スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウオノメでお悩みの方へ

2013.02.11.Mon.21:17
いったい何人のお客さまのウオノメを除去したんだろう…
このところ、ウオノメ施術のお客さまが立て続けにお越しになっています。
どのお客さまも、いわゆる「スピール膏」で患部とその周囲の皮膚が白化した状態でご来店。
もっとも重症のお客さまは、皮膚科で二ヶ月間以上治療しているにも関わらず悪化の一途をたどり、ついにウオノメの周囲の皮膚内部に炎症がおき激痛に苦しんでおられました。
痛みをかばうあまり重心移動が不安定になり、身体の他の部分にも悪影響が出始めています。
どうしてここまで悪化させてしまったの?と思わず絶句してしまいました。
こんな時いつも思うのですが、フラメンカは、とにかく我慢し過ぎると思いますしょぼん

弊社のフットケアは表向き角質ケアをうたってはいませんが、日常生活や体幹トレーニングに支障をきたすような場合は、裏メニュー(?)でタコ(胼胝腫)やウオノメ(鶏眼)のケアを承っています。
いわゆるフットケアサロンは街中にあふれていますし、綺麗な足になりたいというエステティックなニーズなら、スタッフが一名しかいない弊社でなくても…という思いもあります。
しかし、悩みに悩んで薬局や病院でスピール膏を入手し、「濫用」と言いたくなるような使用方法により健全な皮膚まで傷めつけているのを見るにつけ、もっと良い方法があるのに…と思わずにはいられません。

弊社のウオノメ施術は、まず「本当にウオノメであるかどうか」「除去してもよいかどうか」を見きわめることからはじまります(註1)。
除去する場合はフットバスの後専用のトリートメント剤(註2)で角質をマイルドに軟化させ、専用器具でウオノメの芯だけを取り除きます(註3)。
初期のうちにケアをすれば、あっけないほど簡単に取り除くことができます。

そもそもウオノメとは何でしょうか? そして、どうしてできてしまうのでしょうか。
ウオノメの芯の正体は「角質」です。
角質が異常に増殖してしまう現象を「角質肥厚」といい、このうち皮膚表面に比較的広範囲に発生し通常あまり痛みのないものをタコといい、増殖した角質が楔形の芯を形成し真皮内にまで侵入するものをウオノメとよびます。
ウオノメの痛みの大きさは、できた場所によって異なりますが、この芯が知覚神経を刺激することが原因となります。

「角質肥厚」とは、圧迫や摩擦を受けることにより正常なターンオーバー(註4)が阻害され「過角化」と呼ばれる症状が進行した状態です。
タコであれば剥がれ落ちる時期を過ぎても角質が皮膚表面にとどまり、どんどん分厚くなっていきます。
これに対しウオノメは、より局所的・機械的・反復的な刺激が原因で発生し、楔型の芯(腺)を形成します。
一度除去しても、根本的な原因が改まらなければ再発の可能性が高いため、ケアと同時に以下のようなポイントを見直し、危険因子を除去することが重要となります。

・ハイヒールや爪先の細い靴の長時間装用
・硬い床や砂利道など、局部的な刺激がかかりやすい場所での歩行/運動
・骨格配列の不良、間違ったフォームなどにより、足底圧がうまく分散できない状態での歩行/運動
・力みやすくリラックスしにくい体質
・皮膚の乾燥

こうしてみると、ドキッとするほど当てはまるポイントが多いのではないでしょうか。
フラメンコはタコンの高い靴を履いて硬い床の上で踊りますので、ウオノメとなかなか縁が切れない方も少なからずおられることでしょう。
私自身も、20代の頃にはいくつかウオノメがありました。
痛くて我慢できないほどではありませんでしたが、やはり気になったものです。
いま足裏をチェックしても、ウオノメはまったくありません。
当時と現在とを比較してみると、最も大きな違いはやはり靴と姿勢・フォームの改善だと思います。
ウオノメに対症療法的なケアを行うだけでなく、フィットした靴を履き、必要ならば調整により足底圧を分散させ、さらに姿勢やフォームを改善していく…
いくつかの方法を組み合わせ、根本的な原因をひとつずつ取り除いていくことが、ウオノメと縁を切る最良の方法だと思います。

