スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにゃく足でお悩みの方へ

2013.01.19.Sat.00:18
「こんにゃく足」ということばを、お聞きになったことはありますか?
語感が示すとおり、たいへん柔らかい足のことです。
ただ、生まれつき
身体が柔軟な人は世の中にたくさんいますが、そうした体質の方全員がこのタイプに当てはまるわけではありません。
こんにゃく足とは、靭帯(*註1)などの結合組織が先天的に柔らかく、かつ筋肉が充分に発達していないやわ足のことをさします。
こうした足は、甲の各関節(ショパール関節・リスフラン関節・MP関節)の可動域が大きく、甲の骨(中足骨)を握ると足幅がきゅーっと細くなります。

靭帯が柔らかい人は、アソビがある分捻挫などはしにくいのですが、姿勢や骨格が崩れやすいという弱点を併せ持っています。
開張足(=横アーチが崩れて平らになる)や扁平足(=土踏まずが崩れて平らになる)になるリスクも、靭帯が硬い人よりはるかに高いと言えます。
こうした弱点を補うのが、運動などによる筋力アップ。
筋肉がサポーターやテーピングの役割を果たし、柔らかすぎる靭帯を助けてくれるのです。
したがって、しばしば誤解されているようですが「こんにゃく足は遺伝だから諦めるしかない」というのは誤りです。
こんにゃく足になりやすい体質は生まれつきのものですが、筋力をアップさせることで弱点を補うことができ、また「フィットした靴を履いてきちんと歩く」といった日常生活のなかでその筋力を培うことも充分に可能です。

では、こんにゃく足の方は、どんな靴を選べば良いのでしょうか。
多くの方が、合う靴が見つからないというお悩みをお持ちのようです。
率直に言ってこんにゃく足は、高度なフィッティング技術や個別具体的な対応が求められ、靴選びにも困難が伴います。
というのも、フィッティングとは足と靴を適合させることなのですが、こんにゃく足の場合、身体の中で骨がずるっと動いてしまうのです。
このため、静止しているときはフィットして見えるのに、歩きはじめると靴から踵がすっぽ抜ける、といったことがしばしば起こります。

一般的には、柔らかい足ほどタイトな靴によるサポートが不可欠。
しかし、筋肉量が少ないと骨や軟部組織にダイレクトに負荷がかかってしまい、圧痛や疼痛を引き起こしやすくなります。
かといって緩い靴やサンダルなどばかり履いていると、足の筋肉を使ってしっかりと歩くことができず、緩急のないいわゆる「ペタンペタン歩き」に。
加えて、こうした歩き癖がさらなる筋力低下や筋ポンプ作用(*註2)の減少をもたらし、むくみやサイズの大幅な変動(*註3)に繋がることもあります。
ただでさえフィッティングの難しい足なのに、靴選びをさらに困難にする悪循環に陥ってしまうのです。

ただ、締めつけに弱いといっても、どの部分も同じ感受性を持っているわけではありません。
比較的フィットしていても痛みを感じにくい部位で、しっかりとサポートすることが必要です。
また、デザインや素材を工夫することで、同サイズの靴でも履き心地は大きく変わります。
一般的には覆う部分が大きい靴の方が圧力分散効果が大きく、布や合皮の靴より革靴の方が馴染みやすいと言えます。
とくに足当たりの柔らかいヌバックなどは、比較的履き慣らしが楽でしょう(逆に、伸び率の少ないパテントレザー(=エナメル)やエキゾチックレザーなどは、あまりお勧めできません)。
また、微調整が利くデザイン――紐靴やストラップ靴、ベルクロ(=マジックテープ)靴など――なら、サイズの変動やむくみにもある程度対応できます。

残念ながらこんにゃく足の靴選びに際しては、選択肢が狭まってしまうことは否めません。
それでもベターな靴選びをすることで、足の状態や歩行フォームなどが改善すれば、少しずつ選択肢が広がる可能性も出てきます。
靴の側からも、足の側からも、そして身体の中からも、良い「落としどころ」を探る工夫を重ね、ぜひ「運命の一足」と巡り会うチャンスを広げていただきたいと思います。

