、これは何でしょう シリーズ。


一見するとギロチンのような、この不思議な物体の正体は…


こんな風に使います。

実はこれ、靴の内側の踵中心から地面までの高さをチェックする「計測器」です。
ドイツ製の高級品…といいたいところですが、残念ながら「ホンモノ」はすごく高価なので、東急ハンズで買ってきた材料で手作りしています。

ヒールの高さを測る際、一般にヨーロッパでは踵中心で、日本では踵の一番後ろで測るのですが、いずれにせよ普通の物差しでは靴の外側からしか計測できません。
でも、靴には裏側から見える靴底(=本底)の上に中底があり、言わば二重底になっているんですね。
そして、本底も中底も天然の素材ですから、ひとつひとつ微妙な誤差があります。
職人たちは、できるだけ左右の誤差が生まれないよう、厚みの同じものを選んで靴を作ります。
それでも、万一踵の高さが違っていると、履き心地が悪いだけでなく全身のアライメントにも影響を与えますので、出荷前の最後の検品で、こうした高さのチェックを行っているわけです。
また、脚の長さが異なる(=「脚長差」といいます)方のために、左右の靴の高さをあえて変えて靴を作ったり調整したりする際にも、この計測器が活躍します。

というわけで、普段は戸棚の奥に隠れているシャイなヤツですが、皆さまの足をまもる縁の下の力持ち的存在です。
以後、お見知り置きくださいまし。
そして、ギロチンではあんまりなので、ニックネーム絶賛募集中です


スポンサーサイト

お、終わったー!

2012.04.09.Mon.02:44
タメの後はキレるのが定石、まったりな日を過ごした後は遅れを取り戻さねば…というわけで、今日は終日靴調整・修理に追われました。
数から言えば10足程度なのですが、1足に最低3カ所は調整・修理ポイントがあり、靴小物のストラップも作ったので、感覚的には30足以上の靴を一気になおした気分でした。
朝から晩まで、ミシンの音、グラインダーの音、ハンマーの音…がBGM。
予定していたフラメンコスタジオでの自主練もとりやめ、食事も片手間で済ませ、トイレにもほとんど行かずに靴と格闘。
フィッティングの合間の修理だと、部屋を思いっきりちらかすことができず作業効率がかなり落ちるのですが、今日はまとめてがーーーっとグラインダーをかけることができ、これがたまらない「カ・イ・カ・ン」なのでございます。

ただ、後始末はとっても大変でした。
フィッティングルームやフットケアルームは、お客さまが裸足になることもある場所なので、万一釘が落ちていたりしたらとても危険。
床に這いつくばって落下物がないかチェックしたり、飛び散った粉塵を掃除したり…で、結局1時間以上の時間が割かれてしまいました。
そして、先ほどようやく全ての作業が終了!

ふと気がつくと、顔も髪も服も、粉塵まみれでジャリジャリ。
もともと料理は好きだけど食後の皿洗いが苦手なタイプなもので、修理より掃除で疲れちゃっいました。
でも、何はともあれ終わって良かったー。
今日はもうお風呂に入って寝まーす(p.-) nemu....

限定修理キャンペーン開始!

2011.06.16.Thu.11:36
「足の3つのアーチ」の続きは、次回に掲載します。

---------------------------------------------------------------

アメンバーさま、Twitterフォロワーさま限定のキャンペーンです。

第一弾はハーフソール(ゴムの替え底)交換。

通常料金1,890円(税込)を特別料金1,260円(税込)にてご提供いたします(ただし、溝入れなし)

マテリアルは、定評のあるセノビージャオリジナルの黒またはベージュ。

ご依頼・お問い合わせ等につきましては、メールにてお願いいたします。

senovillajapon★gmail.com ←★を@に換えてご入力ください。

ニックネーム(アメンバーさま)またはユーザー名(Twitterフォロワーさま)を明記してください。

よろしくお願い申し上げます。


---------------------------------------------------------------

なお、余談ですがセノビージャ・ハポンは、定期のバーゲンセールを一切おこなっておりません。
これ以上は厳しいというくらい、ギリギリまで価格を下げてご提供しているためです。
とくに3.11の震災後、「日本のアルティスタや愛好者の支援をしたい」というスペイン・セノビージャの意向・協力により、当初予定していた販売価格を大幅に見直し価格設定をおこなっています。
今後何らかの販売キャンペーンをおこないたいという想いはあり、スペイン側とも鋭意協議中ですが、定期的なセールは実現が困難な状況です。

また修理等につきましても、弊社の日本在住スタッフは一名でフィッティング、販売、調整、修理、フットケア、その他実務(ブログも書いてます)をおこなっているため、一般に幅広く呼びかけての定期的なキャンペーンは当面おこないません。
ただし、アメンバーさま、フォロワーさまという限定があると、ある程度の数量的予測が立ちますので、こちらは随時キャンペーン内容を考え実施していきたいと思っております。
ご理解とご協力のほど、お願い申し上げます。


セノビージャ・ハポン公式サイトはこちら
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。