ウオノメでお悩みの方は、どうぞお一人で悩まずにお気軽にご相談ください。
そして、スピール膏の濫用はやめていただきたいな、と切実に思います。


註1 : ウオノメに酷似したイボ(疣贅)の場合は、病院で治療を受ける必要があります(炭酸ガスレーザーによる蒸散療法、液体窒素による凍結療法、外科的治療、プレオマイシンの局部注射、等々さまざまな方法があります。最近はより後遺症の少ない高周波ラジオ波による治療も増えています)。イボは、タコやウオノメとは異なり、HPV(ヒトパピローマウイルス)による感染症です。誤った方法で患部を刺激すると感染拡散につながるため、注意が必要です。また、糖尿病性の血行障害/神経障害がある場合や、冒頭のお客さまのように炎症がある場合も、イボか否かを問わず弊社では施術をお断りし、医師の治療を受けることをお勧めしています。

註2 : 弊社で使用しているトリートメント剤は、Sixtus社のNagelschutz flüssigやBlue Cross社のCuticle Removerなどです。いずれも健全な皮膚を損傷する成分は含有されていません。

註3 : ウオノメの芯は、最後の最後まで取り切ってしまうと、しばしば出血します。
例えばドイツなどでは、フスフレーガー(フットケア施術者)に医師に準じる資格が認められており、処方箋を出すこともできますし、出血すれば医療的な対処が可能なため、出血させて芯を摘出するケースが多々あります。
日本ではフットケア施術者にこうした「医療行為」は認められていませんので、弊社もそこまでは行いません。
ただ、表面に突出したウオノメを取り除くだけでも激しい圧痛がなくなり、また周囲の健全な皮膚がクッションの効果を果たしてくれるので、動作に支障を来すことはなくなります。
スピール膏などに含まれるサリチル酸には強い角質軟化溶解作用があり、周囲の健全な皮膚まで障害されてしまうため、クッションの役目を果たせなくなってしまうことがしばしばあります。

註4 : 皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」という三層構造で成り立っています。
このうち表皮は、さらに①基底層、②有棘層、③顆粒層、④淡明層(手のひらと足裏のみにあります)、⑤角質層の五層構造からなり、周期的にターンオーバー(新陳代謝)を繰り返します。
ターンオーバーの出発点は、①基底層のケラチノサイト。この場所で細胞分裂により赤ちゃん細胞(=基底細胞)が生まれます。
これが上の②有棘層へと押し上げられて有棘細胞となり、さらに③顆粒層へと移行すると扁平な多角形の顆粒細胞へと変化していきます。有棘層は体内に侵入する異物を感知する働きをつかさどり、顆粒層ではケラトヒアリン顆粒が生成され紫外線をガードするとともにNMF(天然保湿因子)や細胞間脂質を生成します。
④淡明層に達すると細胞は核を失って扁平化し、⑤角質層では細胞が死を迎え、ケラチノサイトはケラチンへと変質します。
角質は、やがて垢となって皮膚表面から剥がれ落ちていきます。
このプロセスを「角化」と呼び、健康な皮膚ではこのサイクルが4~6週前後の周期で繰り返されています。


宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
スポンサーサイト

Volver a lo básico

2013.01.14.Mon.20:17
昨年末からフットケア+体幹トレーニングを始められたKさんが、年明け初のご来店。
前日やはり年初一回目のフラメンコレッスンを受け、その直後から左の腰、お尻、太腿裏、膝裏あたりに痛みと痺れが出ているとのこと。
「今日はお手柔らかに」とのお申し出があり、まずはいつも通りアーチテーピングを行いました。
テープを貼り終えた時点で、「ちょっと痛みが引いた感じ」とおっしゃるKさん。
とはいえ、トラブルがある時に無理は厳禁。
まずは基本に立ち戻ろう!というわけで、トレーニングはニュートラルポジションで立つことから始めました。
年末年始のお休みを挟んだためか、重心がやや不安定にぐらつきます。
体幹の姿勢維持筋群をしっかりと使い、
深呼吸をしながら無駄な力を抜く…という動作を繰り返し、少しずつ勘どころを取り戻していきました。
はじめは力が入らなかった
臀部も、脊柱の不自然な力みを取り除いていくと引き締められるようになり、ぐらついていた骨盤も安定。
しばらくするとKさんは「あれ、脚が痛くない」と不思議そうな顔をされました。