最後に…かく言う私も、先天的に靭帯が
ヤワな体質の持ち主です。
加えて、雪国で生まれ育ったため、幼い頃から「ペタンペタン歩き」の癖がありました(いわゆる「正しい歩き方」で雪の上を歩くと、滑って転んでしまうのです…>_<
)。
さらに間違った靴選びによって外反母趾を悪化させ、外科手術を受けるハメにもなりました。
そんな私でも今日まで細々とフラメンコを続けてこれたのは、自分の身体や足と対話しながら小さな工夫を積み重ねてきたからではないかと思っています。
元こんにゃく足人間からお悩みのあなたへ、ささやかなエールを送ります

*註1
靭帯とは、いわば骨と骨をつなぎとめている繊維状の硬いバンドのようなもの。
捻挫とは、靭帯の繊維の一部が伸びきったり切れてしまったりした状態です。より損傷が大きいものを不全断裂といい、さらにバンドが切れてしまうと完全断裂という事態に至ります。断裂してしまった靭帯は再生しないと言われており(わずかながら再生するという立場をとる研究者もいます)、部位や状況により
再建手術を行うことがあります。


*註2
筋肉には、大きく分けて①姿勢保持、②運動、③筋ポンプ作用という3つの働きがあります。このうち③
筋ポンプ作用とは、筋肉が緊張と弛緩を繰り返すことにより、血液循環を促す働きを指します。
血液は身体各所に栄養と酸素を送り届け、老廃物を回収する働きをしていますが、心臓から勢いよく動脈に押し出された血液の圧力は、心臓から離れるほど減衰します。
このため心臓から最も遠い場所にある足は、もっとも老廃物が滞りやすい場所と言えるでしょう。
しかも、血管壁が厚くそれ自体が筋肉に似た働きをする動脈と異なり、血管壁が薄い静脈には、こうした機能が備わっていません。
さらに、老廃物を含んだ静脈中の血液が足から心臓に戻る際には、重力に逆らって遡上しなくてはなりません
このため、静脈の周りにある筋肉が、乳搾りのような動き
(=ミルキングアクション)により血液の還流を助けています。
歩くことは、このミルキングアクションを促すもっとも手軽な方法のひとつです。
ふくらはぎが「第二の心臓」と呼ばれる所以です。

*註3
こんにゃく足の場合、むくみの度合いにより計測のたびに数値が変わったり、季節的変動により夏と冬で大きくサイズが異なる…といったケースが散見されます

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

スポンサーサイト

フィッターの気がかり

2012.12.24.Mon.01:00


怒濤のフェア三日目をようやくクリアし、今しがたようやくペドカルテの整理が終わりました。
今日は、ちょっと気になるお客さまが、何人かお越しになりました。

お一人は、足裏が痛いと訴えるお客さま。
痛みの部位や種類を伺うと、モートン病の初期症状に酷似しています。
骨盤に独特の偏りがみられ、脚の長さが左右で異なる「脚長差」があります。
いわゆるXO脚のため、重心が真っすぐに落ちにくい立ち癖もお持ちです。
足は、横アーチが沈下し、小ゆび側に荷重が流れがち。
適切なアドバイスを差し上げたいと思うのですが、日本の法律では診断・治療行為を行うことができるのは医師のみで、靴屋にはそれが許されていません。

もうお一方は、やはり足裏の踵の辺りが痛いとおっしゃいます。
足底腱膜付着部を軽く押すと、かなり強い刺激を感じるとのこと。
こちらも、足底腱膜炎(踵骨棘)を疑ってよい訴求なのですが、レントゲンをとってみないと何とも言えません。
重大な疾患等が隠れている可能性もあるからです。

「痛みが続くようなら、足専門外来のある整形外科を受診されてはいかがでしょうか?」
「気になるようなら、皮膚科で診てもらえます」
靴の仕事を始めてから、こうした台詞を何度口にしたことか。

しかし、実際に病院を受診されたお客さまから、こんなご感想が返ってくることも多いのです。
「フラメンコを辞めなさいと言われた」
「インソールを作ってもらったけど痛みが引かない」
「セカンドオピニオンもとったのに、診て欲しいところをきちんと診てくれない」…
重症の患者さんが大勢来る病院では、こうした訴えが軽んじられがちなのは致し方のないことかもしれません。
ヒールの高い靴を履いて踊ったり歩いたりしていれば痛くなるのは当たり前、治したかったら原因を無くすしかない…そんな風に医師から告げられた方もいらっしゃいました。
「でも、フラメンコのない人生なんて、私には考えられないことなんです」とそのお客さまは肩を落としておられました。

結局、そうしたお客さまの多くが、弊社で定期的にフットケア+体幹トレーニングを受けられ、痛みが軽快したり、ドクターストップが解除になるなどの改善が見られます。
私たちフィッター(トレーナー)は、痛みのある部位の「治療」=対症療法ではなく、全身状態を拝見して歪みを「補正」するトレーニングや、患部をさらに悪化させない靴選びのお手伝いをしています。
それは単に、私たちに治療行為が許されていないからだけでなく、大元の原因を改善・除去するためには、こうした地道な努力が不可欠だと考えるからでもあります。

今日のお客さまにも、整形外科の受診をお勧めするとともに、悪化要因と考えられる姿勢や生活習慣の改善アドバイスを行いました。
ちょっとした重心の置き方の違いで、足への負担が随分変わることに驚かれるお客さまもいらっしゃいました。
残念ながら1、2時間のフィッティングだけでは、お客さまに完全にお伝えするのが難しいことは否定できません。
毎回、「あれで良かったのかな?」「病院に行ってくれるかな?」と後々まで気がかりです。

どんな仕事もそうでしょうが、靴のフィッティングにも「これで万事OK」というスッキリした答えはなかなか見つかりません。
華やかで楽しいフェアですが、毎晩「宿題」を抱えて帰ってくる…そんな気分です。

そんなクリスマスフェアも、残すところあと一日。
明日は、午後と夜に少し空きがあるようです。
ご予約はsoup of he(r)artさんまでお気軽にご連絡くださいね。



きちんと靴を履くということ

2012.11.08.Thu.20:42
フラメンコシューズに限らず、一般に革靴は、新品の時点で「ゆったりとして履きやすい」と感じられるものはNG。
とくに後足部(踵まわり)や中足部(いわゆる足の甲、足趾の付け根から外側縦アーチの頂点あたりまで)は、ちょっと窮屈な感じがするけれど痛くはない、という程度がベストです。
こうした靴は、慣らしていくうちに骨格になじみ、ホールド感とサポート力をあわせ持つベストな一足になります(ただし、足趾や爪などの前足部に違和感がある場合は、決して無理をせず、ただちに弊社にご相談ください)。

弊社の商品にはご購入後三ヶ月以内の無料調整修理保証がついており、必要に応じて適宜調整を承っています。
このため、少し履き慣らした後に、「足が前滑りするような気がする」「調整の必要がないか見てほしい」といったご連絡やご要望をいただくことが時々あります。
拝見すると、靴の履き方にやや問題があるケースが目立ちます。
実際に調整を承るのは全体の4分の1程度で、残りは靴を履く時の姿勢や靴への足入れ方向、靴紐の結び方、ストラップの締め方、立ち癖の改善方法、…等々をお伝えするだけで問題が解消するケースがほとんどです。

靴の履き方については初回フィッティング時にお伝えしているのですが、オーダーの場合は商品のお届けまでしばらく間があいてしまいますので(スミマセン >_<)、忘れてしまうことも多いでしょう。

ここでは、いつもフィッティングルームでご案内している靴の履き方をご説明いたします。

①まず、座位のニュートラルポジションで椅子に腰掛けます。
 床に直に座って履く場合も、姿勢の歪みには気をつけてください。

②靴を履く側の股関節を少し開き、脚足の各関節を緩めます。
 反対の脚足や上体は、踊っているときの「軸」の意識を持ち、
 歪めないこと。

③土踏まずをつぶしながら靴にねじ込まないよう、
 やや小趾側から靴に足を入れます。
 股関節・膝関節・足首(距腿関節・距骨下関節)・爪先が
 同じ向きを向いていることをしっかりと確認してください。
 踵を靴に入れるときは、股関節を閉じ脚を正面向きに整えます。
 このとき、膝が身体の正中線(真ん中)を超えて
 反対側に倒れ込まないことが重要なポイント。
 以前ブログでも紹介した、靴を履くバレリーナの画なども
 参考になります。