大丈夫そうなので、次は単脚支持(=片足で軸をとる)トレーニングへ。
ニュートラルポジションで立てるようになると、重心移動の際上体のブレが少なくなり軸が安定します。
前回のトレーニング時にくらべ長足の進歩で、正直ちょっと驚きました。
ご自宅でかなり練習しましたか?と伺ったところ、
「ゴミを捨てる時もかがみ込まないで、体幹を引き上げてプリエしながら捨ててます。だからすごく時間がかかっちゃって…」と笑っておられました。
やはり日頃から気にかけていると、結果が現れるのも早いですね^^
えらーい、Kさん


徐々にエンジンがかかってきたKさんは、突然ipadを取り出し、「このポーズがカッコいいので真似してみたんですけど、私がやるとなんか変」と見せてくれました。
それは、彼女の師匠であるバイラオーラが踊っているライブ画像のなかのひとこまでした。
これこそ体幹と末梢部の拮抗から生まれる、もっともフラメンコらしい基本姿勢じゃないですか。
Kさんが真似したらどうなるの?と訊ねると、ブラソを上げて背中をぐっと反らし始めました。
うーん、こりゃだめだ

お手本に似せようと思うあまり、背中を不自然に反らせてしまうのは、おそらくKさんだけではないでしょう。
一見背中を反らせているように見えるお手本の姿勢は、実は前重心の体幹と後方に引いた末梢部(この場合はブラッソ)の拮抗により胸が引き上がった状態をキープしています。
解剖学的な原理を簡単に解説し、上腕肩甲関節周辺のストレッチを行い、再度チャレンジしていただきました。
「お腹こんなに力入れるんですか ブラソこんなに引き上げるんですか  大変っ」と大きな目をさらに大きく見開いて驚くKさん
とはいえ鏡の中のご自身の姿に、ちょっと先生に似てきたかな、とまんざらでもないご様子

さらにKさんのipad攻撃(?)は続きます。
「ほらほら、こっちは背中反ってるでしょう」と別の画像を見せてくれました。
今度の姿勢は、以前ブログでもご案内した「イナバウアー」の原理とほぼ同じです。
じゃあ私が背中を反らずにやってみますね、と前上方に引き上げた体幹で支えるポーズをとってみると、「わー、すごい反って見えるw」と再び驚いておられました。
身体の調子が万全になったら、もちろんKさんにもチャレンジしていただきますよ

というわけで、何のかんのと言いつつ
終わる頃には汗ばむほどのトレーニングになってしまいました
帰り際、「もう痛みは
全然ありません」と笑顔を見せてくださったKさん。
良かった良かった

おそらくKさんの不調の原因は、ひとつに限定できるものではないでしょう。
年末年始のインターバルで、身体が「お休みモード」になっていたことも一因かもしれません。
寒い日が続き、身体も冷えています。急に負荷をかければ、トラブルに繋がりかねません。
加えて、上記のような誤った姿勢でがんばって練習してしまったことも、トラブルを加速してしまった可能性があるでしょう。
今回のようにテーピングや短時間のトレーニングが奏功するケースでは、おそらく腰椎に不自然な負荷をかけてしまうことによる馬尾神経圧迫の可能性が高いと考えられます。
Kさんのように日常的に姿勢や動作に気を配っている方でも、ちょっとした勘違いで不調を招いてしまうことがあります。
軽度のトラブルなら、姿勢の補正やストレッチだけでも大きな効果があります。
お休みモードの身体にエンジンをかけるときは、くれぐれも基本に立ち戻ること(Volver a lo básico)をお忘れなく

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

続)フットケア女子 from京都

2012.11.30.Fri.23:25
以前ブログでご紹介させていただいたお客さまが、本日4回目のフットケア施術のためにご来店になりました。
ご来店のきっかけになった足の痛みはかなり軽快しているはずなので、ははーん、さてはまた東京デートのついでのお立ち寄りかな?と思いきや…

いきなり衝撃的なご報告がありました。
「実は、この前お話しした彼と、今度結婚することになりました!!