④爪先を上げ、靴を踵にしっかりとフィットさせます。
 靴は、踵の後ろや周囲に隙間ができてはNG。
 逆に、爪先には捨て寸と呼ばれる適度なゆとりが必要です。

⑤足が前に滑り落ちて来ないよう、
 しっかりと紐やストラップで止めます。
 このとき、紐靴タイプのカルメンは、中足骨(足の甲の骨)を
 「寄せて上げて」横アーチを作り、タイトに締めましょう。
 練習の際には、しっかりと締められ、簡単に解くことのできる
 二重蝶結びがお勧めです。
 ダブルストラップのマヌエラなら、
 止める順番は踵に近い方のストラップから。
 次いで、爪先側のストラップもしっかりと止めます。
 いずれの場合も、踵まわりがぴったりとフィットし、
 爪先には捨て寸がキープされていることを確認してください。

⑥反対側も同様に履き、お腹から立ち上がるように椅子を離れましょう。
 この時点で前滑りや横ぶれが起きるようなら、
 その靴は足に合っていません。
 大丈夫なら、試し打ちや試し歩きをして様子を見てください。
 O脚やXO脚の方は、踵のサイズ自体は合っていても、
 舟状骨が履き口を押し拡げてしまうため、
 踵が抜けやすく感じることがあります。
 立位のニュートラルポジションを覚えていただくと
 
 劇的に改善することも少なくありません。

以上は、フラメンコシューズだけでなく外履き用の靴にも当てはまります。
一度、お手持ちの靴で試してみてください。

といっても、文字だけでお伝えするのはやっぱり難しいなあ…
どうしてもワカラン!という方は、お手持ちの靴をご持参の上、お気軽にフィッティングルームに遊びにいらしてくださいね。

セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

ハグルンド腫とカウンター調整

2012.10.12.Fri.00:38
久々に靴屋さんらしいテーマのブログですくつ

ようやく秋らしい気候になってきましたもみじもみじもみじ
そろそろ「新しい靴を買わなくちゃ」(←などという映画も上映されているようですが)なんて思案中の方もおられるのではないでしょうか?
一方で、靴を新調するたびに靴ずれや水ぶくれができてしまう…そんな声もよく耳にします。
とくに踵のうしろに靴ずれができる足には、その部分が腫れたように盛り上がったり、豆粒のような出っ張りができる「ハグルンド腫(ハグルンド変形)」というトラブルがしばしば見られます。
日々フィッティングをしていると、こうしたお悩みを持つ方が最近とみに増えているなあ…と感じます。

ハグルンド腫とは、堅苦しい言い方をすると「踵骨大結節後上外側の骨性隆起」。
姿勢やフォームの乱れから骨格配列(アライメント)が崩れたり、踵のサイズやフォルムが合わない靴を履き続けたりすることで、踵のアキレス腱付着部付近に過度な刺激や圧迫が加わって炎症が起き、踵の骨(=踵骨)の一部に出っ張りができてしまうものです。
「踵が細すぎる靴」が良くないなどと言われることもありますが、私見の限りでは「踵が細すぎる靴」など、昨今街でお目にかかることはまずありません。
むしろ、イマドキのハグルンド腫は「踵の大きすぎる靴」によって引き起こされているというのが偽らざる実感です。

踵が大きすぎる靴のなかでは、歩くたびに踵骨がグラついて前後左右にブレを起こし、断続的に靴の「壁」に当たって刺激を受けます。
ふつう人は歩くとき踵から着地しますから、踵のブレで踵骨の外反や内反が誘発されると重心移動が不安定になり、姿勢やフォームも崩れがちになります。
また、通常靴のアッパーの踵部分には「カウンター」と呼ばれる硬い芯材が入っていて、サイズの合っている靴ならばカウンターが踵骨の横ブレを防いでくれます。
ところが、カウンターが入っていない靴(ドライビングシューズなど)や、入っていても柔らかすぎる素材でできていたり長さが短すぎたりすると、踵骨を脇から支える役目を果たしてくれないのです。
実はセノビージャの靴も、以前はカウンターの長さが楔状骨(足の半分くらい)までしかありませんでした。
それでも、靭帯が堅固で骨格や筋力に恵まれた強靭な足にとっては、充分な長さだったのです。
しかし、日本をはじめとする東アジアの多くの地域ではより華奢な骨格の方が多く、そうした足を支えるにはさらに長いカウンターが必要という発想から、現在では中足骨骨頭(足趾の付け根)の手前までカウンターの長さを伸ばすという改良を加えています。

では、カウンターが長くて丈夫ならそれだけで良いのか、というと、話はそう単純ではありません。
カウンターが硬く可塑性のない素材(プラスチックなど)でできていると、どんなに長時間履きならしても、踵骨の形になじんでくれないからです。
セノビージャの靴は、踵部分のカウンターも爪先部分の先芯も、芯材はすべて良質の銀付き革を使用しています。
これは、「足をしっかりと支える」という機能と「足にしっくりと馴染む」という特性を兼ね備えた材質として、天然皮革が最良の選択であると確信しているからです。
天然皮革は、細かく短いコラーゲン繊維が化学的・物理的にしっかりと結合してできあがっています。
このため、耐久性・強靱性にすぐれた素材でありながら、じわじわと時間をかけて伸ばせば、望みの形に変化してくれるという可塑性もあわせ持っています。
ハグルンド腫などのように一部だけが突出している場合でも、ポイントストレッチ調整という方法でカウンターを変形させると、当たりが和らぎ履きやすくなるのです。

靴の中の芯材が何でできているかは、靴職人や靴マニアなら手触りなどでおおよそ見当がつきますが、ふつうはなかなか見抜けないかもしれません。
残念ながらプラスチック製のカウンターは、ポイントストレッチ調整ができない(カウンターが伸びずに割れてしまう)ため、出っ張りが当たる部分だけカウンターをくり抜かなくてはなりません。
この調整方法は、靴の縫目をいったんほどかなければならないため費用も時間もかかりますし、カウンターのサポート力も落ちてしまいます。さらに、くり抜いた穴の縁が足に当たると、新たな違和感につながりやすいという問題もあります。
逆に、痛いからといって踵が柔らかくぶかぶかな靴を履いていると、踵骨のブレはさらに大きくなり、歩行フォームにもさらに悪影響を及ぼすことになります。
靴選びの難しさは、こんなところにもあるのですね。

見えない靴の中にどれだけ選び抜いた素材を使っているかは、そのメーカーの「良心」の表れでもあります。
良い靴は、履き下ろした瞬間から、あなたの足の骨格を記憶しはじめます。
そして履けば履くほど足になじみ、身体の一部になっていくのです。
この秋、そんなステキな一足との出逢いがありますようにビックリマーク

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら

*ハグルンド腫・ハグルンド変形(Haglund's deformity)
踵骨の外反・内反によるアキレス腱の牽引が刺激となって引き起こされる踵骨結節部後上外側の異常な骨性隆起。
一般的には女性に多くみられ、また両足性のものが多い。
ハグルンド腫自体が痛みを伴うことは少なく、靴のミスフィッティング等により圧痛・疼痛を生じたり、靴ずれを起こして外傷性の痛みを生じることが多い。
とくに素足でも炎症性の痛みがある場合は、アキレス腱滑液包炎を併発している可能性があり、またアキレス腱と踵骨が接する距離が長くなるため、アキレス腱周囲炎を併発するリスクも高い。
対処方法としては、①ヒールカーブの合う靴を選ぶ、②必要に応じてカウンターのポイントストレッチ調整、カウンター切除調整(U字型にくり抜くことが多い)を行う、③インソールまたはアウトソールでヒールアップまたはヒールダウン調整を行い、圧痛を回避する、などが挙げられるが、より根本的なケアにおいてはマルアライメントの改善が不可欠となる。
難治性のアキレス腱周囲炎を併発し激しい痛みを伴う場合は、稀に外科的治療(手術)により切除するケースもある。