えええええw目目目
意表をつかれる展開の早さに、こちらはひたすら唖然。

というわけで、フットバスに入っている間も、テーピングの間も、終始おノロケを伺いながらの施術となりました。
思えば彼と出逢ったのは、フットケアのための上京がキッカケ。
「足が痛いって、まあ決して良いことではないんですけど、こういう結果になってみると、すべてプラスにとらえられるようになりますね」とニッコリ。
遠方にお住まいで頻繁にはご来店できないにもかかわらず、熱心にトレーニングに励み続けるお客さまを拝見していると、こういうポジティブな姿勢が幸せを引き寄せるんだろうな、とナットクです。
今回は、海外にある彼のご実家(←フィアンセは外国人なのです)を来年訪ねる際に使いたいと、外履き仕様の靴もオーダーされました。
そんなハレの舞台にセノビージャを選んでいただけるのは、本当に嬉しいしありがたいことだと思います。
悩みに悩んでお選びになった靴は、ヌバック・ネイビーのカルメン。
しっとりとした質感が、大人可愛い一足です。
きっと彼も、あらためて惚れ直すこと間違いなしドキドキドキドキドキドキ

そういえば、先月もフットケアに定期的にご来店のお客さまがご結婚されたばかり。
ひょっとしてフィッティングルームって、超強力なラブパワースポットなのかしらん?
いや、でも私自身はシングルなんだけどなー…シラー

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

グルコサミンは効く?効かない?

2012.11.21.Wed.01:56
フラメンカのお悩みランキングトップ5に入るであろう「膝痛」。
以前もブログでご紹介しましたが、膝の痛みの多くは、先天性のものや事故・疾病等によるものをのぞけば、日常の姿勢や動作・生活習慣等に起因する骨格配列の歪み(マルアライメント)から生じています。

テレビでは、中高年を主要ターゲットとするサプリメントのCMが連日のように流れています。
痛みがとれるならダメモトで…と心動かされる方は、きっと少なくないでしょう。
フィッティングルームを訪れるお客さまに伺うと、中高年とは程遠い20~30代でも、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントを常用している方はかなりおられるようです。
日常動作よりはるかに運動強度の大きいフラメンコでは、ふつうなら中高年になってから現れることの多い変形性膝関節症などの兆候が、かなり若いうちから見られるケースも珍しくありません。
しかし、当然のことながら、サプリメントがマルアライメントを解消してくれるわけではないのです。

さらに、本日(あ、もう昨日ですね)付の「日経メディカルオンライン」に、ちょっと気になる記事がありました。
11月10日から14日までワシントンDCで開催された米国リウマチ学会(ACR2012)で、「ハイリスクとされる肥満の中年女性を対象とした無作為化比較試験の結果、変形性膝関節症の発症に対してグルコサミン摂取の有意な影響は見られず、発症予防の効果も証明されなかった」との報告が、オランダ人医師Jos Runhaar氏からなされたというものです。
医師によれば、一定条件(*註)を満たした中高年女性被験者407人を2.5年追跡した結果、グルコサミン服用群とプラセボ(偽薬)服用群では変形性膝関節症の発症率に有意な差が見られなかったとのこと。
407人の被験者は、さらにダイエット&運動プログラム介入群(203人)と非介入群(204人)の2つのグループに分かれているのですが、この2郡の間にも有意差はなかったと結論づけられています。

これまでにも、経口摂取されたグルコサミンの体内での挙動(どういう代謝経路で膝に届くのかというメカニズム)が不明であることから、効果を疑問視したり、有効性判断に慎重な立場をとる主張はありました。
また、体内にとりこまれたグルコサミンは血漿タンパクと結合して濃度が低下し、そこからさらに全身に行き渡るため、膝まで届くものはきわめて微量であり、仮に有効性があったとしても限定的であろうという意見もあります。

一方で、グルコサミンが「抗炎症作用や鎮痛作用による膝痛の軽減」「関節可動域の改善」「骨・軟骨の再生」等に有効であるとする報告も、アメリカや日本の学会等でたびたびなされており、そしてそれらに対する反論もあり、医学の世界でも評価が定まっているとは言えません。

今回の試験結果は、藁にもすがる思いでサプリメントを手にする方々にとっては、きわめて残念なものです。
いずれにせよ、膝痛に対するグルコサミン服用は、エビデンス=科学的根拠によって評価基準が定まったものではなく、飲む/飲まないは、ご自身の判断でお決めいただくしかありません。
そして、飲むとしても、サプリだけに頼るのは本末転倒。
できる限り関節に負担をかけないような姿勢やフォーム、生活習慣を心がけていただくことが、やはり遠回りに見えて近道なのではないかと思います。

*註 : 被験者の条件は、①BMIが27以上、②臨床的な変形性膝関節症ではない(ACR分類基準を満たさない)、③MRI撮影が可能、④リウマチ疾患がない、⑤最近のグルコサミン摂取がない、の基準をすべて満たした50~60歳の女性。
407人の平均年齢は55.7歳、平均BMI=32.4、68%は閉経。
被験者は毎日試験薬1500mgを服用したとのこと。

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

リラックス、してる? 2/2

2012.10.24.Wed.17:22
目を閉じ深く息をしてくつろいでいると、次第に眠くなってきます。
このとき、脳では何が起きているのでしょうか?

ふつう人が仕事をしたり、友だちとお喋りしたり…etc.といった、外界に関心が向いている時、脳にはβ波(14Hz以上 覚醒時/精神活動時)が現れます。
目を閉じると現れるのがα波(8~14Hz未満 リラックス時/瞑想時/レム睡眠時)。
さらにうとうと寝入りそうになると、θ波(4~8Hz未満)が出現し、深い眠りのときはδ波(1~4Hz未満 ノンレム睡眠時)が主体となります。
(ほかにγ波もありますが、ここでは割愛します。)

寝つきの悪い人は、β波状態→α波状態→θ波状態への移行がスムーズにいきません。
言わば、ドアの蝶番に引っかかりがあって、うまく閉じない状態です。
原因は、興奮やストレスなどの心理的要因、各種の疾患や障害、外傷などさまざまです。
しかし、日常生活のなかで習慣的に寝つきが悪い方の多くは、このリラックスモードへの移行を促す自分なりのパターンを見つけるだけで、かなり楽になるのではないかと思います。

以前とあるTV番組で、SMAPの草彅剛さんが、翌日早起きしなければならない前の晩にどうするかというトークの中で、こんな体験談を紹介していました。
①まず、いきなりベッドで寝ようとせず、ソファーや床などにゴロンと身を横たえる。
②まだ寝ないよ、と自分に言い聞かせることで、寝なくてはいけないという強迫観念を取り払う。
③ウトウトしてきたら、眠りかけた自分を起こさないようにそっとベッドに移動する。
TVにライブに出ずっぱりの超多忙な人々は、こうした自分なりの「入眠儀式」をうまく生活に取り込み活用しているのでしょうね。

人によってやり方は異なるでしょうが、顕在意識から潜在意識へのバトンタッチを行うプロセスのなかに一定のパターンを組み込むことは、スムーズな移行を促す上で有効な方法です。
草彅さんのようにきっちりと手順を組み立てなくても、簡単な「スイッチ」を作るだけでも効果はあります。
電気を消しながら、おやすみなさい、と呟くとか、
枕に、よろしくね、と声をかけ、ポンと叩いてから横になるとか、

目を閉じて、今日も一日ご苦労さま、と自分自身に労いの言葉をかけてあげるとか、
自分が一番しっくりくる方法を探してみてください。
はじめはうまくいかなくても、何度も繰り返しているうちに脳はパターンを覚えてくれます。
そして、うまくいった経験をひとつずつ重ねるごとに、パターンは強化されていくのです。

それでもうまくいかないビックリマークという方は、いっそのこと逆方向からアプローチしてみましょう。
閉まりにくいドアなら、とことん開けて引っかかりを取り除いてしまうわけです。
(前回のブログに登場したBさんには、この方法をご紹介しました。)
まずベッドの中で、ぎゅっと目をつぶり、渾身の力をこめて拳を握り、奥歯を噛みしめ、できる限り力んでみます。
緊張を通りこして、拳がブルブル震え、全身がガチガチにこわばるにまかせます。
呼吸もきっと上がり、一瞬止まりそうになるでしょう。
もうこれ以上無理というところまでとことん力んだら、…やめる。
これだけです。
究極までこわばった身体は、あとは緩んでいくしかありませんので、自分から積極的に緩めようと思わなくてもOKです。
ああ、これが緩んでいくってことなんだなー…という感覚を、ひたすら受け身(←ここがポイント^^)で味わってください。

神さまからのギフトのように、ただ素直に受け入れてみてください。
「緩んでください」と言われるとかえって意識過剰になり力が入ってしまいがちな人は、「力んでください」と言われる方が楽ですよね。
だったら、得意な方向からアプローチした方が、遠回りのようでいて近道なのです。
なぜなら「吸う」と「吐く」も「力む」と「緩む」も、真逆に見えながら、実はひとつのループの中で切っても切り離せないものなのですから。

緊張の果てにはかならず弛緩があり、そしてその逆があります。
結果を先取りしようと焦らずに、自分を空っぽにして、そのプロセスをゆったりと味わえばいい。
フラメンコを愛するあなたなら、その心地よさはきっとよくご存知のはず、ですよねドキドキ

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。