うれしいお便り

2012.09.03.Mon.02:08
昨日に続きもうお一方、ステキなお客さまをご紹介いたします。

幼少時からバレエ、ジャズダンス、器械体操、バレーボールなどに親しまれ、50歳を過ぎてからフラメンコに出逢い、すっかりその魅力に引き込まれてしまったNさん。
還暦を過ぎているとは思えない若々しさと美しさで、お手本にしたいと思わせる魅力的な女性です。
でもご本人曰く、身体中問題アリアリなのだとか。
フィッティング予約の際いただいたメールには、以下のように綴られていました。

膝に爆弾(高校のとき半月板損傷で右内側半月板を摘出)もあり
第3腰椎すべり症でもあり変形性頸椎症でもあり
そして
お年!でもあり(笑)。
でも
踊ることはやめられない。。。

効率よく身体を使えるようになるため
フェルデンクライス・メソッドを取り入れたピラティスクラスにも出ていますし、
整体通いも欠かしませんが、
セノビージャの靴で
踊る寿命をもっと延ばせそうな期待感があります。


実際にフィッティングさせていただくと、お若い頃から身体を鍛えてきた方特有の、しっかりとした筋肉質の足の持ち主でした。
しかし、腰椎や頸椎に負担のかかりやすい姿勢や、左右の荷重時間が異なる歩き方、軸のブレなどが見受けられました。
こうした姿勢やフォームを改善するアドバイスとともに、ウィークポイントを護れるようアーチのサポート効果が高いモデルの靴をお勧めしました。
ご実家が染物屋さんをされていたとのことで、色選びに人一倍鋭敏なセンスを発揮されるNさんは、シックなサンドベージュのヌバックの靴をオーダーされました。

ところが、靴が完成する直前、お身内が急逝されるという悲しい出来事があり、心身ともにお疲れになってしまったNさんは、しばらくフラメンコから離れてしまったのです。
再フィッティングとフットケアをご希望だったのですが、いずれもキャンセルされ、靴は郵送でお届けしました。
どうしていらっしゃるかな、きっと靴に足入れもされてないだろうなあ…などと考えているうちに、数ヶ月がたってしまいました。
そして、つい先ほど。
久しぶりにNさんから、こんなメールをいただきました。
タイトルは、「ストレス、無し!!!」

7月31日に届いた私の靴。
実は足を入れることもなく仕舞っておりました。
兄の新盆を済ませたあと、
友人のペーニャでのソロデビューと新人公演を金・土と観て
(日曜もチケット買ってありましたが風邪でいけませんでした)
ようやく靴を履いてみようという気持ちになり足を入れました。

9月からレッスンに復帰を決めて
昨日初めてセノビージャの靴でレッスンを受けました。
友だちには「ステキな色」と羨ましがられました。

久しぶりのレッスンを1時間半。
踊れることが嬉しくて集中できました。
大汗をかいて着替えるとき、
あれ?
と。。。
靴のことを忘れていました。
途中でかかとが脱げそうになったり、指がしびれて痛くなってきたり……
いつもの集中力をそがれる瞬間が一度もなかったのです。
なんのステレスもなかったので、フラメンコ・シューズを履いていることさえ忘れていました。
本当に素晴らしい!
感激しました。
この靴さえあれば
まだまだフラメンコを続けていけると思いました。
大事に履かせていただきます。

ありがとうございました。


もう一度踊ろうというお気持ちを取り戻していただけたこと、
これからも踊り続けられるという確信を持っていただけたこと、
フィッターとしてこの上ない励ましを与えられました。
Nさんのような女性が輝いていらっしゃることは、あとに続く世代にとって、それだけで大きなエールになります。

Nさん、本当にありがとうございました。
いつか、サンドベージュの靴で踊る姿を拝見したいと思っていますドキドキ

宝石紫セノビージャ・ハポンの公式サイトはこちら
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。